『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

August 2017

◆カラーセラピーの極意

◆カラーセラピーの極意。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/5iwqxm4G-vzrankFQ/


生まれ持った「魂の色」を知ることで、
人生の方向性が明確になり、
幸せな引き寄せが次々あなたに舞い降りる。


CanCamへの連載、J-WAVEへの出演、
毎年恒例、都庁講演…

「色の心理学』をはじめ、累計12万部の
人気著者、佐々木仁美氏のオリジナルメソッド

【ソウルカラーセラピー】

宇宙初公開。

◆今井正則、100年安泰大家さんの極意。

◆100年安泰大家さんの極意。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/s8yvjkfh-Zoi4WdLj/


★ポイント

賃貸オーナーの大きな悩みは、集客と空室対策。

経年劣化の対応や、借り手の対応にも一苦労するといいます。

しかし、私が開発したACSシステムならば、
マーケティング・セールス・見込客開拓、一切不要。

世界191カ国、300万人の新興市場から
完全自動・丸投げで借り手が勝手に集まり、初月いきなり満室経営。


★今井正則、略歴


今田正則(いまだまさのり)
株式会社ヤドカリCOO Woworld.LLC代表
神奈川県出身。世界を旅する起業家。今までに訪れた国は38ヶ国を数える。

高校卒業後、就職することにどうしても意味を見つけ出せずバイトをしながら悶々とした日々を過ごす。
そんな時、バイト先で知り合った人から一緒にニュージーランドに行かない?と誘われ、
「このままではマズい!何かを変えなきゃ!」と思っていたため車を買うために貯めていた貯金を使ってニュージーランドへの留学を決意。

留学先では様々な価値観で自由に生きる人たちや日本にはないビジネスを見て世界の広さと可能性を知る。そこから旅をすることがライフワークになり、お金を貯めては旅に出る生活が始まる。

世界を旅する中で、旅億ビジネスと出会い 旅をしながらお金を稼ぐライフスタイルを手にいれる。2013年には、念願だった夫婦で9ヶ月間の世界一周新婚旅行へ。世界は広いけど身近であると感じ、帰国後、世界一周を夢見ながら実現できない人のための支援活動などを始める。

人と人とのつながりを大切にしながらビジネス活動を行い、現在は行政から委託を受けて神奈川県内の地域活性化プロジェクトメンバーとして活動する等、活躍の場を広げている。

信条:人生で大切なことは全て旅から学べる
ビジョン:価値観の合う仲間と家族ぐるみの付き合いをし、老後はシェアハウスを作って共同生活をする
最近ハマっていること:旅先でドローンを使っての映像撮影をすること。


◆小熊弥生『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』







◆小熊弥生『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』
を読み解く


※要旨


・英語力を格段にあげる「ブツブツ反復」とは、当時の私にお金と時間がなかったことから自然に生まれた学習法。
受身で聞くだけでなく、自分の口でいうというのは、英語をものにするのに非常に効果的だった。
単語や文章をひたすら呟く。


・英語が伸びる人、伸びない人の差は目標設定にあり。
英語を使って何がしたいかをイメージする。


・語源、類義語、対義語でボキャブラリーはどんどん増える。
単語は芋づる式に増やす。


・映画や音楽を利用し、感情を使って単語を覚える。
人間の脳の「感情を伴うと記憶に残りやすい」という性質を使えば、ほかにも上手に単語を増やせるシーンがある。


・日本語には訳さない。
リーディングは、TOEICやTOEFLなどの試験対策はもちろん、ビジネスのための情報収集などにも欠かせない重要なスキル。
リーディング力を磨くには「大量の読み流し」を!
出合った単語をすべて覚える必要は無い。
最初は自分が詳しいジャンルを選ぶ。


・TOEIC攻略のポイントを押さえる。

1.まずは単語力を伸ばすことをに力を入れる。
単語力だけでも700点は取れる。

2.リスニングは耳を鍛え、解き方のコツを押さえておく。

3.文法はパターン学習。
問題集を解き、解説を読んでパターンを身につけろ。

4.リーディングは「全部読まず、要点をピックアップして解く」力をつける。


※コメント
彼女から学べることは、やればできる、といったことだろう。
さまざまな壁があっても、すぐやり、急いでやれば、突破できる。
語学は一種の精神修行であり、テレビを見る暇があったら、エイヤ!ですぐに取り掛かろう。




★小熊弥生『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2w21WOj





◆小熊弥生『マインド・ブレイクスルー英語』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/vKdo5VfJ/



★初月無料。翌月より、月々4,980円。



★小熊弥生、略歴。



通訳歴20年。 TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。
独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。
その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。

◆小熊弥生『マインド・ブレイクスルー英語』ご紹介。





◆小熊弥生『マインド・ブレイクスルー英語』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/vKdo5VfJ/



★初月無料。翌月より、月々4,980円。



★小熊弥生、略歴。



通訳歴20年。 TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。
独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。
その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。


2017年1月28日に日本と海外を橋渡しするブリッジインターナショナルを起業。
その後、わずか一年で年商3倍、半年でさらに倍に。



※出版実績


『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』(幻冬舎)
『英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』(中経出版)
『5000の場数を踏んだ同時通訳者が教える「本当に」ビジネスで通じる英語フレーズ643』 (講談社パワー・イングリッシュ)
『TOEICテスト280点から同時通訳者になった私がずっと実践している英会話の絶対ルール』(KADOKAWA)




現在は「英語の明治維新を起こす」を合言葉に、
「小熊式超時短英語インストール勉強法」×「海外の成功法則」を
一気に手に入れる英語スクールを主宰し、3ヶ月〜6ヶ月で、年収2倍、
外資系企業へのキャリアアップ、初心者でも海外セミナーを通訳なしで理解できた、
バイリンガルでも難しい同時通訳デビューを果たすなど、
受講生に圧倒的な成果が続出し、大反響をもたらしている。



◆安部司『食に関する集中レクチャー』ご紹介。



◆安部司『食に関する集中レクチャー』ご紹介。



http://directlink.jp/tracking/af/693532/4JsvYR6X/



★安部司[あべ・つかさ]プロフィール


1951年 福岡県福岡市の農家に生まれる。

山口大学文理学部化学科卒業。


総合商社食品課に勤務。食品および添加物に関わる仕事に従事。


退職後、加工食品の開発、海外(中国、アメリカ、東南アジア地域)に
おける食品の開発輸入に携わり、
現在は無添加食品の開発や伝統食品の復興、
有機農産物の販売促進に取り組んでいる。


食品添加物の現状、食生活の危機を訴えた『食品の裏側』(東洋経済新報社)は
中国、台湾、韓国でも翻訳出版され、
70万部を突破するベストセラーとなり、
新聞、雑誌、テレビにも取り上げられるなど大きな反響を呼んでいる。


《取得資格》
農水省有機農業JAS判定員、
経産省水質第一種公害防止管理者、
食品製造関係の特許4件取得。




◆ハプスブルク家と真の皇統譜。禁断の系譜。落合莞爾の機密情報。



◆ハプスブルク家と真の皇統譜。禁断の系譜。落合莞爾の機密情報。



http://directlink.jp/tracking/af/693532/fg39BjcX/



★ポイント


・これまでの世界史を完全にひっくり返す衝撃の大発見。
ついに明かされる禁断の系譜。


・誰も知らないハプスブルク家初代皇帝フリードリヒ3世の実父の正体。


・「歴史上最弱の皇帝」、「帝国第一の就寝帽」と呼ばれ、
「神聖ローマ帝国の大愚図」とまで蔑まれたフリードリヒ3世は、
なぜ約50年も皇帝として君臨できたのか。


・皇室とハプスブルク家の系譜が交差する聖域「アルザス」。
ドイツとフランスに挟まれ、幾度となく戦禍に見舞われた土地。
知られざるアルザスの秘密が明らかに。


・時は1288年、半年違いで御生れになった二人の親王。
この時の、皇室とハプスブルク家を繋ぐシナリオ。



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ