『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

March 2018

◆落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』を読み解く






◆落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』を読み解く




※要旨


・小栗忠順は欧州大統宮の子孫である。


・1336年からはじまる南北朝対立の本質は、
人類社会の場である地球の物理的条件と、人類社会の
本質たる分業制により必然的に出現する地政学的対立なのだ。


・大陸勢力は土地を囲い込んで耕地化し、
これに農奴を縛り付けて搾取する。
一方、海洋勢力は海岸での食糧捕獲に注力しつつ、
多種の水産物を広く交易することで、商業利潤を求める。


・「満鮮経略」は国体参謀本部の最高機密だった。


・最近、
「毛利家が版籍奉還と引き換えに全国の土木利権を要求し、これを獲得した」
と聞いて、ようやく腑に落ちた。
毛利氏は古代のスーパー・ゼネコン土師氏が改姓した大江氏の分流だ。


・長崎巨大軍港の建設は「イエズス会対策」であった。


・国体大名・鍋島家と黒田家に命じられたのが「長崎御番」である。


・喫緊の必要もなかった「朝鮮への使節派遣論」に、
なぜ西郷隆盛が固執したのか。
ワザとした芝居だ。
薩摩の伝統政策である「台湾経略」を成功させるために、
秘かに行っていた外征準備を内外の眼から隠す必要があった。
西郷はそのために、あのような芝居を打ったのだ。
彼は何でも知っていたのだ。


・薩摩藩が秘密裏に決定していたのが、台湾派兵である。


・鍋島家が佐世保軍港をめぐる土地その他の利権を確保していた。
軍港を含むその利権は一般が想像もつかぬほど巨大なもので、
肥前藩主鍋島家が版籍奉還の対価としてこれを得たことを隠すため、
漠然と管轄地域を佐世保を含む長崎県一帯と発表したのだ。




※コメント
空想力というのは、ときに必要だ。
頭の体操、シュミレーションの能力があるだけで、
いろいろ選択肢が広がる。
そのための教材としては最適だ。


★落合莞爾『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2hncsH7







◆落合莞爾『西郷隆盛の密命、天皇の歴史に殉職した男』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/oRDdY4iI/


★ポイント


・西郷隆盛の密命は薩摩の密命。
薩摩の秘史の解明は、フィリピン黄金伝説にまで発展します。


・山下奉文、石原莞爾、辻政信、甘粕正彦、そして、マッカーサー。
第二次大戦の大人物達が世界の裏側で何をしていたのか。


・天皇に触れずして、明治の元勲、維新の英傑、諸大名を調べ尽くしても栓なきこと。


・天皇の本当の歴史を解き明かした時、
西郷隆盛が真に仕えし者の正体、密命、機密戦略、世界構想が手に取るように見えてきます。





◆泉秀樹『西郷隆盛と大久保利通』を読み解く



◆泉秀樹『西郷隆盛と大久保利通』を読み解く


※要旨


・薩摩隼人を育んだ郷中教育のすさまじさ。
7歳からの15歳ぐらいまでの稚児は、毎日、指定された場所に、
午前と午後に集合して剣術、相撲、旗取りなどの練習を行った。
これを稚児頭が指揮し、さらに15歳以上の二才が指導した。
また『大学』『論語』なども読み合った。


・二才は藩校の造士館で朱子学を教材に漢学、習字を習い、
午後になるとそれぞれの師や友人とともに学問、武技の練習を行い、
稚児たちの指導に当たった。


・そして、三大行事があった。
『曾我兄弟』の輪読と、島津義弘の菩提寺・妙円寺まで完全武装の行軍、
『赤城義臣伝』の輪読の3つである。
曾我兄弟の「孝」を学び、関ヶ原の敗北を噛みしめ、赤穂浪士の「忠」を学ぼうという集団行動である。


・肉体を鍛え、忠孝の心を養い、質実剛健の貴さを学ぶ若者達は、長幼の序を厳しくしつけられた。


・このような共同体の中で、ともに育っていく仲間の結びつきは、
兄弟よりもある意味では強い精神的な肉親感とでも呼ぶべき信頼関係を育てた。


・下加治屋町はわずか70戸で、この郷中から西郷隆盛・従道兄弟、大山巌、東郷平八郎などが出た。
大久保利通もこの郷中で、西郷とは早くから親しかった。



・島津斉彬は派手好きな島津重豪ゆずりで蘭学を好み、
そのスケールの大きさは絶品といわれていた。



・スケールのケタが違う勝海舟。
勝との話し合いの後、西郷は、
「最初は徹底的におさえこもうと思っていたが、話にはまことに感服した。
学問見識に優れた人はほかにもまだいるが、日本の現状についての判断は、勝先生が一番です」
と述懐した。



※コメント
幕末維新の大物には、面白い人が多い。
多くの修羅場を経験した彼らは、威厳というものが身についている。




★泉秀樹『西郷隆盛と大久保利通』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1gQFt76







◆落合莞爾『西郷隆盛の密命、天皇の歴史に殉職した男』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/oRDdY4iI/


★ポイント


・西郷隆盛の密命は薩摩の密命。
薩摩の秘史の解明は、フィリピン黄金伝説にまで発展します。


・山下奉文、石原莞爾、辻政信、甘粕正彦、そして、マッカーサー。
第二次大戦の大人物達が世界の裏側で何をしていたのか。


・天皇に触れずして、明治の元勲、維新の英傑、諸大名を調べ尽くしても栓なきこと。


・天皇の本当の歴史を解き明かした時、
西郷隆盛が真に仕えし者の正体、密命、機密戦略、世界構想が手に取るように見えてきます。




◆加治将一『西郷の貌(かお)、明治政府の偽造史』を読み解く




◆加治将一『西郷の貌(かお)、明治政府の偽造史』を読み解く


※要旨



・維新の三傑、西郷隆盛の人気は抜群だ。
鹿児島だけでなく、東北でも莫迦受けだ。



・上野の西郷さんには明確な意図がある。
裏に隠された思惑を読むのは難しくない。

上野の西郷像は、どの確度から見ても大日本帝国の陸軍大将ではない。
ぽんと突き出た丸い腹を見て、軍神や稀代の政治家といったイメージを持つ人はいないだろう。
犬をかわいがる、ほのぼのとした田舎のおじさんといった風情だ。


・もし仮に銅像が勇ましき軍人像なら、その放つオーラが旧武士たちをいたく鼓舞し、
不穏な空気が漂う。
つまり反乱の要となる。
明治政府が、西郷さんの本当の姿をほのぼのとした肖像画へすり替えたのだ。



・西郷の出世の切っ掛けは、第11代薩摩藩主、島津斉彬だ。
大抜擢にあづかるのだが、下級武士の出世のチャンスは、たいがい庭方役という役職にある。
現代風にいえば、社長の個人秘書兼セキュリティーガードだ。

秘書であるからには読み書きは必須だ。
切れ者でなければならない。
広い知識があって、機をみるに敏でなくてはならず、
セキュリティーガード役であるからには腕が立たなくてはならない。

頭はビジネス的で、身体は体育会系が条件だ。



・幕末維新の古文書、手紙、資料を読む場合、気をつけなければならないことがある。
当時を想像し、その懐に飛び込んでみることだ。
周りはスパイだらけだ。
漂う緊張感。

本当のことも書けない。
したがって障りのある記述はすべて暗号になっている。
歴史家は、その暗号に気をつけながら裏を読み解かなければならない。



・俳人、松尾芭蕉は忍者の古里伊賀の男だ。
地方を旅し、多くの俳句を残しているが、異常なまでの速足とこれまた尋常でない見聞域の広さから、
徳川の隠密忍者ではなかったか、という説が昔からある。



※コメント
加治氏の仮説は、歴史好きの人々を魅了する。
興味深い話がボロボロ出てきて、歴史のロマンを感じる。
どんな出来事のも裏表があることを教えてくれる。
自分の固定概念を外し、常に情報をアップデートすることを心がけたい。



★加治将一『西郷の貌(かお)、明治政府の偽造史』
のご購入はこちら↓

http://amzn.to/OpO860






◆落合莞爾『西郷隆盛の密命、天皇の歴史に殉職した男』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/oRDdY4iI/


★ポイント


・西郷隆盛の密命は薩摩の密命。
薩摩の秘史の解明は、フィリピン黄金伝説にまで発展します。


・山下奉文、石原莞爾、辻政信、甘粕正彦、そして、マッカーサー。
第二次大戦の大人物達が世界の裏側で何をしていたのか。


・天皇に触れずして、明治の元勲、維新の英傑、諸大名を調べ尽くしても栓なきこと。


・天皇の本当の歴史を解き明かした時、
西郷隆盛が真に仕えし者の正体、密命、機密戦略、世界構想が手に取るように見えてきます。



◆マーケティングコーチ養成講座、北野哲正方式。

◆マーケティングコーチ養成講座、北野哲正方式。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/lH7zuEYT-lpc427lG/



★北野哲正、略歴。


慶応義塾大学経済学部卒業。
香川県出身。

ワコール、リクルートを経て、コピーライターとして独立。

2006年8月、マーケティング&コーチングの専門会社「パレードM&C」を設立。2013年に株式会社コンサルタントラボラトリーへ移行する。


コンラボでは、コーチ、コンサルタント、セラピスト、カウンセラー、士業、整体師などの“コンサル型ビジネス”、“無形商品型ビジネス”における独立・起業・集客・プロモーション支援に特化した活動を行う。



◆7ライセンス、7つの資格を10日で取るプロジェクト。田中式。

◆7ライセンス、7つの資格を10日で取るプロジェクト。田中式。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/DPf5fMdV-AARZXT7h/


→以下の7つの資格が10日間で取得できる


NLP
催眠
脳科学
瞑想
NLPコーチング
心理学
ヒプノセラピー



★田中誠、略歴。

1958年生まれ 59歳

名古屋工業大学卒業後、大手会社へ入社。

研究職につきながら、「言葉」の持つ力に興味を魅かれ、 「言葉」と「心理学」について30年以上、研究。

「心理学」「脳科学」など、30以上の資格を取得し、 さらに、独自の研究を合わせることで、日本人に合う手法を編み出し、 実績はのべ1万9000人、リピート率は100%

現在「株式会社ヒューマン総合研究所」代表取締役を務める。


◆旅美トレ・リッチの極意、廣田方式

◆旅美トレ・リッチの極意、廣田方式


http://directlink.jp/tracking/af/237165/LnfMWiza-Y1mgTaY4/



・旅美トレRICHとは、
「旅」「美」「トレード」を組み合わた、
新しいライフスタイルの造語


・本物の情報を手に入れられる世界的ネットワークの正体


・女性の感性を活かしたトレード術

◆徳山暉純『時空を超える指導者の指南書』ご紹介。

◆徳山暉純『時空を超える指導者の指南書』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/J4tzXnp3/


→このメソッドは、
皇室・公家・武家の間で脈々と受け継がれた。


→明治維新後、日本資本主義の父・渋沢栄一氏と
日産コンツェルン創始者・鮎川義介氏に託された。


→渋沢栄一氏は
わずか一代で500社もの大企業を育て上げた。


→鮎川義介は、
現在の日産グループ・日立グループ各社を
はじめとする160以上の大企業を育て上げ、
わずか一代で、三井・三菱を凌ぐ財閥・
財閥・日産コンツェルンを築き上げました。


→彼らが活用した経営指南書について。


◆落合莞爾『西郷隆盛の密命、天皇の歴史に殉職した男』ご紹介。

◆落合莞爾『西郷隆盛の密命、天皇の歴史に殉職した男』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/oRDdY4iI/


★ポイント


・西郷隆盛の密命は薩摩の密命。
薩摩の秘史の解明は、フィリピン黄金伝説にまで発展します。


・山下奉文、石原莞爾、辻政信、甘粕正彦、そして、マッカーサー。
第二次大戦の大人物達が世界の裏側で何をしていたのか。


・天皇に触れずして、明治の元勲、維新の英傑、諸大名を調べ尽くしても栓なきこと。


・天皇の本当の歴史を解き明かした時、西郷隆盛が真に仕えし者の正体、密命、機密戦略、世界構想が手に取るように見えてきます。




◆鮎川義介、時空を超えて継承される真の指導者の指南書について。

◆鮎川義介、時空を超えて継承される真の指導者の指南書について。


http://directlink.jp/tracking/af/693532/J4tzXnp3/


→このメソッドは、
皇室・公家・武家の間で脈々と受け継がれた。


→明治維新後、日本資本主義の父・渋沢栄一氏と
日産コンツェルン創始者・鮎川義介氏に託された。


→渋沢栄一氏は
わずか一代で500社もの大企業を育て上げた。


→鮎川義介は、
現在の日産グループ・日立グループ各社を
はじめとする160以上の大企業を育て上げ、
わずか一代で、三井・三菱を凌ぐ財閥・
財閥・日産コンツェルンを築き上げました。


→彼らが活用した経営指南書について。


◆海外不動産投資の戦略プラン、内藤方式。


◆海外不動産投資の戦略プラン、内藤方式。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/aSME6KFu-ctQcbBIw/



★ポイント


・海外不動産の実践ケーススタディ。


・仮想通貨の賢い使い方、始め方。


・分散投資実践シート。



★内藤忍、略歴。


1964年生まれ(53歳)

1986年に東京大学経済学部卒業

学卒後は住友信託銀行に入社し、資金為替部にて
為替ディーリング業務、また為替オプション、債券先物、
スワップなど様々な金融商品を使った運用業務に従事。


1991年にMITスローン・スクール・オブ・マネジメントに留学し、
MBAを取得する。


2011年、クレディ・スイス証券プライベート・バンキング本部ディレクター


2013年に資産デザイン研究所および一般社団法人海外資産運用教育協会を設立。

著書 累計30冊以上 累計50万部以上
国内外に不動産 8カ国 10以上の物件所有










QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ