◆苫米地英人『本当に頭がよくなる速読脳のつくり方』を読み解く


※要旨


・本を1冊5分、10分で読む世界は本当にある。
それどころか、そこは速読の技術がなければ生きていけない世界。

それはアメリカの大学院。
私がいうのはハーバード、イエール、カーネギーメロンといった本気の大学院の話。
ここが速読を必須とする世界。

論文も含めて2000冊から3000冊の本を博士前期課程の2年で読む必要がある。
単純に日割り計算すれば、1日30冊から50冊は読まなければこなせない量。


・勉強量にしても質にして日本の大学、大学院とは比較にならないのがアメリカの大学。
まず常識では考えられない圧倒的な量をこなす。
それを土台にすることではじめて学習の質が磨き上げられるというシステム。
1日数十冊の本を読んで凄い、ではない。
読んでやっとスタート地点に立てるのが、アメリカの大学院という世界。


・速読ができる本当の理由。
350ページもの本を5分で読みきるのには、読者側がもともともっている知識量がなにより大切。


・1冊の本を本当に理解するには何度も読むことが必要。

・本を一字一句落とさずに速く読む方法。
それが苫米地式速読術ハイサイクル・リーディング。

この速読術は、人間の生体時間、つまりクロックサイクルを上げることで速読を実現するもの。
クロックサイクルを加速させて、あなた自身がハイサイクル化されることで速読を実現させるというもの。


・小説を読むことでIQが上げる。
小説は臨場感を上げやすいだけでなく、情報量も膨大だ。
時代小説や経済小説は、綿密な下調べをした上で書かれている。



・年収と読書量は正比例する。
本の中身を前もって知る。
速読の基本は知識量。


・脳のタスク処理をハイサイクル化するための3つの要素。

1.すべての行動を加速する、

2.並列度を上げる。

3.抽象度を上げる。


・速く読むとは、早く理解すること。


・レストランに入ってメニューを1秒で決めること。
多くのメニューを同時に検討することで並列処理能力を上げるのですが、
メニューの1秒決めは速読能力アップにも直結する。


・フットワークのいいところが生き残る。
サバイバルのヒントは何でしょうか。
これは小型化と知識量。


・あくまで必要なのは知識の量。
圧倒的な知識量がまずあって、その裏づけの上でしか、これからの質は評価されない。


・脳内小説を書く。
小説で成功イメージを具体化させる。
小説を書くという行為は、成功イメージを具体的にするのに効果的。


・読書の真髄は、新しい知識に触れることであり、新しい考え方に触れること。
それがあるからこそ、読書は刺激に満ちている。



・著者の人格をつくる読書法。

1.著者になりきって読む。

2.最低3回は同じ本を読む。


・自分以外の人格をもつことは、危機回避にも使えること。


※コメント
筆者は、読書をすればするほど、著者になりきることができるという。
いろいろな人の思考回路を手に入れることは柔軟に対応でき、仕事も人生も楽しくなる。


★苫米地英人『本当に頭がよくなる速読脳のつくり方』の詳細、ご購入はこちら↓

http://amzn.to/MBvKHg


★『アディダス、日本代表ユニホーム』の詳細,amazon購入はこちら↓
ワールドカップ対策。

http://amzn.to/1pmwbYO

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。