『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆ブレイクスルー英語オンライン講座、小熊式。

◆ブレイクスルー英語オンライン講座、小熊式。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/9dCO1c7x/


★小熊弥生、略歴


純国産同時通訳者、バイリンガルMC、グローバル人材育成講師

ノーベル賞受賞者や各国の首脳や閣僚、グローバル企業のCEO、世界的指導者たち、世界トップスピーカーの同時通訳を務める売れっ子同時通訳者兼、海外の成功法則を教材にした成功英語スクール主宰者。


★出版実績
『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』(幻冬舎)

『英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』(中経出版)

『5000の場数を踏んだ同時通訳者が教える「本当に」ビジネスで通じる英語フレーズ643』 (講談社パワー・イングリッシュ)

『TOEICテスト280点から同時通訳者になった私』


◆7ライセンス、7つの資格を10日で取るプロジェクト。田中式。

◆7ライセンス、7つの資格を10日で取るプロジェクト。田中式。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/DPf5fMdV-AARZXT7h/


→以下の7つの資格が10日間で取得できる


NLP
催眠
脳科学
瞑想
NLPコーチング
心理学
ヒプノセラピー



★田中誠、略歴。

1958年生まれ 59歳

名古屋工業大学卒業後、大手会社へ入社。

研究職につきながら、「言葉」の持つ力に興味を魅かれ、 「言葉」と「心理学」について30年以上、研究。

「心理学」「脳科学」など、30以上の資格を取得し、 さらに、独自の研究を合わせることで、日本人に合う手法を編み出し、 実績はのべ1万9000人、リピート率は100%

現在「株式会社ヒューマン総合研究所」代表取締役を務める。


◆仮想通貨の真実、未来予想図、インサイダー。



◆仮想通貨の真実、未来予想図、インサイダー。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/BCXMrdVe-piI9EqiD/




・ビットコインとはその名の通り、
ビット(情報)のコイン(貨幣)だ。
電子データにすぎない貨幣通貨は物理的実体がなく、
その経済価値は円やドルなどの通貨に
交換できるという信頼に基づく。


・仮想通貨は何らかの価値があると
多くの人が思って決済や送金などに
使っている限りにおいて、
貨幣の情報化、「信用貨幣化」を進めた、
純粋なバブル的資産なのだ。


・先に種明かしをすれば、
仮想通貨で最大の流通規模を持つビットコインは、
それ自体が個人間で転々流通する点でトークンであり、
その記録を「ブロックチェーン」という
ネット上の公開台帳に記録して、
さまざまな価値を動かす点においてクレジットだ。





→仕掛ける側のインサイダー情報
仮想通貨の未来
上がっても下がっても儲かるシステム


→世界最強の金融国家スイスで
最低月収2万ドル(200万円)の
コミュニティを率いる
ビットコインジーザスCJが緊急来日






◆仮想通貨の未来予想図、ご紹介。

◆仮想通貨の未来予想図


http://directlink.jp/tracking/af/237165/BCXMrdVe-piI9EqiD/



→仕掛ける側のインサイダー情報
仮想通貨の未来
上がっても下がっても儲かるシステム


→世界最強の金融国家スイスで
最低月収2万ドル(200万円)の
コミュニティを率いる
ビットコインジーザスCJが緊急来日





◆年収2億円『臆病者の美学』ご紹介。

◆年収2億円『臆病者の美学』


http://directlink.jp/tracking/af/237165/b7WYszBs-9mx2f2fi/



★久保優太、プロフィール


WPMO世界スーパー・フェザー級王者


証券会社に勤務していた祖父の影響もあり、ファイトマネーを元手に2013年から株式投資を始める。


「投資と格闘技は共通点が多い」ということで、自身のファイトスタイルでもある『守り』を固める投資方法で順調に利益を伸ばし、投資をスタートして1年6ヶ月で1億円を突破。


さまざまな経済的混乱の中において常に利益を減らさないその投資スタイルで2017年は年間で2億円の利益を獲得した。


◆カリスマ作家・発掘プロジェクト

◆カリスマ作家・発掘プロジェクト


http://directlink.jp/tracking/af/237165/4FveYQyZ-U7ZyXT7g/


★作家になるメリット


→家族・友達・読者から尊敬される。


→国立図書館に収蔵される。

→先生と呼ばれ全国の企業・学校から講演依頼が殺到。


→経営・ビジネスが急成長する。


◆天皇の金塊、フィリピン黄金伝説の真相。

◆天皇の金塊、フィリピン黄金伝説の真相。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/oRDdY4iI/



→フィリピンに機密事項といえば、
ルパング島の残置諜者であった小野田寛郎。


→残置諜者と東南アジア諸国の独立とは
切っても切れない関係


→歴史常識や都市伝説を完全に
破壊する大東亜戦争の秘史、
フィリピン黄金をめぐる熾烈な闘い
の歴史が今明らかに。



◆ボディメイク・アカデミー、谷けいじ方式。



◆ボディメイク・アカデミー、谷けいじ方式。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/znBt3Zrp-7nW3B88D/



★谷けいじ、略歴。


→香川県高松市出身
福岡大学スポーツ科学部卒業
ライフチアーズ合同会社 代表
パーソナルトレーニングジム レブルス 代表
BMA-ボディーメイク・アカデミー 主宰
パーソナルトレーナー


→ミッションは「體育を通して人生を応援する」。
2016年、ミッションの実現のために、
「身体の変化を通じて心を変え、人生を変える」ための学校である、
「BMA-ボディーメイクアカデミー」を設立し、日本人の基礎体力の底上げを目指している。



★コリン・グレイ『戦略の未来、戦慄の未来像を直視せよ』新刊、予約開始。(奥山真司氏 、翻訳)



新刊、予約開始。
★コリン・グレイ『戦略の未来、戦慄の未来像を直視せよ』
(奥山真司 、翻訳)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2uDLiaJ


★内容紹介


→戦略の歴史は人類の歴史と同じくらい古い。


→将来にわたって私達はこの不愉快な現実から逃れられないのだ。


→ルトワックやクレフェルトと並ぶ世界三大戦略家の一人コリン・グレイは、
古今東西の戦争や戦略家を論じつくし、
時代や場所を越えて通用する「戦略の一般理論」を指し示す。


→新クラウゼヴィッツ主義のエッセンスを伝える必読の一冊。


◆落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』を読み解く






◆落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』を読み解く




※要旨


・小栗忠順は欧州大統宮の子孫である。


・1336年からはじまる南北朝対立の本質は、
人類社会の場である地球の物理的条件と、人類社会の
本質たる分業制により必然的に出現する地政学的対立なのだ。


・大陸勢力は土地を囲い込んで耕地化し、
これに農奴を縛り付けて搾取する。
一方、海洋勢力は海岸での食糧捕獲に注力しつつ、
多種の水産物を広く交易することで、商業利潤を求める。


・「満鮮経略」は国体参謀本部の最高機密だった。


・最近、
「毛利家が版籍奉還と引き換えに全国の土木利権を要求し、これを獲得した」
と聞いて、ようやく腑に落ちた。
毛利氏は古代のスーパー・ゼネコン土師氏が改姓した大江氏の分流だ。


・長崎巨大軍港の建設は「イエズス会対策」であった。


・国体大名・鍋島家と黒田家に命じられたのが「長崎御番」である。


・喫緊の必要もなかった「朝鮮への使節派遣論」に、
なぜ西郷隆盛が固執したのか。
ワザとした芝居だ。
薩摩の伝統政策である「台湾経略」を成功させるために、
秘かに行っていた外征準備を内外の眼から隠す必要があった。
西郷はそのために、あのような芝居を打ったのだ。
彼は何でも知っていたのだ。


・薩摩藩が秘密裏に決定していたのが、台湾派兵である。


・鍋島家が佐世保軍港をめぐる土地その他の利権を確保していた。
軍港を含むその利権は一般が想像もつかぬほど巨大なもので、
肥前藩主鍋島家が版籍奉還の対価としてこれを得たことを隠すため、
漠然と管轄地域を佐世保を含む長崎県一帯と発表したのだ。




※コメント
空想力というのは、ときに必要だ。
頭の体操、シュミレーションの能力があるだけで、
いろいろ選択肢が広がる。
そのための教材としては最適だ。


★落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2hncsH7







◆落合莞爾『西郷隆盛の密命、天皇の歴史に殉職した男』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/oRDdY4iI/


★ポイント


・西郷隆盛の密命は薩摩の密命。
薩摩の秘史の解明は、フィリピン黄金伝説にまで発展します。


・山下奉文、石原莞爾、辻政信、甘粕正彦、そして、マッカーサー。
第二次大戦の大人物達が世界の裏側で何をしていたのか。


・天皇に触れずして、明治の元勲、維新の英傑、諸大名を調べ尽くしても栓なきこと。


・天皇の本当の歴史を解き明かした時、
西郷隆盛が真に仕えし者の正体、密命、機密戦略、世界構想が手に取るように見えてきます。





QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ