『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆富裕層貿易ビジネス『エキスポ』。


◆富裕層貿易ビジネス『エキスポ』。




http://directlink.jp/tracking/af/237165/h020e8s0-LuayjoVc/





・富裕層貿易ビジネスはいわゆる「越境EC」です。



・越境ECとは、日本人が海外で暮らす外国人に向けた「輸出型のネットショップ」を展開し、

商品を輸出するビジネスのことを言います。



・外国人も、自宅にいながらネットショッピングで日本製品を気軽に買っているのです。



・爆買いという言葉が流行していますが、買い物用のスーツケースの中身がパンパンになるまで、

高級ブランド品や電化製品を買い漁っていきます。



・わざわざ日本に来るお金持ちもいますが、

大半の富裕層は日本に欲しいものがあればネットでポチッとお買い物をします。



・彼らが特に求めているのは希少性の高いアンティーク商品ですが、

実は日本にゴロゴロとお宝が転がっています。











◆落合莞爾『南北朝こそ日本の機密』を読み解く







◆落合莞爾『南北朝こそ日本の機密』を読み解く




※要旨


・吉園周蔵の書き残した国事活動をつぶさに調べていくと、
大正から昭和初期にかけて日本陸軍を支配した上原元帥と、
その周辺・外郭の行動が浮かび上がる。


・そこで私が掴んだのは、上原勇作が帝国陸軍だけでなく、
ある強大な政治勢力の棟梁になっていたことだ。


・それが私のいう「薩摩ワンワールド」で、幕末の薩英戦争の結果、
地政学でいう海洋勢力の元締めたる「在英ワンワールド勢力」の
日本支部となった薩摩藩下級武士の秘密結社のことだ。


・朝彦親王の背景を辿れば、
勢い室町時代の伏見宮創立にまで遡ります。
そこにあらわれてきたのは、
実に驚くべき極秘の史実です。


・紀伊半島の南部には金剛山地、吉野、熊野、高野山と、
古来より山岳信仰の聖地が存在し、
密教と密接に結びついていて独自の山伏ネットワークを
構築してきた。


・自由行動が取れる山伏は、
広い地域に情報を伝達する能力と人脈を有していた。


・また紀州南部の沿岸は、
熊野水軍といわれる海洋民が勢力を張る海上交通の要地で、
貨幣経済が浸透する中で、非農業民を支配下に置いた熊野水軍が、
この地域の社会的実力を持つようになっていた。


・朝廷忍者としての大江山衆がいた。


・丹波地方では室町時代以来、「大江山霊媒衆」と人が呼ぶ、
修験者風の一団が、秘かに皇室御用を勤めてきたといわれる。
光格王朝以後、大江山衆は朝廷忍者として各方面で活発に活動してきた。


・この数十年来、「さる筋」から断片的に伝えられた史的事実を組合させることで、
日本史の真実を洞察した私は、
明治維新が偶然の積み重ねで実現したものではなく、
根底に確固とした政治的計画が存在したことを確信し、
これを「堀川政略」と命名しました。



※コメント
歴史とは不思議なものだ。
何が正しく、何がそうではないか、調べてもわからないときがある。
記録が正しくないときもある。
それが歴史なのかもしれない。


★落合莞爾『南北朝こそ日本の機密』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/1KNHxuB







◆正史・明治維新、日本史上最高の機密
(落合莞爾、分析情報あり)



http://directlink.jp/tracking/af/693532/kQQ7nD2r-P9vYca2q/


・日本人が知らない吉田松陰の極秘任務


・ベルギー王室と日本皇室の不思議な関係


・正史・明治維新-中山忠能が書いた奇兵隊天皇の正体


・ロスチャイルドが坂本龍馬を操った「裏の明治維新」







◆落合莞爾『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』を読み解く




◆落合莞爾『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』を読み解く


※要旨


・堀川政略に沿って実行された極秘史実の
主なものは下記の通り。


1.楠木正成を祖とする和田楠木氏が継いだ摂津池田氏が、
西国将軍として雄藩と連携し、徳川家康が開いた江戸幕府を
支えて幕藩体制を確立したこと。


2.摂津池田氏が徳川家に入り、水戸徳川家となること。


3.摂津池田氏から出た淀屋辰五郎が、
米の先物市場を創設したこと。


4.伏見殿の直臣が豪商三井家になり、大名藤堂家となったこと。


5.幕府勘定奉行・小栗忠順が岩倉官軍に斬殺されたと装い、
フィラデルフィアに秘密亡命して三井物産の海外部門を創ったこと。


6.小栗忠順が三井家に入れた三野村利助に
三井銀行を創設させたこと。


7.渋沢栄一に第一銀行を創設させたこと。


8.益田孝に三井物産を経営させたこと。



・安政の大獄は井伊と水戸の打った大芝居である。


・大内氏の傭兵となったのが村上海賊である。


・薩長同盟に至る過程を具体的にいえば、
薩英戦争によって地政学的な世界海洋勢力(在英ワンワールド)の存在を知り、
その戦略に触れて世界の大勢を知った小松帯刀が、
大久保、西郷および吉井友実を用いて薩摩藩下士たちを組織し、
在英ワンワールドの薩摩支部を秘密結社として立ち上げた。


・薩摩ワンワールドの本質は、
薩摩兵児たちの「集合的無意識」から成る政治結社で、
たしかに秘密結社の一種だ。


・渋沢栄一によれば、徳川慶喜の胸中は真に明確だ。
慶喜は、大政奉還のずっと前から、
自分の手で江戸幕府を終わらせて大政を朝廷に奉還し、
天下の人材を集めた公議制の新政体にすべきである、
と考えていたのだ。


・維新の裏方となったのが有栖川宮だ。


・政商坂本龍馬は、文筆が苦手。


・龍馬は、「生粋の商社マン」で、
武器商として鉄砲・軍艦を取り扱い、大口顧客に協力するうちに、
いつしか諸勢力対立の深みに足を踏み入れてしまった。
彼は武器商としての活動の過程で、
本藩参政の後藤象二郎の信頼を得たために、
公武一和運動に巻き込まれたのだ。


・維新史研究の青山忠正教授は、
「近世に定型的だった書簡用文体の候文を、
手紙の中で正確に用いていない龍馬は、
抽象的な概念を駆使する能力がなかった」
との見解を示している。
これは的を得ている。
要するに文書作成能力の不足であり、
これは抽象的思考力の鍛錬が不足しているのだ。


・1975年、野村証券で事業法人部業務課長に就いた筆者は、
まさに天才的セールスマンと称すべき人物に多数巡り合った。
そのとき痛感したことは、
彼らを一言で評せば、
「具体的行動力があって抽象的思考力がない」
ということだ。


・簡単に言うと、営業力があるサムライほど、
デスクワークができないのだ。
坂本龍馬はその種の人物であった。


・尾崎行雄の資金源は、渋沢栄一であった。




※コメント
情報がぶっとび過ぎて、どこまで本当かわからない。
ただ破天荒なアイデアには、なにかインスピレーションをもらえる。
キワモノ情報もどんどん調べてみたい。


★落合莞爾『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』
の詳細、amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2gexOdy






◆正史・明治維新、日本史上最高の機密
(落合莞爾、分析情報あり)





http://directlink.jp/tracking/af/693532/kQQ7nD2r-P9vYca2q/




・日本人が知らない吉田松陰の極秘任務


・ベルギー王室と日本皇室の不思議な関係


・正史・明治維新-中山忠能が書いた奇兵隊天皇の正体


・ロスチャイルドが坂本龍馬を操った「裏の明治維新」








◆落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』を読み解く






◆落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』を読み解く




※要旨


・小栗忠順は欧州大統宮の子孫である。


・1336年からはじまる南北朝対立の本質は、
人類社会の場である地球の物理的条件と、人類社会の
本質たる分業制により必然的に出現する地政学的対立なのだ。


・大陸勢力は土地を囲い込んで耕地化し、
これに農奴を縛り付けて搾取する。
一方、海洋勢力は海岸での食糧捕獲に注力しつつ、
多種の水産物を広く交易することで、商業利潤を求める。


・「満鮮経略」は国体参謀本部の最高機密だった。


・最近、
「毛利家が版籍奉還と引き換えに全国の土木利権を要求し、これを獲得した」
と聞いて、ようやく腑に落ちた。
毛利氏は古代のスーパー・ゼネコン土師氏が改姓した大江氏の分流だ。


・長崎巨大軍港の建設は「イエズス会対策」であった。


・国体大名・鍋島家と黒田家に命じられたのが「長崎御番」である。


・喫緊の必要もなかった「朝鮮への使節派遣論」に、
なぜ西郷隆盛が固執したのか。
ワザとした芝居だ。
薩摩の伝統政策である「台湾経略」を成功させるために、
秘かに行っていた外征準備を内外の眼から隠す必要があった。
西郷はそのために、あのような芝居を打ったのだ。
彼は何でも知っていたのだ。


・薩摩藩が秘密裏に決定していたのが、台湾派兵である。


・鍋島家が佐世保軍港をめぐる土地その他の利権を確保していた。
軍港を含むその利権は一般が想像もつかぬほど巨大なもので、
肥前藩主鍋島家が版籍奉還の対価としてこれを得たことを隠すため、
漠然と管轄地域を佐世保を含む長崎県一帯と発表したのだ。




※コメント
空想力というのは、ときに必要だ。
頭の体操、シュミレーションの能力があるだけで、
いろいろ選択肢が広がる。
そのための教材としては最適だ。


★落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2hncsH7








◆正史・明治維新、日本史上最高の機密
(落合莞爾、分析情報あり)





http://directlink.jp/tracking/af/693532/kQQ7nD2r-P9vYca2q/




・日本人が知らない吉田松陰の極秘任務


・ベルギー王室と日本皇室の不思議な関係


・正史・明治維新-中山忠能が書いた奇兵隊天皇の正体


・ロスチャイルドが坂本龍馬を操った「裏の明治維新」






◆落合莞爾『欧州王家となった南朝皇統』を読み解く







◆落合莞爾『欧州王家となった南朝皇統』を読み解く



※要旨


・古代から土木建築に携わってきた「測量・設計衆」の本領は、
天体および地表の測量と土木・水路の設計にあります。
律令時代にはスーパーゼネコンの土師氏集団の中で、
測量・設計部門を担当する高級エンジニアの地位にありました。


・この「測量・設計衆」と並んで国体奉公衆の双璧を成すものが、
諜報工作に携わる「観修寺衆」です。


・三井家が発展させたのが為替取引である。


・為替は本来、商取引に伴う貨幣運搬のリスクと流通経費を軽減するため、
遠隔地で行われる債権債務の決済を、
現金移送なしに決済する方法で、
同一ないし近隣地域内での代金決済に振り替える方法を取る。


・ちなみに外国為替とは、
通貨を異にする国際間の貸借関係を、
現金を直接輸送せずに信用手段によって決済する方法で、
最近国内各地で摘発されている地下銀行も、
外国為替の一変形といえます。


・為替事業を得意とするのは、
各地に支店網ないし出張所網を有する団体ですから、
カトリックの教会ネットワークほど為替事業に
相応しい団体は中世の欧州にはなかった。


・開港場の生糸貿易との関連で財務・税務官僚とみられる陸奥宗光ですが、
実家は紀州藩士宇佐美氏で代々、国体奉公衆の真田流兵学者です。


・観修寺シンクタンクの一員として、
15歳から江戸で蘭学・英語・科学など兵学関連の研修を積んだ宗光の本領は、
広義の兵学者で、民政家である。


・伊藤博文の国体任務は、
林薫、金子堅太郎、伊東巳代治の保護であった。



※コメント
歴史には膨大な記録がある。
日本史や世界史の主要部分を学ぶだけでも数年かかる。
では、もっと深く知りたければ、どのくらい時間がかかるだろうか。
それでも歴史に関する本を読むのは面白い。



★落合莞爾『欧州王家となった南朝皇統』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1MX8T84






◆正史・明治維新、日本史上最高の機密
(落合莞爾、分析情報あり)





http://directlink.jp/tracking/af/693532/kQQ7nD2r-P9vYca2q/




・日本人が知らない吉田松陰の極秘任務


・ベルギー王室と日本皇室の不思議な関係


・正史・明治維新-中山忠能が書いた奇兵隊天皇の正体


・ロスチャイルドが坂本龍馬を操った「裏の明治維新」







◆落合莞爾『国際ウラ天皇と数理系シャーマン:明治維新の立案実行者』を読み解く




◆落合莞爾『国際ウラ天皇と数理系シャーマン:明治維新の立案実行者』を読み解く


※要旨


・大政奉還前後の史実を追究するうちに、
徳川慶喜と勝海舟が苦心した江戸幕府の幕引きに、
榎本武揚が関与して重要な役割を果たしていたことに気付いた。


・榎本の正体を追っていくと、
その背後には日本社会の裏側から文明発展と歴史進行に
関わっていた「数理科学系測量技術集団」の存在が明らかになってきた。


・また古来日本に存在してきた数理科学系測量集団を、
欧州の「ワンワールド勢力」と繋げている「伏見宮海外ネットワーク」の
存在を知らされることになった。


・明治維新を推進した秘密勢力の正体ですが、ここで明かしてしまうと、
秘密勢力の正体は、
朝彦親王(中川宮)の実父の伏見殿邦家親王だったのである。


・天皇と国事を分担した伏見殿の専管は海外事項である。
国内事項としても測量機関及び諜報機関を配下に置いていたことは
間違いない。
この両者は諸国の自由移動が許されていることから元々不可分な業務で、
同一人が測量師でもあり探検家にもなり、
密偵としても働いた好例は伊能忠敬である。


・世界的な大航海時代に入り、
伏見宮ネットワークはこれに同期して世界に広がり、
オランダに恒久的拠点を設ける。
伏見殿がオランダのライデン大学に送り込んだ代々の要員が、
採集した海外情報が常時日本にもたらされ、
伏見殿を通じて天皇に届けられるルートが完成した。
これは室町時代から江戸時代に移っても続いた。


・大塔宮護良親王の直系血統を保持する伏見殿は、
皇室の予備血統にとどまらず、国家最高の情報機関となっていた。
そして海外事情を調査して時の天皇に報告するため、
地動説に立脚する数理系シャーマンニズムの人材を集め、
海外ネットワークを編成した。


・現代で、古来のギルド社会を髣髴させるものは、
私の知る限り東大工学部です。


・水利屋や測量屋のような数理的職能集団は、
幕藩体制の枠を超えた技能ギルドに属する一種の秘密結社とみて良い。


・井伊家は藤堂家と並んで代々、伏見殿の秘密の直臣であった。


・徳川慶喜は大政奉還を早急にしたかったが、
自ら言い出すのはいかにも不自然だったので、
「酔鯨山内容堂から強く勧告された」という一芝居を打ったのです。


・榎本武揚が率いた開陽が、幕府人員の輸送をしただけで、
交戦力として全く役立たず、最後は不可解な自沈で終わるのは、
幕軍が新政府軍に勝たないように、榎本が手段を尽くしたからです。


・伏見殿と島津家は裏で深く繋がっていた。




※コメント
びっくりするような情報が満載であり、
本当か、というような資料が満載である。
参考資料の一つとして、これらの情報をウォッチしたい。


★落合莞爾『国際ウラ天皇と数理系シャーマン:落合秘史2』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1Gej1l5







◆正史・明治維新、日本史上最高の機密
(落合莞爾、分析情報あり)





http://directlink.jp/tracking/af/693532/kQQ7nD2r-P9vYca2q/




・日本人が知らない吉田松陰の極秘任務


・ベルギー王室と日本皇室の不思議な関係


・正史・明治維新-中山忠能が書いた奇兵隊天皇の正体


・ロスチャイルドが坂本龍馬を操った「裏の明治維新」





◆稼ぐ旅億ビジネス


◆稼ぐ旅億ビジネス



http://directlink.jp/tracking/af/237165/1nrTutOh-NDmEtXzZ/




★今田正則、略歴。


株式会社ヤドカリ、COO。


・神奈川県出身。世界を旅する起業家。今までに訪れた国は38ヶ国を数える。



・高校卒業後、就職することにどうしても意味を見つけ出せずバイトをしながら悶々とした日々を過ごす。


・そんな時、バイト先で知り合った人から一緒にニュージーランドに行かない?と誘われ、
「このままではマズい!何かを変えなきゃ!」
と思っていたため 車を買うために貯めていた貯金を使ってニュージランドへの留学を決意。



・留学先では様々な価値観で自由に生きる人たちや日本にはないビジネスを見て世界の広さと可能性を知る。
そこから旅をすることがライフワークになり、お金を貯めては旅に出る生活が始まる。



・世界を旅する中で、旅億ビジネスと出会い 旅をしながらお金を稼ぐライフスタイルを手にいれる。
2013年には、念願だった夫婦で9ヶ月間の世界一周新婚旅行へ。
世界は広いけど身近であると感じ、
帰国後、世界一周 を夢見ながら実現できない人のための支援活動などを始める。



・人と人とのつながりを大切にしながらビジネス活動を行い、
現在は行政から委託を受けて神奈川県内の地域活性化プロジェクトメンバーとして活動する等、活躍の場を広げている。





社会貢献ビジネス

社会貢献ビジネス


http://directlink.jp/tracking/af/237165/gqMpZkPh-tONuUZ7z/

・実際に稼いで、社会貢献で世の中を変えていく大人を目指す


・「累計1100万部ベストセラー編集者」長倉顕太と
「国内外で5社経営&某銀行最高顧問」竹中亮祐が語る
これからの成功に欠かせないルール


・金融社会で本当に手に入れるべき情報とは何か


・ビジネス×社会貢献が稼ぐためのエッセンス

◆落合莞爾『明治天皇「すり替え」説の真相』を読み解く





★落合莞爾『明治天皇「すり替え」説の真相』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2nuV7Db




◆落合莞爾『明治天皇「すり替え」説の真相』を読み解く




※要旨


・すべては堀川政略の工程だった。


・明治維新は偶然の連続ではなく、
壮大な構想と緻密な計画があった。


・堀川政略の骨子におけるファクターは以下の通り。


1.新たな永世親王家として閑院宮家を創設する。


2.従来の永世親王伏見殿が海外戦略に専念するため、
天皇は閑院宮家から出す。


3.閑院宮流は数代皇位に就いた後、ウラ天皇の役割を担う。



・筆者は、住友軽金属に入り、経済企画庁に出向した。
そこで経済白書の作成に携わり、野村証券に転職した。
そして、世の中のしくみがある程度自分で理解できた。
要するに、世の中は金融が支配しているということ。


・M資金の正体も、結局のところ、
渋沢栄一と伏見宮までいかないとわからない。
そういうことが見えてきた。
結局わかったことは、すべて裏があったということ。


・「落合秘史」の根底をなすロジックは「南北朝」史観であるが、
それは教科書史観では解釈できない独創的な歴史観によって
構築された南北朝史と言える。


・佐賀藩主の鍋島閑叟(かんそう)が、
フルベッキと岩倉具視を結んだ。


・三井家が発展させた為替取引。


・為替は本来、商取引に伴う貨幣運搬のリスクと
流通経費を軽減するため、遠隔地で行われる債権債務の決済を、
現金移送なしに決済する方法で、
同一ないし近隣地域内での代金決済に振り替える方法を取る。


・両替商として幕府の公金為替に参入し、
幕府御用商人として屈指の豪商となった三井家の隠された正体は、
「伏見度の商業・金融部門」だったのだ。




※コメント
情報が錯そうして、何が真実かは分からない。
確かなことは、この世の中には
たくさんの説があり、
そのどれかが正しく、どれかが間違いだ、
ということだろう。
それを見極めるために、勉強したい。


★落合莞爾『明治天皇「すり替え」説の真相』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2nuV7Db




◆ストレスに対抗する副腎を元気に保つ方法





◆ストレスに対抗する副腎を元気に保つ方法



http://directlink.jp/tracking/af/237165/JzhZzsG8/




★杉岡充爾(すぎおか じゅうじ)、略歴。 
医学博士


千葉大学卒業。

千葉県船橋市立医療センターで、救急医療の最前線に約20年携わる中で、
日夜、約1万人の心筋梗塞などの生死に関わる
心臓の治療にあたってきた「血管」の専門医。


「昨日までは何ともなかった」という遺族の言葉から
「既病」「未病」の前の段階の重要性に目覚め、
一見健康に見える40代男性の急死をなくすことをミッションに、
2014年に「すぎおかクリニック」を開院。


その後わずか2年で延べ25000人が通院し、
顧客満足度100%という驚異の人気クリニックとしてメディア等にも出演。


「未病」のさらに前の段階である「潜病」の重要性を伝え、患者の健康に寄与。


日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、
日本医師会健康スポーツ医、日本心血管インターベンション治療学会専門医を務める。









QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ