◆千田琢哉『仕事は好かれた分だけ、お金になる』を読み解く


※要旨


・「できる人」より、「好きな人」に仕事は殺到する。


・あなたの周囲にも「優秀なのに」パッとしない人生を送っている人がいるだろう。
理由は簡単だ。
その人が嫌われているからだ。


・「デキル人」より「好きな人」に仕事は殺到する。
エグゼクティブたちは「できる人」より「好きな人」を出世させようとする。
これが厳然たる事実だ。


・運のいい人は、何だかんだ言って好かれている人。


・お金は、本音の人気投票券。


・もしお金持ちになりたかったら、勉強して魅力的な人間になることだ。
魅力的な人には、長蛇の列を作って人がお金を運んでくれるようになる。


・口臭でしくじったら、永久追放。


・腕時計は、ワイシャツの袖の中に。


・同じ話を何度も聞ける人が、信頼される。


・お客様も、他の分野では何かのプロであると、気づいているか。


・別れ際のお辞儀が美しい人は、別れた後に「感じのよさ」を残すことができる。


・どれだけ事前準備をしてきたかは、手に取るようによくわかる。


・私はサラリーマン時代、インタビューすることを仕事にしていた。
経営コンサルタントとしてプロジェクトの成否を決める最も重要な仕事に、
「現場で働く人たちやエグゼクティブから本音情報をかき集める」
というものがあったからだ。


・ここでどれだけ本音情報を収集できるかが、プロジェクトの成否を決めた。
だから特に、新米のうちはインタビューのコツを徹底的に叩き込まれた。
その中で私が今でも死守しているものに、
「捨てる」というスキルがある。
100の準備をしておいて上澄みの一だけを残し、残りの99をあっさり捨てるということだ。


・捨てた99は、無駄にはならない。
それどころか捨てた分だけ相手に、
「コイツは相当準備をしてきたな」と伝わる。
「これだけ準備をしてきたのなら、極秘情報を教えてやろう」と応援される。


・敬意を払うということは、すべてにおいて遅れないということだ。
なぜなら時間とは誰にとっても命の断片だからである。


・髪と靴に艶があると、安心感を与える。


・心の中で見下していると、ふとした瞬間に必ずばれる。


・イヤな仕事をイヤイヤ引き受けると、窓際直行。


・入社間もない頃は、社内の雑用をやらされることが多い。
朝から晩まで雑用の嵐だ。
これは誰もが経験する通過儀礼だと考えていい。


・雑用から抜け出してクリエイティブな仕事をさせてもらえるか否かは、
与えられた雑用を仕上げるスピードと質で判断されているのだ。
雑用を引き受ける際にイヤイヤ引き受けると、ますます雑用の嵐になる。


・嬉々として雑用を引き受けて周囲の倍速で美しく仕上げると、
まもなく雑用を取り上げられる。


・若手社員の躾・マナーは、その会社の格式を露呈する。


※コメント
マネーとマナーは、かなりの部分でつながるようだ。
両方とも強い関係性がある。
同時に強化していきたい。


★千田琢哉『仕事は好かれた分だけ、お金になる』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1ok1zDf



★関正生『世界一わかりやすい英語の発音の授業』の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1sQ6O40

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。