『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

August 2018

◆角田和将、『速読日本一が教える、1日10分速読トレーニング』を読み解く




◆角田和将『速読日本一が教える、1日10分速読トレーニング』を読み解く



※要旨



・まずは速く読めるようになること。
理解はその後でいい。


・もっと言うと、
読む速度と理解度は関係ない。
たとえ、ゆっくり読んだからといって、
その分しっかりと理解できるわけではない。


・速読上達の鉄則は、
完ぺき主義を排除すること。


・本をたくさん読むことで
人生が豊かになる。


・本を読むことは一流の考えに触れること。


・読まない、理解しない、
視ることだけに集中すること。



・普通に読んで、理解できないものは、
速読をしても理解できない。


・文章を理解する、という一つの行動は、


「単語の意味を認識する」→「単語間のつながりを認識する」


という2つのプロセスに分解できる。


・右脳が活性化すると、
目標達成力が高まる。



※コメント
すさまじいスキルだ。
この速読を身につければ、
人生や仕事が高速回転で回りだす。



★角田和将
『速読日本一が教える、1日10分速読トレーニング』
の詳細,amazon購入はこちら↓



https://amzn.to/2PjwKlM







★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。
角田式速読術のポイント。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/GNDUcy6k-l0PbQPA3/




今回のキャンペーンは、

速読一、累計24万部速読本の
著者である角田和将が、


眼筋&右脳の能力を最大限に活かした
『記憶できる速読術』を習得する方法をお伝えします。


2010年に速読日本一のタイトルを獲り、
速読講師としても1000人以上の受講者に
速読をマスターさせた、確かな実績を持つ

角田和将がレクチャーする
キャンペーンとなっております。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


◆角田和将『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』を読み解く


◆角田和将『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』を読み解く




※要旨


・なぜ多くの成功者は速読を身につけたがるのか。


・ビルゲイツは、
かつて「あなたがもっともほしい能力は何か」
と聞かれ、
「本を高速で読む能力だ」
と答えた。


・彼以外にも、
JFケネディ大統領や司馬遼太郎など、
速読を実践していた人は、
世界中に数多くいる。


・彼らは多忙だ。
限られた時間のなかで
良質な情報を得るために、
たくさんの情報に触れ、
良質なものを見極めなくてはならない。


・新聞や本を読むスピードが速くなったり、
理解度が増すと、
頭の回転が速くなり、自信も生まれる。


・「読む」のではなく「見る」を心がける。


・わたしの考える「速読ができる」とは、
読んで理解するのではなく、
「見て理解する、に切り替える」
ということ。


・速読トレーニングで
頭の回転を加速させる。


・早く見る訓練をすればするほど
速度に耐えうる理解力がついてくる。


・理解力は「高速で見る力」に追随する。


・「内容を理解すること」より
「高速で見ること」を優先して
トレーニングする。


・速読は、筋トレと同じ。




※コメント
目から鱗の方法が詰まっている。
いろいろ試して、
速読のスキルアップを図りたい。




★角田和将『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』
の詳細,amazon購入はこちら↓




https://amzn.to/2PNidzY








★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。
角田式速読術のポイント。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/GNDUcy6k-l0PbQPA3/




今回のキャンペーンは、

速読一、累計24万部速読本の
著者である角田和将が、


眼筋&右脳の能力を最大限に活かした
『記憶できる速読術』を習得する方法をお伝えします。


2010年に速読日本一のタイトルを獲り、
速読講師としても1000人以上の受講者に
速読をマスターさせた、確かな実績を持つ

角田和将がレクチャーする
キャンペーンとなっております。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


★角田和将の著作一覧リスト。角田式速読術メソッド。


★角田和将の著作一覧リスト。角田式速読術メソッド。





『速読日本一が教える、すごい読書術』
【短期間で記憶に残る最強メソッド】

https://amzn.to/2PQFdxV



『1日が27時間になる!速読ドリル』


https://amzn.to/2PUL5GG



『 1日が27時間になる!速読ドリル 短期集中編』



https://amzn.to/2wr4XZM



『速読日本一が教える 1日10分速読トレーニング』

https://amzn.to/2PjwKlM



『行動する時間を生み、最速で結果を出す速読思考』


https://amzn.to/2PQ8skI



『遊びながら本を読む習慣が身につく!ふしぎな読書ドリル』

https://amzn.to/2C2o7KS





『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』


https://amzn.to/2PNidzY





★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。角田式速読術のポイント。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/GNDUcy6k-l0PbQPA3/





★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。角田式速読術のポイント。



★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。角田式速読術のポイント。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/GNDUcy6k-l0PbQPA3/




今回のキャンペーンは、

速読一、累計24万部速読本の
著者である角田和将が、


眼筋&右脳の能力を最大限に活かした
『記憶できる速読術』を習得する方法をお伝えします。


2010年に速読日本一のタイトルを獲り、
速読講師としても1000人以上の受講者に
速読をマスターさせた、確かな実績を持つ

角田和将がレクチャーする
キャンペーンとなっております。



★角田和将の著作一覧。


■速読日本一が教える すごい読書術
【短期間で記憶に残る最強メソッド】

■ 1日が27時間になる!速読ドリル

■ 1日が27時間になる!速読ドリル 短期集中編

■速読日本一が教える 1日10分速読トレーニング

■行動する時間を生み、最速で結果を出す速読思考

■遊びながら本を読む習慣が身につく!ふしぎな読書ドリル

■ 「節約ゼロ」で毎月3万円たまる貯金ドリル

■頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング

累計発行部数24万部以上



★Webサイト制作スキルの習得、フリーダム、ご紹介。兵頭方式。



★Webサイト制作スキルの習得、フリーダム、ご紹介。




http://directlink.jp/tracking/af/237165/fmlXxa5C-BKz6OxFW/


★ポイント

→Webデザイナー、兵頭慧持(ひょうどう・さとし)がレクチャー。


→Webデザイナー育成プログラム


→Webデザイナーで自由に稼ぐ


→一度習得したスキルは一生使える


→誰でもプロレベルのWebサイトが作れます


→Webデザイナーは、このすべてのことがPC1台だけで完結します





★ルトワック『日本4.0:国家戦略の新しいリアル』新刊本、ご紹介。



★ルトワック『日本4.0:国家戦略の新しいリアル』新刊本、ご紹介。



新刊本、ご紹介。
◆エドワード・ルトワック
『日本4.0:国家戦略の新しいリアル』
   (奥山真司氏、翻訳)
の詳細、Amazon購入はこちら↓



https://amzn.to/2NiYqXj



★本書の主な構成はこちら★
  

→内戦を完璧に封じ込めた「1.0」=江戸、
包括的な近代化を達成した「2.0」=明治、
弱点を強みに変えた「3.0」=戦後。
そしていま、日本は自ら戦える国「4.0」に進化する


→日本に核武装はいらない。
必要なのは「先制攻撃能力」と「作戦実行メンタリティ」だ。



<ルトワック語録>


●日本のチャンスは北朝鮮の非核化が本格的に開始されてからだ。


●戦争で必要なのは、勝つためになんでもやるということだ。
そこにはズルをすることも含まれる。
目的は「勝つこと」であり、「ルールを守ること」ではないからだ。


●見事なパレードを行う軍隊は、ほぼ実戦で役に立たない。
無駄なことにコストを使っているからだ。


●米中の対立の主戦場は、
もはや軍事的な領域から、地経学(ジオエコノミックス)的領域に移りつつある。

●もし日本が本当にリアルな戦略を考えるならば、
最優先されるべきは少子化対策だ。







★著者について

→エドワード・ルトワック


ワシントンにある大手シンクタンク、米戦略国際問題研究所(CSIS)の上級顧問。
戦略家、歴史家、経済学者、国防アドバイザー。

1942年、ルーマニアのトランシルヴァニア地方のアラド生まれ。
イタリアやイギリス(英軍)で教育を受け、
ロンドン大学(LSE)で経済学で学位を取った後、
アメリカのジョンズ・ホプキンス大学で1975年に博士号を取得。

専門は軍事史、軍事戦略研究、安全保障論。国防省の官僚や軍のアドバイザー、
ホワイトハウスの国家安全保障会議のメンバーも歴任。








★ルトワック『日本4.0:国家戦略の新しいリアル』
(奥山真司氏、翻訳)
の詳細、Amazon購入はこちら↓



https://amzn.to/2NiYqXj



◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。



★高橋洋一『めった斬り平成経済史、失敗の本質と復活の条件』新刊本、ご紹介。







★高橋洋一『めった斬り平成経済史、失敗の本質と復活の条件』新刊本、ご紹介。


新刊本、ご紹介。



★高橋洋一『めった斬り平成経済史、失敗の本質と復活の条件』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2nIBllM








★本書の主な構成はこちら★




いよいよ平成が終わりを告げる
今こそしくじりから学び取れ!
「失われた30年」の真相と
日本経済再興への道筋


序章
したり顔で語られる、
プラザ合意とバブルの
ウソにだまされるな。
昭和55年ー昭和63年
(1980)ー(1988)


第1章
問題はバブル崩壊ではない。
原因の見誤りと後処理の迷走だ。
平成元年ー平成8年
(1989)ー(1996)


第2章
官僚も金融機関もマスコミも、
「改革」という言葉を叫びさえ
すればいいと思っていた。
平成9年ー平成12年
(1997)ー(2000)


第3章
実は、デフレと円高の
二重苦を退治する
チャンスはいくらでもあった。
平成13年ー平成19年
(2001)ー(2007)


第4章
乱世だからこそ
「ハトヤマノミクス」も
あり得たのだが……。
平成20年ー平成23年
(2008)ー(2011)


第5章
今も決して悪くはないが、
日本経済にはもっともっと
伸び代が残っている。
平成24年ー平成31年
(2012)ー(2019)




◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。









★高橋洋一、『愛国のリアリズムが日本を救う』、新刊本、ご紹介。




★高橋洋一『愛国のリアリズムが日本を救う』、新刊本、ご紹介。


新刊本、ご紹介。


★高橋洋一『愛国のリアリズムが日本を救う』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2nECrim





★本書の主な構成はこちら★


国益と政策的合理性の追求


第1章 規制緩和は愛国・国益に適う


行政は「需給関係」に口を出すな
福澤諭吉の「立国は私なり。公に非ざるなり」


第2章 なぜアベノミクスは成功したのか


デフレ不況からの脱却のめどを立てたアベノミクス
経済学を文系の学問にした弊害


経済が好循環になればすべてが上手くいく
銀行だけが叫ぶ日銀の出口戦略
金融政策がもたらしたインバウンドの増加


第3章 国益に適う外交とは

朝鮮半島が社会主義国家化する危険性

中国の動向と外交政策のポイント
集団的自衛権は戦争のリスクを軽減する
総理大臣は雇用と外交で評価される








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


★箕輪厚介『死ぬこと以外かすり傷』、新刊本、ご紹介。




★箕輪厚介『死ぬこと以外かすり傷』、新刊本、ご紹介。


新刊本、ご紹介。

★箕輪厚介『死ぬこと以外かすり傷』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2PbQlVX





★本書の主な構成はこちら★


こっちの世界に来て革命を起こそう


第1章【考え方】予定調和を破壊せよ

・トラブルに身を投げろ!
・バカなことにフルスイングせよ
・安全安心を破壊せよ
・言ってはいけないことを言ってしまえ
・退屈な世界に火を放て

第2章【商売のやり方】自分の手で稼げ

・意識くらい高く持て
・誰も行かない未開を行け
・社員を奴隷にする会社は捨てろ
・ブランドを稼げ、未来を稼げ
・帰る場所がある人間にひとは熱狂しない

第3章【個人の立たせ方】名前を売れ

・ヒーローインタビューを想像せよ!
・恥をかけ、血を流せ
・風呂敷を広げろ
・教祖になれ

第4章【仕事のやり方】手を動かせ

・今やれよ!
・スピードスピードスピード!
・量量量!
・熱狂に出会うための自然消滅のススメ
・何か一つでトップになれ

第5章【人間関係のつくり方】

・丸裸になれ
・憑依レベルでブンセキせよ
・目的だけをにらみつけろ

第6章【生き方】熱狂せよ

・ただ熱狂せよ
・自分の体で実践する
・識者や業界人の評価などいらない
・この世に受け入れられない才能を愛する
・努力は夢中に勝てない







◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。



★阿比留瑠比、『だから安倍晋三政権は強い』新刊本、ご紹介。


★阿比留瑠比『だから安倍晋三政権は強い』新刊本、ご紹介。



★阿比留瑠比『だから安倍晋三政権は強い』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2nJpsw2




★本書の主な構成はこちら★




序章 だから安倍晋三政権は強い

第1章 「北朝鮮隠し」はもうできない

第2章 自殺行為の「安倍大嫌い」

第3章 国民をバカにした「疑惑」

第4章 お花畑の「ノット・アベ」

第5章 野党の支持率は上がるわけがない

第6章 隠しきれなくなった倒錯




《本書には、主流派メディアや野党、そして彼らに立ち位置が近い自民党議員らが、
どれほど平たい事実をゆがめ、
摩訶不思議に描いてきたかを伝える目的がある。

彼らの論理と現実認識がいかに逆立ちしたもので、
事の軽重と優先順位を取り違えた独善的でとんちんかんなものであるかを。

ただの古くさいイデオロギーに囚われた夢想家が、
自らの妄想と思い込みに基づきいかに攻撃を仕掛けてきても、
現実に根ざし、実際に力強く前に進んでいる安倍政権の方を、
国民が認め、選択するのは当然のことだろう。》
(「はじめに」より)








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ