『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

January 2017

◆本藤弘美『病気そのものが自然治癒力』を読み解く





◆本藤弘美『病気そのものが自然治癒力』を読み解く


※要旨


・症状になる根本原因がある。


・心のあり方が体にエネルギーとして溜まる。


・咳などは言いたいことが言えてない。
自分の気持ちを表現できないでいる。


・溜まったものを出そうというのが咳である。


・咳が出るのも、治るプロセス。


・風邪も良い。
熱がでる、咳が出る、ということは良いこと。


・熱が出るとつらいが、
熱を出すことによって、体をリセットしようとしている。
それが自然治癒力。


・熱を上げて菌を殺そうとしている。


・自力で治すと、心と体が良くなる。


・本音でいうと、嫌われない。
緊張しない。


・思ったことをストレートに言ったほうが
嫌われない。


・病気の症状こそ、自然治癒力の現れだ。
あなたの心と体のサインに耳を傾けましょう。


・心と体と運命は一体だ。


※コメント
やはり肉体と精神はつながっているようだ。
あらためて、そのことを感じた。





★本藤弘美『あなたの夢は叶うようになっている』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2jlMe8p





◆本藤弘美『魂の成功法則:波動の調整力』ご紹介。


詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/orFM72wb-d7UUJCYS/




★注目すべきポイント。


・時空を超越し、永遠の幸せを
実現する真実の方法。



・潜在意識より深い「魂」にアプローチし
最短8時間で効果が現れる
「禁断の手法」を大公開。



・180分間の「秘密のセッション」で
波動を調整するだけで、
心の豊かさだけでなく
現実が変化する不思議な体験。






◆本藤弘美『運気アップ法・伝授』を読み解く



◆本藤弘美『運気アップ法・伝授』を読み解く



※要旨


・空間の広さが運気の大きさ。


・モノを置いていると空間も埋めている。


・空間に置いているものが運気を損ねる。


・モノを捨てるとその空間に運気が生まれる。
それにより無駄なモノを買わなくなる。


・片付けるより、捨てるほうが早い。
それが人生を変える勇気と直結する。


・空間を整理すると前に進めるようになる。
それから人生が大きく変わる。


・私は、80袋、捨てた。


・リサイクルショップに持っていくよりも
捨てたほうが利益がある。


・波に乗っているときに行動する。


・波動が上がったときに行動すると加速が起きる。


・全部捨てるくらいの勢いの方がいい。


・もしかしたら、いるかもしれない、
という物は、いらない。


・古いエネルギーの古着などは
子どもに着せないほうが良い。


・質の高いものだけを自分の周りに置く。
そして、自分の空間の質が上がってくる。
人生の質が上がる。


・上質のモノを使うとき
自分のセルフイメージが上がる。
すると確実に運気が上がる。



※コメント
すっきりしたメソッドだ。
すぐにできる。
勢いに乗って実行したい。




★本藤弘美『お金は愛と感謝:豊かな波動の作り方』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2kAlmXE






◆本藤弘美『魂の成功法則:波動の調整力』ご紹介。


詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/orFM72wb-d7UUJCYS/




◆本藤弘美『魂の成功法則:ザ・ソウル』ご紹介。






◆本藤弘美『魂の成功法則:ザ・ソウル』ご紹介。




詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/orFM72wb-d7UUJCYS/




★注目すべきポイント。


・時空を超越し、永遠の幸せを
実現する真実の方法。



・潜在意識より深い「魂」にアプローチし
最短8時間で効果が現れる
「禁断の手法」を大公開。



・180分間の「秘密のセッション」で
波動を調整するだけで、
心の豊かさだけでなく
現実が変化する不思議な体験。





★本藤弘美、略歴。


ゴールデンセレブヒーリング創始者。
螢粥璽襯妊鵐札譽屐Ε献礇僖鸞緝充萃役
広島大学学校教育学部卒アナウンサー、
エアロビクスインストラクター、主婦、学習塾経営、
様々なクライアントの相談に親身にのることができる。


「世界中の人が幸せになる方法」を求めて
20代前半から志した仏教の修行をきっかけに
18年間でのべ2,000名の人生相談を経験。
その経験を基盤に、深層意識の波動をコントロールする
独自の手法「魂の成功法則」を開発した。


2008年ヒーリングサロンを創始
クライアントは10代〜70代まで老若男女を問わず、
これまでのべ30,000名以上。


クライアントから寄せられた感謝状、体験談は1800件を超える。
また後継者育成にも注力しており、スクール生はこれまでのべ165名


ゴールデンセレブ電子書籍シリーズ
「あなたがあなたでいるだけでいいことがどんどん引き寄せられる」
「お金は愛と感謝」を出版。




詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/orFM72wb-d7UUJCYS/





◆浅川智仁『未来を変える偉人の格言』を読み解く




◆浅川智仁『未来を変える偉人の格言』を読み解く



※要旨


・人生の質は、良質な言葉をいくつ知るかに比例する。


・アウトプットを変えるには、
インプットの質を変えることから始まる。


・チャレンジして失敗を恐れるよりも、
何もしないことを恐れろ。
(本田宗一郎)


・どこかにたどり着きたいと欲するならば、
今いる所にはとどまらないことを決心しなければならない。
(J・P・モルガン)


・一か八かやってみろ。
人生はすべて賭けである。
(デール・カーネギー)


・デメリットのあるところにこそ、
ビジネスチャンスがある。
(小倉昌男)


・新しいビジネスは、
「不満を解消すること」から生まれる。


・ほとんど全ての人間は、
もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だと
いうところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。
いよいよ、これからだというのに。
(トーマス・エジソン)


・万策つきたとき、
あきらめないという選択肢がある。
(福島正伸)


・トップセールスマンとして成功した男とは、
1.最も多くの屈辱を受けた男である。
2.最も多くの断りを受けた男である。
3.最も多くの失敗と敗北を喫した男である。
(奥城良治)


・人知れず誰よりも苦悶し、屈辱や批判を受け、
そして挫折感を覚えている人こそが、
他の人が得られない達成感や充実感、
幸福感を手にするわけです。


・「そんなことは、できるわけがない」
と言う人は、コツコツとそれに励む人に、
脱帽することになるのである。
(ナポレオン・ヒル)


・「成功者の言葉」は、
繰り返し唱えることで自分のものになる。


・やってみないとわからない。
行動してみる前に考えても無駄です。
行動して修正すればいい。
(柳井正)


・ほとんどの行動は軌道修正が可能だ。


・マクロで眺めると人生は喜劇になる。
目標を明確に持ち行動する人間にとっての人生は、
ミクロで見たら思い通りにいかないことが多くても、
マクロで見たら結局思い通りになっていく。


・人が本当に所有するのは記憶だけである。
記憶の中でのみ、人は金持ちであり、貧乏である。
(アレクサンダー・スミス)


・やる価値のあることは、
失敗したとしても価値がある。
(欧米のことわざ)


・最初にあったのは、
夢と根拠のない自信だけ。
(孫正義)


・信念をもった一人の人間の力は、
興味を持たない99人の集団にもまさる。
(ジョン・スチュアート・ミル)


・逆境の時にこそ、
そこにチャンスをつかむヒントがある。


・未来の結果を変えたければ、
自分の基準を上げること。
成功体験を記録し、
それを脳にストックする。


・人生は誰と会って、何を感じ、
どう行動するかで変わってきます。
良い運と縁を求めてください。
(本田健)


・チャンスは理想の人脈からやってくる。


・運のいい人とは、いい言葉にめぐりあえる人です。
「いい言葉」こそが運なのです。
いい言葉には、言霊があります。
もやもやした思いを、言葉にした瞬間に、
言葉は言霊となります。
(中谷彰宏)


・「自分はツイている」と錯覚することが成功の鍵。
ツイている自分になりたければ、
「自分は誰よりもツイている」と思い込み、
運がある自分になりたければ、
「自分は誰よりも運がある」と錯覚させるのだ。


・チャンスは充分に準備した人のもとに訪れる。
(ルイ・パストゥール)


・過去にしがみついて前進するのは、
鉄球のついた鎖を引きずって歩くようなものだ。
(ヘンリー・ミラー)


・過去の呪縛を解き放ったとき、
潜在能力が開花される。
あるべき理想の未来を見据え、
積極思考で今できることに取り組んでいく。


・むしろ営業マンにとって大事になってくるのは、
「負け方」である。
負けることで、逆に顧客との関係を強化し、
将来の「勝ち」につなげることも可能だ。
(大前研一)


・私たちは空腹を満たす仕事をしているのではない。
魂を満たす仕事をしているのだ。
(ハワード・シュルツ)


・あらゆる良書を読むことは、
過去の最良の人物たちと会話することだ。
(ルネ・デカルト)


・読書は想像力を鍛える最高のツールになる。


・質の高い情報をインプットすれば、
センスは磨かれる。


・君たちの時間は限られている。
だから他の誰かの人生を生きて時間を無駄にしてはいけない。
最も大切なことは、自分の心に、
自分の直感についていく勇気を持つことだ。
心や直感はすでに、あなたが本当になりたいものを知っている。
それ以外は二の次だ。
(スティーブ・ジョブス)


・自分の心の声に耳を澄ませることを習慣にしよう。
現代人が失くしたもの。
それは沈黙と暗闇だ。


・直感を磨き、信じる勇気を持つ。
そのためには、沈黙と暗闇を意図的に作ることが効果的だ。
自分の声に耳を澄ませることが習慣になると、
突然、人の顔や名前、アイデアがひらめくことがある。
それこそがまさに、人生の扉を開く、
真実の瞬間なのだ。


※コメント
よい言葉を知っていると、
困難なときに思い出せる。
それを武器にいろいろ乗り越えられる。


★浅川智仁『未来を変える偉人の格言』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1l3a89Z






◆浅川智仁『脳機能と東洋哲学の不思議な関係:お金を動かす会話術』ご紹介。



詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/NLK3TtFq-JTt17LSM/




★主な内容


・心のひもを緩めるジョーク集。

・相手の気持ちを探る7つの方法。

・相手の心を動かす原理原則。

・お金を動かす会話術。

・脳機能と東洋哲学の不思議な関係。



★浅川智仁、略歴。



【著書】
1.『勇気の言葉〜幸福と成功を引き寄せる100の叡智』(文芸社)

2.『フリーターだったボクを年収10倍に導いた101の言葉』(廣済堂出版)

◆浅川智仁『勇気の言葉:幸福を引き寄せる100の叡智』を読み解く




◆浅川智仁『勇気の言葉:幸福を引き寄せる100の叡智』を読み解く



※要旨


・読書と映画が心を保ってくれた。


・夢見ることができるならば、
それはきっと叶えられる。
(ウォルト・ディズニー)


・面倒なことを地道にやり続けること。
それを何年も続けると、
それがそのまま参入障壁となる。
(後藤玄利)


・無知な者にとって老年は冬であるが、
学んだ者にとって老年は春である。
(タルムード)


・年を重ねることは知識が豊富になることであり、
一目置かれ、尊敬に値することだった。


・すべての学問は、人間交際のためにある。
(福澤諭吉)


・多くの人間がベストを尽くす。
極限まで努力する。
しかし、本当の努力は、
その極限からどこまで行けるかということなんだ。
(アイルトン・セナ)


・我々にとって最大の栄光は、
一度も失敗しなかったことではなく、
倒れるたびに必ず起き上がったことである。
(オリバー・ゴールドスミス)


・泥臭い作業や日課を積み重ねる中でチャンスは育まれていた。


・毎日をその日の収穫高で判断せず、
まいた種で判断しなさい。
(ロバート・ゴールドスミス)


・自分より身分の低い人に接する接し方に、
人の偉大さは現れる。
(トーマス・カーラル)


・状況がタフ(困難)になると、
タフ(強い)な者が道を切り開く。
(ケネディ家の家訓)


・神は細部に宿る。
(アビ・ヴァールブルク)


・2週間だけ人の話に耳を傾ければ、
2年間かけてみんなの気を引き、
ようやく得た友達よりも、
たくさんの人と友達になれる。
(デール・カーネギー)


・試練は年齢と共に高まる。
(ゲーテ)


・ある仕事ができるかと聞かれたら、
「もちろんできます」
と返事することだ。
それから懸命にそのやり方を見つけよ。
(セオドア・ルーズベルト)


・「利」より「義」を重んじ商いをせよ。
それを「士魂商才」という。
(福澤諭吉)


・私は大いに運を信じている。
そして懸命に働けば働くほど、
運が増すことを知っている。
(トマス・ジェファーソン)


・「酒の飲み方に人間性が出る」
と言われますが、とても真理をついていると私は思う。
20代初め、私はあるご縁から銀座の某クラブで
2ヶ月ほどアルバイトをした。


・そこでもっとも学べたことは、
いわゆる「カッコイイお酒の飲み方」
をじかに見ることができたこと。


・ひと言で表現するとそれは、
「場の空気を読み、場の空気を創る」飲み方でした。
テーブルを囲んでいる全員が楽しんでいるか。
会話にしっかりと参加できているか。
そういう気配り、心配りが、さり気なくされていた。


・お店側のスタッフである私に対しての心遣いも完璧で、
心憎いばかりでした。
興味深いことに、仕事ができ、
信頼を勝ち得ている人ほど、
そうした傾向が見えてきた。


・フィードバックが凡人を一流にする。
(ピーター・ドラッカー)



・人間の脳は「楽しもう」とした瞬間にドーパミンと
呼ばれる快感ホルモンが分泌され、
一気に脳が活性化し、潜在能力が発揮されやすい状態になる。


・劣等感がすべての英雄をつくる。
(リー・アイアコッカ)


・若さというものは人生における一定のステージではない。
あくまで精神だ。
(ロバート・ケネディ)


・私は何かに取り組む際に、
「根拠のない自信」をとても大切にしている。
なぜなら根拠のない自信とは、
全神経細胞による「ゴーサイン」だと私は捉えている。


・ロジックだけでは政治はできません。
生身の人間の感情が政治を動かすのです。
(マーガレット・サッチャー)


・腹が減ったら歌え。
傷ついたら笑え。
(タルムード)


・やせ我慢でも何でも構わない。
どんな状況でも、とにかく「笑う」こと。


・プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのこと。
(リチャード・バック)


・99の失敗の中に1つの成功がある。
(柳井正)


・今から20年後、
あなたはやったことよりも、
やらなかったことに失望する。
(マーク・トウェイン)


・人間の魂に一度火がつけば、
不可能は消えてなくなる。
(ジャン・フォンテーヌ)



※コメント
多くの言葉にヒットするものがあった。
これは人それぞれ違うだろう。
自分だけの名言集をつくってみたらいかがでしょうか。


★浅川智仁『勇気の言葉:幸福を引き寄せる100の叡智』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1NaotML





◆浅川智仁『脳機能と東洋哲学の不思議な関係:お金を動かす会話術』ご紹介。



詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/NLK3TtFq-JTt17LSM/




★主な内容


・心のひもを緩めるジョーク集。

・相手の気持ちを探る7つの方法。

・相手の心を動かす原理原則。

・お金を動かす会話術。

・脳機能と東洋哲学の不思議な関係。



★浅川智仁、略歴。



【著書】
1.『勇気の言葉〜幸福と成功を引き寄せる100の叡智』(文芸社)

2.『フリーターだったボクを年収10倍に導いた101の言葉』(廣済堂出版)

◆浅川智仁『脳機能と東洋哲学の不思議な関係:お金を動かす会話術』ご紹介。




◆浅川智仁『脳機能と東洋哲学の不思議な関係:お金を動かす会話術』ご紹介。



詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/237165/NLK3TtFq-JTt17LSM/




★主な内容


・心のひもを緩めるジョーク集。

・相手の気持ちを探る7つの方法。

・相手の心を動かす原理原則。

・お金を動かす会話術。

・脳機能と東洋哲学の不思議な関係。



★浅川智仁、略歴。



【著書】
1.『勇気の言葉〜幸福と成功を引き寄せる100の叡智』(文芸社)

2.『フリーターだったボクを年収10倍に導いた101の言葉』(廣済堂出版)




28歳で世界最大級の能力開発コンサルティング企業に入社。


平均単価120万円を超える社会人向け教育プログラムを、
電話だけで売るというセールスに携わり、
営業未経験ながらわずか2年3ヶ月のスピードで年間トップセールスを獲得。


支店責任者としても、着任初月に対前月比230%の売上を達成するなど、
「売る」だけでなく「売らせる」実績も併せ持つ。


2009年9月に独立し、 2011年12月には人財養成とセールスコンサルティングを
主幹事業とするライフデザインパートナーズ株式会社を設立。

セールスコンサルタントとして、個人・法人を問わず、のべ2000名を超えるクライアントの問題解決や目標達成に貢献している。
2010年にはThe Japan Times から「アジアを代表する次世代の経営者100人」に、営業コンサルタントとしてただ一人選出された。

現在三菱東京UFJ銀行が運営する中小企業向け問題解決サイト
「RISEUP CLUB」にてビジネスコミュニケーション心理学を連載。
「ゆめのたね放送局」において自身がパーソナリティを務めるラジオ番組の放送を開始。


詳細はこちら↓


http://directlink.jp/tracking/af/237165/g3I7jtXF-JTt17LSM/






◆原田隆史『大人が変わる生活指導』を読み解く





◆原田隆史『大人が変わる生活指導』を読み解く




※要旨


・わたしが教師として取り組んだのは、
単なる陸上競技の技術面での向上や体力づくりだけではない。
挨拶や身だしなみにはじまる態度教育や清掃活動、
奉仕活動といった生活改善に根差した人間力の向上に
全力を注いだことが、大きな成果につながった。


・企業経営という異分野から多くの学んだ私の生徒指導手法は、
噂が噂を呼び、逆輸入のように企業関係者から
注目を集めるようになった。


・「心を強くする」とは、
いまの自分の力でやれることを決めて毎日欠かさず継続すること。
心をきれいにするための清掃や奉仕活動であれば、
なお効果的だ。


・どんなに小さな生活習慣であっても、
「毎日必ずやる」と決めたら、
一日たりとも休まない。
中途半端に終わらせず、
最後まできっちりやり遂げて一日を終える。


・1週間、1ヶ月、1年、2年、3年と千日間継続すれば、
驚くほど心が強くなっていく。
このよき生活習慣の継続が、
仕事や人生において大きな自信となる。


・身につけたスキルをコツコツと継続すれば、
心を強くするとともに、
実力を蓄えることにもつながる。


・「心を整理する」とは、
自分の心の中にある、過去の失敗や後悔などの
マイナス要素を整理して、
いつまでもそのマイナスにとらわれないようにすること。


・日誌を書けば、いつも自分を前向きに保つ。
その日にするべきことを日誌に書いて、
その日の終わりに、できたことと、
できなかったことを仕分けする。


・心技体の指導だけでは、私の思いはかなわなかった。


・学校での指導は10時間程度。
大雑把に考えると、残りの14時間は家庭生活だ。
生徒の家庭生活にまで目を向けなければダメだ。


・家庭で毎日、規則正しい生活を送る。
心をつくるために家庭でお手伝いを決めてそれを継続する。


・一度決めた仕事をやりぬく強さを体験できれば、
自力で自分を高めることができる。
奉仕活動や清掃活動で感謝の心を育み、
態度教育を徹底すれば、慢心を防ぎ、
どこにいっても通用する自立型人間になれる。


・暴力の起きる家庭には必ず2つの条件が揃っている。
その1つは「すさみ」だ。
心のすさみが、暴力を生む。


・教員時代の経験でいえば、家庭訪問をしたときにまずそこに気づく。
玄関先の靴が揃っていない。
会談には古新聞が山積み。
流し台には洗い残しの食器が残ったまま。
トイレ掃除もしていない。


・さらにそうした家庭ほど、家族同士で挨拶を交わさない。
親も子も元気のよい「ハイ」という返事をしない。
そういった傾向があった。


・もう1つには親のしつけ、厳しい指導がない。



・まずは黙って靴を揃えてみる。


・大人も、子どものころ、
何かお手伝いを日課として与えられた経験があると思う。
その当時を思い出して、
ともかく無心になって続けてみることだ。
まずは黙々と継続する。
続けていれば、周りの見る目が必ず変わる。


・Aさんの行動に反応を示してくれたのは、
4歳になる息子さんだった。
お父さんが毎日玄関の靴をせっせと揃える姿を見て、
息子さんも真似してそろえるようになったのだ。


・手書き、音読、アナログで行こう。


・書いて字にする作業は、無意識のうちに、
自分の脳のスクリーンに、文字を映し出す作業でもある。
頭のスクリーンに自分の思いを描かなければ、
その思いを言葉で伝えることはできない。


・だから、手で書いて、それを読み返して、
話してみるという3つの鍛錬を、繰り返し積んでいかなければ、
人の心に響く話はおろか、他人に伝えることさえできない。
つまり、伝えたい相手に思いが届かないのだ。




※コメント
たしかに大人こそ、人間修行、生活修行が必要だ。
どんなことでも、毎日繰り返す習慣は大切だ。


★原田隆史『大人が変わる生活指導』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2jC5m2P







◆原田隆史『原田式・目標達成メソッド』ご紹介。
詳細はこちら↓



http://directlink.jp/tracking/af/237165/PQx7kBJl-h0xKoP5z/


★日本一の
目標達成コーチ原田隆史が開発し、

7万人以上が利用している
「原田式目標設定シート」と
「原田メソッド動画」の

ご提供です。




◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


◆原田隆史『カリスマ教師の心づくり塾』を読み解く




◆原田隆史『カリスマ教師の心づくり塾』を読み解く




※要旨


・「意志の力」「愛の力」を語れる以外にも、
わたしが企業研修に呼ばれる理由がある。
それを自分を変えていくための具体的なツールを持っているということ。


・わたしには教師塾で実践している様々なツールがある。
なかでも、三種の神器と呼ばれているのが、
長期目標設定用紙、ルーティンチェック表、日誌の3つだ。


・大切なのは、自分で目標を立てること。


・毎日「清掃や奉仕活動」を行うことが、
心づくりに大いに役立つ。


・三種の神器の3番目は、日誌だ。
世の中の成功者を調べたところ、1つの共通点を見つけた。
それは日誌だ。
オリンピックの金メダリストは、みんな日誌をつけている。


・中学校の陸上部で指導に当たっていた。
だが、日本一に届かなかった。
何が足りないのか、何がダメなのか。
あらゆる本を読み、たくさん講習会にも出て模索した。
思い悩むうちに、「心技体」という言葉に行き当たった。
そうか、これまで技や体は鍛えてきたが、
「心」を鍛えることは考えなかった。


・陸上部に入部してくる生徒には、
何か1つお手伝いを毎日やることを約束させた。
皿洗い、風呂掃除、靴の整頓、なんでもいいから、
3年間1000日続けることを約束させた。


・掃除の習慣が人間を大きく成長させる。


・些細なことを「それくらい」と言って放置しないこと、
身の回りの小さなすさみを取ることが大切だ。


・積極的に掃除をさせるようにするためには、
「掃除をすることで身の回りからすさみを取り除き、
それによって心のすさみも取り除くんだ」
という実体験に裏打ちされていなければならない。


・「心をきれいにする」とは、感謝の気持ち、
謙虚な気持ちを養うということだ。
だから、「心をきれいにする」ためには、
清掃活動や奉仕活動が有効だ。


・きれいな部屋や掃除をしている人を見ればよい気分になって
心が晴れる。
人とケンカをすれば心はすさむ。
でも、人のために役立つことをすれば心は清々しくなる。
「心をきれいにする」とは、そういうこと。


・若者の更生教育で、少し前までは盛んにパソコンを教えていた。
社会に出て役に立つスキルを学ばせようと、
考えたものだった。
少年院などでもマウスをカチカチやる姿がたくさん見られた。
でも今では、人気がない。


・最近人気があるのは、介護だ。
若者を更生させるのに一番確率が高いのは、
介護の仕事をさせることだと思う。
体の不自由な老人のデイケアを学ばせる。
これは、効果がある。




※コメント
たくさんのヒントがある。
ビジネスと教育は、切っても切り離せない。


★原田隆史『カリスマ教師の心づくり塾』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2jdkdn8





◆原田隆史『原田式・目標達成メソッド』ご紹介。
詳細はこちら↓



http://directlink.jp/tracking/af/237165/PQx7kBJl-h0xKoP5z/


★日本一の
目標達成コーチ原田隆史が開発し、

7万人以上が利用している
「原田式目標設定シート」と
「原田メソッド動画」の

ご提供です。



◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。



◆大岩川源太『源太式カレンダー投資法』ご紹介。



◆大岩川源太『源太式カレンダー投資法』ご紹介。



http://directlink.jp/tracking/af/450681/KFWTUAN9-ZBsACrKj/




資産1億円超えの生徒を
10名以上出してきた
大岩川源太氏や

億超えを達成した
「トレード技術と考え方」を
期間限定で公開。



大岩川源太は

・現役でラジオNIKKEIに出演中
・初心者の生徒が7万円を1億円を達成
・10名以上の生徒が資産1億円超え
・300万円から数千万円の人は数え切れない
・毎年発売される投資カレンダーも大人気
・証券会社時代はなんと日銀も担当
・今も機関投資家やヘッジファンドが
 レポートを作ったら相談しにくる

という株式業界歴35年のドン。





◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。




◆原田隆史『常勝教育』を読み解く




◆原田隆史『常勝教育』を読み解く




※要旨


・数十年前、教育に夢と理想を描き、
「だれからも愛される楽しい先生」になろうとはじめての教壇に立った。
「夢、理想、ガッツ」さえあればできないことはない。
自信満々のスタートだった。


・しかし、現場は「荒れて」いた。
大学で学んだ指導技術は、私には役に立たず、
悩んだ末に指導方針を変えた。


・生徒が私の話に耳を傾け、
やる気を起こすような人間力と指導力。
この2つに重点を絞り、ひたすら向上に励んだ。


・心づくり指導の中心は、
「態度教育」と「目標設定」にある。
まず、はじめに徹底したのが「静」と「動」の態度教育だった。


・静の態度教育とは、
「靴をそろえる」「椅子を入れる」「鞄を立てる」
という3つの基本的な習慣や、
身だしなみ、背筋をピンと伸ばした姿勢を教えること。


・これは他人とのコミュニケーションが苦手で、
まじめを恥ずかしがる若者でも今すぐに、
自分の気持ちひとつで静かに始められる。


・書いて書いて書きまくって、イメージをつくる。


・まず、目標を達成した時の成功イメージを
鮮明に描く。
それを目標設定用紙に細かく、詳しく、
書いて書いて、書き込むのだ。
その目標を潜在意識に叩き込んで
確実に自分のモノにしていく。


・スポーツなどの結果は、
表面上は体格や技術、体力の違いで勝負がつくように見えるが、
実は違う。
最後は「心」なのだ。


・私は長年の指導経験から態度教育の重要性を理解し、
指導の基本においてきた。
学校の荒れは赴任1年目に服装や挨拶などの
態度教育を徹底したことでおさまった。


・態度教育の再徹底によって、日本一になれたのがIだった。
Iの足元をみると、靴のつま先が微妙にずれていた。
それを見て、わたしは全部員を集めて言った。
「今日から態度教育を徹底的にやる」


・他人の靴までそろえる態度修行。
その日から、とにかく挨拶、時間厳守、服装、
準備、片付け、姿勢、靴、椅子、鞄などにこだわり、
徹底的に態度教育をやり直した。


・試合当日の早朝、全員の部屋を点検すると、
どの部屋もハウスキーピングが不要なくらい、
チリひとつ無く、片付いていた。
Iの部屋は髪の毛一本落ちておらず、
ベットもシワひとつないくらい丁寧に整えてあった。
「よし、これならやれる」
と確信した。


・星野仙一監督も、トルシエ監督も態度教育からはじめた。


・わたしは教師なりたての頃は、
面白い、人気者の教師になろうとした。
しかし、いざ現場に出ると子供がまったく言うことを聞かない。
そこで、ノウハウより、しつけが必要だと悟った。


・挨拶にはじまり、服装、時間に遅れないこと、言葉遣い、
文章の書き方、消しゴムの使い方まで教えた。
鬼軍曹とか、ヒトラー、マッカーサーというあだ名までついた。


・サッカー日本代表のトルシエ監督は、
当時の記者会見で、
「日本選手をまずジェントルマンにする、態度を徹底する」
と宣言した。


・できることの継続こそが、心を強くする。


・目標を立てて、態度教育を徹底して、
そのうえで、今の自分ができることで
人に役立つことを3年間、千日間休まず続ける。
できることの継続こそが心を強くする。


・皿洗いも千日間続ければ必ず達成感が出てくる。





※コメント
シンプルだが、とても強力なコンセプトだ。
子供の教育だけではなく、
大人の精神修行にも役に立つ。


★原田隆史『常勝教育』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2idbBfu




◆原田隆史『原田式・目標達成メソッド』ご紹介。
詳細はこちら↓



http://directlink.jp/tracking/af/237165/PQx7kBJl-h0xKoP5z/




★日本一の
目標達成コーチ原田隆史が開発し、

7万人以上が利用している
「原田式目標設定シート」と
「原田メソッド動画」のプレゼントです。






◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。











QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ