『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

March 2019

◆「元号」を学ぶ、3冊の重要文献。

◆「元号」を学ぶ、3冊の重要文献。


★所功『元号。年号から読み解く日本史』
の詳細、Amazon購入はこちら↓

https://amzn.to/2Ugv7f3



★山本博文『元号。全247総覧』
の詳細、Amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2uzhysw



★別冊宝島『歴代天皇と元号秘史。完全保存版』
の詳細、Amazon購入はこちら↓

https://amzn.to/2TLcueP







◆徳山暉純、講演録メモ(その2)『日本の経済力と大和魂の関係』を読み解く








◆徳山暉純、講演録メモ(その2)『日本の経済力と大和魂の関係』を読み解く

(徳山先生の動画セミナーより、独自まとめ)



※講演メモ


・酒場で、酔って「天下国家」を語れ。
最近そういう人がいなくなった。


・外国で40年間暮らすと、日本の良さがわかる。
白洲次郎の方式だ。


・芸術家が、普通の教育を受けたら邪魔になる。
ピカソやダリを見ればわかる。


・自分の人格向上をせよ。
そして愛のグレードアップをせよ。


・アップル社のキャンパスには、中庭がある。
ジョブスが禅から学んだ、
『悟り』『一円相』をあらわしている。


・スティーブ・ジョブスの大切にしている言葉に
『初心』がある。


・素晴らしい刀には、
日本の精神のすべてが入っている。


・日本人は日本の歴史を知らないから、
いま、実力を発揮できていない。
日本本来の大切な哲学を学べば、
経済でも政治でも実力を発揮できる。


・大実業家は、信仰心が厚い。
インスピレーションが
そこから生まれる。
気の力を知れば、
多くのパテント、音楽、芸術を
生み出すことができる。


・人の話を聞いていると、
良いコンテンツを生み出せない。


・渋沢栄一さんを超えられる
大実業はまだ日本に生まれていない。


・無私奉公の精神を知れば
大実業家への道が開かれる。
天命を知れ。


・映画『ラスト・サムライ』のモチーフは
西南戦争である。
両方とも正義の戦い。
西洋哲学と東洋哲学の戦いであった。


・アメリカは、日本人を待っている。
一緒にビジネスをやりたがっている。


・日本を学び、
世界で活躍した偉人たちの期待に応えろ。
社会の繁栄と世界の発展に貢献せよ。


・「日本」のことを
トム・クルーズは「誇り」と表現し
フランク・ライトは「原点」といい
スティーブ・ジョブスは「憧れ」と語り、
ドラッカーは「理想社会」を唱えた。


・結婚とは、
本物の愛が問われるシナリオのないドラマである。


・日本は、戦艦大和をつくり
空母をつくり、ゼロ戦をつくった。
だから、なんでもできる。
力があるのだ。


・古代につくられた
「出雲の銅剣」や「東大寺の大仏」は
世界最高の技術である。


※コメント
何度聞いても、
新しいヒラメキが生まれる。
古くて新しいエッセンスが詰まっている。



◆大和魂の経済力。古代から続く日本の精神力と底力。Webセミナー。
(4月3日、再放送予定)


https://realisasp.com/lp/25717/949487/



★ポイント


聖徳太子、吉田松陰、
井上馨、渋沢栄一、
鮎川義介の系譜に学ぶ。


→「日本資本主義の父」渋沢栄一氏の偉業の背景


★講師、徳山暉純、プロフィール。


日産グローバル株式会社、取締役
日本産業、鮎川義塾、塾長


日本の精神、インド哲学、中国哲学など東洋思想を継承する家系に生まれ、
日本の文化振興活動に尽力。
大阪四天王寺大講堂壁画の作成、
上野の森美術館展覧会、各種文化教室等を開催する。




◆連続起業家、養成プロジェクト。丸山方式。ご紹介。

◆連続起業家、養成プロジェクト。丸山方式。


https://icckame.com/lp/27072/949152



【連続起業家、シリアルビジネスオーナー養成講座】
とは、丸山宏之先生が
ブライアン・トレーシー、トニー・ロビンス、
ケン・ブランチャード、マイケル・ガーバーなど、

アメリカ最高峰の経営者、コーチから
1億円を超えるコンサルフィーを払って、
世界最高の最高の教えを受け、それを実際に実践し

会社売却益1000億円以上を達成。

さらに、アメリカ最高峰の経営者が集う
コミュニティ「コンビーン」のコーチとして

メンバーに指導して結果を出させた
再現・実証済みの経営マネジメント術です。



★ダイレクト出版、一覧その2




★ダイレクト出版、一覧その2





★『コンテンツ・マーケティング64の法則』
(著者:アン・ハンドリー)
販売価格:2,980円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/52uBrf0t/



★『クロージングの心理技術21』
(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)
販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/pSw71woV/




★『ザ・ローンチ』
(著者:ジェフ・ウォーカー)
販売価格:3,700円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/xWfgTSh1/


★『「右腕採用力」養成講座』
(著者:ジェフ・スマート/ランディー・ストリート)

販売価格:3,700円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/XCxTQFcz/




★『社長の生産性を上げるシステム思考術』
(著者:サム・カーペンター)
販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/LiIF0mqf/



★『脳科学マーケティング100の心理技術』
(著者:ロジャー・ドゥーリー)
販売価格:3,700円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/Lcij7go5/



★『オンライン・コンテンツの作り方』
(著者:アン・ハンドリー/C・C・チャップマン)

販売価格:3,700円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/po6jHAGN/



★『日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』
(著者:マイケル・ポート)
販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/Du1Heq3S/


★『説得の心理技術』
(著者:デイブ・ラクハニ)

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/Mc9zdt1h/



★『現代広告の心理技術101』
著者:ドルー・エリック・ホイットマン)
販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/OhCZrcqd/



★『テッド・ニコラスのコンサルタント起業成功大全』
(著者:テッド・ニコラス)
販売価格:3,700円
送料のみ:550円(キャンペーン中のみ)


http://directlink.jp/tracking/af/253378/2EEIRrKS/



★『世界一ずる賢い価格戦略』
(著者:ダン・ケネディ、ジェイソン・マーズ)

特別価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/99YDG02L/



★『世界一シビアな「社長力」養成講座』
(著者:ダン・ケネディ)

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/RfkPDu1G/



★『屁理屈無し、社長のための時間の使い方』
(著者:ダン・ケネディ)


販売価格:3,700円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/9YoATOCW/



★『億万長者の不況に強いセールス戦略』
(著者:ダン・ケネディ)

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/EwT3blYH/


★『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
(著者:ダン・ケネディ)

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/58EAFXDf/


★『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』
(著者:ダン・ケネディ)

販売価格:3,700円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/Du5yBfaa/



★『大富豪の仕事術』
(著者:マイケル・マスターソン)

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/dVZwZj1O/



★『パフォーマンスアップ3つの法則』
著者:スティーブ・ザフロン、デイヴ・ローガン

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/W9n26Z5I/



★『トライブ=人を動かす5つの原則』
(著者:デイヴ・ローガン他)

販売価格:3,700円


http://directlink.jp/tracking/af/253378/FxOrZBp4/




★渡辺惣樹さん、著作リスト。その1。


★渡辺惣樹さん、著作リスト。その1。



★渡辺惣樹『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』
(副題:フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2FyO6ch



★渡辺惣樹『第二次世界大戦、アメリカの敗北。米国を操ったソビエトスパイ』

の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2TXsPCe


★渡辺惣樹『戦争を始めるのは誰か。歴史修正主義の真実』

の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2OsYcyy



★渡辺惣樹『激動の日本近現代史。1852ー1941。歴史修正主義の逆襲』

の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2FvTDPA




★フーバー大統領『裏切られた自由:上巻』
(副題:フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症)
(渡辺惣樹、翻訳)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2OnLlxi



★フーバー大統領『裏切られた自由:下巻』
(副題:フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2FsFAug




◆フーバー大統領『裏切られた自由:下巻』を読み解く




◆フーバー大統領『裏切られた自由:下巻』を読み解く

(副題:フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症)

編者:ジョージ・ナッシュ。
翻訳:渡辺惣樹




※要旨


★訳者あとがき。


・「肩の荷が下りた」
これが本書の翻訳作業を終えた時の感慨であった。


・編者であるジョージ・ナッシュも言っているように
本書は歴史修正主義に立つ歴史書の傑作である。


・アメリカの元大統領ハーバート・フーバーと、
対日宣戦布告を議会を代表して容認した
共和党の重鎮フィッシュが、
戦後そろって歴史修正主義に立ち、
フランクリン・ルーズベルト大統領の外交を
厳しく批判している。
この事実はあの戦争を考えるさいに
決して無視することはできない。


・歴史観は読者が自らの頭で考えながら
醸成するものである。


・現在主流の歴史観は、
第二次世界大戦後に構築された国際連合による
集団保障体制を是とする「リベラル国際主義」に
立脚している。


・「リベラル国際主義」を正しいとする歴史家に
お願いしたいのは、
重要な事件を隠さないで堂々と論陣を張って
いただきたいということである。


・たとえば英仏両国の対独宣戦布告の理由は、
ドイツのポーランド侵入であった。
両国がポーランドの独立を保障していたからである。
それでは、なぜドイツの侵入に続いて
同国に攻め入りその東部を占領したソビエトには
英独が宣戦布告しなかったのか。


・リベラル国際主義は
共産主義とも通底する思想だからである。
フーバーは「ルーズベルト神話」作りの
スケープゴートにされたのである。


・フーバーはそうした策謀に挫けなかった。
20年余の歳月をかけて本書を完成させた。
彼は誠実であるがゆえに完全主義者でもあった。


・推敲を繰り返し、
新しい史実が発見されるたびに資料を追加した。
フーバーは他者への批判に抑制的でもあった。
それだけにそうした人物が生きているうちに
本書を発表するためらいがあった。


・フーバーは、第一次対戦が勃発するころには
すでに十分な資産を築いていた。
鉱山事業の成功による。
ロンドンで鉱山コンサルティングの会社を
経営していた彼の人生は、
大戦の勃発で180度変わった。


・ヨーロッパ大陸から続々と逃げてきた
アメリカ人同胞の帰国支援事業を
妻のルーと開始した。
この時から彼の人生は公的なものに変貌した。
十分に富を得た彼の母国への恩返しの
人生が始まったのである。
まさにクエーカー教の教えの実践そのものであった。


・フーバーが政治の世界に入ったのは
1921年のことである。
前年の大統領選で勝利したハーディング大統領より
商務長官に抜擢された。
つづくクーリッジ政権でも
引き続き商務長官を務めた。


・1928年には共和党大統領候補に推されて
選挙に勝利し第31代大統領となった。





※コメント
いままで、あまりフーバー大統領のことを知らなかった。
しかし、このような魅力的な人物がいたことに
学ぶ喜びを知った。



★フーバー大統領『裏切られた自由:下巻』
(副題:フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2FsFAug



★渡辺惣樹『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』
(副題:フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2FyO6ch




★★
フーバー大統領『裏切られた自由』の
分かりやすい解説本はこちら↓


◆藤井厳喜『太平洋戦争の大嘘』、書籍ご紹介。
送料のみで入手可能です。

価格:送料、550円。



http://directlink.jp/tracking/af/253378/DJxCtPEN/




★主な内容。


→「反日中毒が蔓延している」と反骨のフランス人ジャーナリストが喝破した


→フーヴァー大統領の『フリーダム・ビトレイド(裏切られた自由)』が明らかにしたルーズベルトの裏切り


→フーヴァーの勇気ある告発。ルーズベルトは誰のために戦争を始めたのか


→ルーズベルト神話は、いまだアメリカ社会に根強く生きている



◆フーバー大統領『裏切られた自由:上巻』を読み解く(その1)






◆フーバー大統領『裏切られた自由:上巻』を読み解く(その1)

(副題:フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症)

編者:ジョージ・ナッシュ。
翻訳:渡辺惣樹




※要旨


★編者、ジョージ・ナッシュの解説。


・ハーバート・フーバーのミステリアスな「大事業」。


・1951年11月、
広報専門会社役員のジョン・ヒルは、
ニューヨークでハーバード・フーバー元大統領と
夕食を共にしていた。


→二人の会話は、次のようなものだった。(要旨)

「世界はぐちゃぐちゃになりましたね」(ヒル)

「そのとおりだ」(フーバー)

「私はこの混乱は、我が国の政治家たちの失敗に
原因があると考えています。
この問題については誰かがしっかりとした本を
書き残すべきと思っています。
そうした本が出版されれば、長きにわたって
読み継がれる書になるはずです。
『世界を変えた15の戦い』と同様に
古典になるにちがいまりません」
(ヒル)


「全くその通りだ。
しっかりした本が書かれなくてはならない。
その第一章の内容がどんなものになるべきかは
今ここで君に教えることができる」(フーバー)

「1941年6月、ヒトラーはソ連との戦いを開始したが、
ルーズベルトはソ連を助ける側にまわった。
我が国はあの二人の馬鹿野郎を徹底的に戦わせればよかった。
それが第一章になる」(フーバー)


「素晴らしい本になるでしょう。
ぜひご自身でお書きになったらどうですか」(ヒル)

「僕には時間がない。君が書いたらどうかね」(フーバー)


→この会話の中でフーバーはある事実を隠していた。
彼はこの時点ですでに数年間にわたって
このテーマでの本の執筆を進めていた。


→1930年代から1945年までの
アメリカ外交を網羅的に扱い、
かつ批判的に叙述することがテーマであった。


・実は1963年に、
フーバーはこの趣旨の本の原稿を完成させていた。
彼は当初、メモワールのようなものを構想していた。
しかしやがて、あの戦争をじっくり再吟味し、
歴史修正主義者として、
ルーズベルトの誤った外交を告発する書になっていた。


・それは歴史修正主義者と呼ばれることに
まったく動じない覚悟のある内容であった。


・フーバーは書き上がった原稿に
「裏切られた自由」と
標題を付けていた。
実際フーバーの作業は「大事業」だった。


・彼は、1944年からおよそ20年間にわたって
膨大な量の原稿を書き、
繰り返し推敲している。
「大事業」がほぼ終了したのは
1963年9月のことであった。


・フーバーの命は1964年10月20日に尽きた。
90歳であった。


・フーバーの相続人は「大事業」を出版しないことに決めた。
それ以降およそ半世紀にわたって、
原稿はひっそりと誰の目にも触れることなく
保管されていたのである。


・いま読者が手にしている本こそ、
1963年から64年にかけて
フーバー自身が確認し最終的に
承認した原稿によって完成したものである。
したがって、歴史研究者の目に触れるのは
これが初めてである。






※コメント
フーバーの圧倒的な仕事量に
驚くばかりだ。
やはり大統領になるくらいの人は、
パワフルであり、
エネルギッシュである。




★フーバー大統領『裏切られた自由:上巻』
(副題:フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2OnLlxi




★渡辺惣樹『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』
(副題:フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く)
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2FyO6ch





★★
フーバー大統領『裏切られた自由』の
分かりやすい解説本はこちら↓


◆藤井厳喜『太平洋戦争の大嘘』、書籍ご紹介。
送料のみで入手可能です。

価格:送料、550円。



http://directlink.jp/tracking/af/253378/DJxCtPEN/




★主な内容。


→「反日中毒が蔓延している」と反骨のフランス人ジャーナリストが喝破した


→フーヴァー大統領の『フリーダム・ビトレイド(裏切られた自由)』が明らかにしたルーズベルトの裏切り


→フーヴァーの勇気ある告発。ルーズベルトは誰のために戦争を始めたのか


→ルーズベルト神話は、いまだアメリカ社会に根強く生きている



◆動画プロデューサー養成講座、ご紹介。桐山方式。

◆動画プロデューサー養成講座、ご紹介。桐山方式。


https://icckame.com/lp/26908/949152/




2020年から始まる“大動画時代”に乗り遅れるな。


テレビ・インターネット業界でも話題沸騰、
圧倒的にライバルが少ない超成長市場で、
クライアントに感謝されながら
一生涯使い続けられる“動画プロデュース起業”の方法を大公開。

・東京ゲームショーや阪神電車など大手企業からの依頼殺到

・ベルリン開催のビジネスフォーラムで最年少大トリで登壇

・東京、大阪にて動画プロデューサー育成サロンを運営



◆徳山暉純、講演録メモ『日本の経済力と大和魂の関係』を読み解く






◆徳山暉純、講演録メモ『日本の経済力と大和魂の関係』を読み解く

(徳山先生の動画セミナーより、独自まとめ)



※講演メモ


・経済現象も、自然現象である。


・「時をえる者は栄え、時を失う者は滅ぶ」(列子)


・会社でも家庭でも国家でも
地球の力を借りると、なんでもうまくいく。


・東洋哲学の大切さは、
明治、大正の人々はみんな知っていた。


・「人気、気持ち、気分」など
人間のもつエネルギーは計り知れない。


・日本の古来から伝わる帝王学は、
代々、皇室にも継承されている。


・「真正の利殖は、
仁義道徳につながらなければならない」
(渋沢栄一)


・「気の学問」は、
大和魂、武士道、道徳として
日本に長い間、継承されていきた。


・漢字は、生き方であり、日本人の心である。


・この国には、神社がコンビニより多い。
日本にたくさんの神社が残っているのには意味がある。
出光佐三さんは宗像大社を、
松下幸之助さんは伊勢神宮を支援してきた。
彼らは想像を絶するサポートをしてきた。
大経営者が、神社を大切することには意味がある。


・気分転換、陽気なライフスタイルを心がけるべし。


・武道をやると長生きする。
西洋のスポーツは、年を取ると体を壊しやすい。


・スティーブ・ジョブスは
最先端のITと禅を繋げた。


・ビートルズは、クラシックであり、
古典音楽につながるもの。
だからヒットした。


・経済は心がすべて。


・100円のために
頭を下げる経験をしたことのある人が
それを理解している人が、
商売と経済を極められる。


・鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーは、
苦労しているからこそ
人を見抜くことができた。


・「宇宙の生成発展の法則に
おおいに従えば物事は必ずうまくいく」
(松下幸之助)


・偉大な実業家や芸術家は
なんらかしらの信仰心をもっていた。
だからこそ、
物凄いインスピレーションが発揮された。


・東京は世界最強の都市である。
良い運気をもっている。
こんなにも神社仏閣が集まるところはない。


・大自然を守れ。
それにより、自らの運気はあがる。


※コメント
さまざまな新しい発見があった。
自らの国と歴史から大いに学ぶことがある、
と悟った。



この講演録メモの詳細は、
こちらの動画セミナーよりご覧ください。




◆大和魂の経済力。古代から続く日本の精神力と底力。Webセミナー。
(再放送あり)


https://realisasp.com/lp/25717/949487/



★ポイント


聖徳太子、吉田松陰、
井上馨、渋沢栄一、
鮎川義介の系譜に学ぶ。


→「日本資本主義の父」渋沢栄一氏の偉業の背景


★講師、徳山暉純、プロフィール。


日産グローバル株式会社、取締役
日本産業、鮎川義塾、塾長


日本の精神、インド哲学、中国哲学など東洋思想を継承する家系に生まれ、
日本の文化振興活動に尽力。
大阪四天王寺大講堂壁画の作成、
上野の森美術館展覧会、各種文化教室等を開催する。


また、日産グローバル株式会社取締役・鮎川義塾塾長として、
渋沢栄一氏や鮎川義介氏らの現物資料から思想を紐解き、
経営学に応用させた『景氣学』を教えるとともに、
自ら40年以前に起業した事業を運営する一方、
百数十社の経営指導にもあたる。















◆大和魂の経済力。古代から続く日本の精神力と底力。Webセミナー。

◆大和魂の経済力。古代から続く日本の精神力と底力。Webセミナー。


https://realisasp.com/lp/25717/949487/


★ポイント


聖徳太子、吉田松陰、
井上馨、渋沢栄一、
鮎川義介の系譜に学ぶ。


→「日本資本主義の父」渋沢栄一氏の偉業の背景


★講師、徳山暉純、プロフィール。


日産グローバル株式会社、取締役
日本産業、鮎川義塾、塾長


日本の精神、インド哲学、中国哲学など東洋思想を継承する家系に生まれ、
日本の文化振興活動に尽力。
大阪四天王寺大講堂壁画の作成、
上野の森美術館展覧会、各種文化教室等を開催する。


また、日産グローバル株式会社取締役・鮎川義塾塾長として、
渋沢栄一氏や鮎川義介氏らの現物資料から思想を紐解き、
経営学に応用させた『景氣学』を教えるとともに、
自ら40年以前に起業した事業を運営する一方、
百数十社の経営指導にもあたる。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ