副島隆彦・佐藤優、両氏の対談本『暴走する国家・恐慌化する世界』を紹介したい。
彼らの話は、知識と様々な情報源から入手されたものであり、興味をそそられる。
彼らは、互いに時には共感し、時には意見の違いがあった。
だが、2人の対談は、相乗効果により、知的好奇心に満ちあふれたものとなっている。


●『暴走する国家・恐慌化する世界』の注目すべきポイント



・英国秘密情報部、モサド、ロシア対外諜報庁の分析専門家には予言型の人がいる

・アメリカの民衆の保守思想にリバータリアニズムがある
→「権力が嫌い。官僚が嫌い。統制が嫌い。税金を取るな。自分たちをほっといてくれ」という思想
→本物のアメリカの中小企業経営者や開拓農民たちの思想

・デイヴィッド・ロックフェラーがオバマを大統領にすることに決めた

・オバマは、経済政策に失敗して2年で辞任する
→そのあとヒラリーが大統領になる

・アメリカはこれから本格的な景気後退、大不況に突入する

・ブラジルはこれから凄い勢いで伸びていく
→資源大国で世界一の鉄鉱会社ヴァーレがある

・BRICsの国々はアメリカ処分案を話し合っている

・アメリカ発の金融恐慌は「ペーパーマネーへの過剰な依存」が原因

・紙幣と国債があふれかえる形の恐慌に突入した

・シカゴ・マーカンタイル取引所こそ世界的金融バブルの元凶

・イギリスとロシアは、政治や外交で仲は悪いが、経済においては深く繋がっている

・ポンドが強気なのは、金を保有しているから

・2009年には1ドル=80円、2010年には60円になる

・アメリカは、ドルを下げことで外国からの借金の負担を減らしたい

・BRICsの強さはというのは、実体経済の強さ

・地球温暖化が人間のCO2排出で起きているというのはどうやら嘘
→CO2排出権取引というのはインチキ
→環境税を取り立てる税務官僚たちの策略

・ロシアは2020年までに帝国主義大国を目指す

・ロシアのプーチンは、実物実体のある資産と産業づくりに邁進した

・プーチンはイタリアのベルルスコーニ首相とすごく親密

・エネルギーをめぐる目に見えない同盟がある
→イラン=ロシア=アルメニアの三角同盟
→アメリカ=イスラエル=トルコ=アルゼバイジャンの四角同盟がある
→三角同盟のほうにベラルーシ、四角同盟のほうにグルジア、ウクライナが加わっている

・2008年のグルジア紛争は、重要な世界規模のエネルギー問題

・カスピ海(バグー油田)につながるアゼルバイジャンから運ばれてきて、グルジア経由で黒海に移送される原油にヨーロッパ諸国が頼っている

・南オセチアへの攻撃命令をサアカシュビリ・グルジア大統領に出させたのは、アメリカのチェイニー副大統領
→グルジア政府の中には、ネオコン派が潜在している

・燃料資源が足りない中国はやがてロシアと組む

・イランの核開発について、弾道ミサイルは北朝鮮から、高純度プルトニウムの精製技術は、パキスタンから技術導入している
→しかし本当の本当は「中国」

・ロックフェラー家直系ジェイ・ロックフェラーは、ゴールドマンサックスの真のオーナー

・ロックフェラー家当主のディヴィッド・ロックフェラーが所有するシティグループは2010年までに破綻するであろう

・ジェイとディヴィッドは、跡目争いをしている



※コメント
この本を読むと世界の裏事情がよく分かる。
本当にそうなの?というびっくりする情報が満載であるが、世界の情勢が少し分かりやすく理解できる。
2009.01.17


「国際インテリジェンス機密ファイル」のメルマガ登録はこちらから↓
http://www.mag2.com/m/0000258752.html

国内外のインテリジェンスに関する最新事情をリアルタイムでお伝えします。各国情報機関、スパイ、秘密工作、国際政治、ビジネス、歴史、外交、軍事、政治情報の第一級の情報になっています。元・商社マンの筆者が独自の情報網と分析によりお送りします。