◆千田琢哉『筋トレをする人は、なぜ仕事で結果を出せるのか』を読み解く


※要旨


・簡単にいえば、原始人の底力とは裸の力のことだ。


・一対一の対面で真っ先に見るのは、相手のオーラだ。
オーラとは、どれだけ自信があるように見えるかで決まる。


・体を鍛えると、キャンキャン吠えなくなる。
ビジネスの現場で殺意を抱かれるほどにムカつかれるのは、
ヘナチョコでキャンキャン吠える人間だ。


・体を鍛えるのは、自分に自信を持つためだ。
体を鍛えるのは、戦わずして勝つためだ。
自分に自信を持つために、体を鍛えよう。


・胸板の厚さと説得力は比例する。


・欧米のエリートたちがどうして体を鍛えまくっているかといえば、
リーダーになりたいからだ。


・とりあえず、深くゆっくりとした腕立て伏せを日課にすることだ。
丁寧で美しい腕立て伏せが30回もできるようになれば、
もうヘナチョコではない。


・スポーツを打ち込んだ経験のある人なら分かると思うが、
体を鍛えるとなれば勉強することから逃れられない。
筋肉を発達させるのと仕事で結果を出すのは酷似している。


・体を鍛えることには、仕事で結果を出すためのヒントが詰まっている。


・頼もしいというのは、具体的に筋肉が発達しているということだ。
選ばれる人間になるためには、選ばれる人間の真似をして学ばなければならない。
筋肉をつけると、チャンスが巡ってくる。


・筋肉量を増やすと、脂肪が減っていく。


・筋トレをしている人は、ストレスに強い。
肉体がストレスに強いということは、
精神もそれだけストレスに強いということになる。


・これは、いざとなったら自分は負けない、
と本心から自信が漲って来るからである。
空手の達人がその辺のチンピラに街で絡まれても、
平気でぺこりと頭を下げて謝ることができるのは、
自分に圧倒的な自信があるからだ。


・ベンチプレスをフリーウエイトで100キロできるようになると、
その辺のチンピラ相手にいちいち興奮しなくなる。
筋トレは肉体を鍛えるフリをして、実は精神を鍛えているのだ。


・筋トレをすると、メンタルが強くなる。


・筋トレをしている人は、継続力がある。
筋トレほど地味な作業はない。
体も顔も逞しいということはそれだけ継続力があるということだ。
つまり体も顔も逞しい人は、信頼できるということに他ならない。


・筋肉を発達させたければ、筋トレ、食事、睡眠の三位一体が不可欠なのだ。
休息も大事なトレーニングである。


・体を鍛えておくと、勝手に話しかけてもらえる。
体を鍛えておくだけで、人もお金も集まってくるきっかけになるのだ。
鍛えた人の周りには、人が集まってくる。


・腕力を鍛えると、なめられない。


・カリスマが体を鍛えるのは、
本物の自信を獲得したいから。


・将来出世する囚人は、日々の筋トレを欠かさない。
そしてひたすら六法全書を読む。


・腕の太さは、スーツでごまかせない。


・人は無意識のうちに首の太さで相手の生命力を判断している。


・肉体を鍛えることと、知力を鍛えることは同じなのだ。
そして肉体を鍛えると必然的に知力を鍛えたくなるものなのだ。


・学力、スポーツ、リーダーシップの三拍子が揃って、
はじめてエリートの扉の前に立つことが許されるのが欧米の教育のベースだ。


・体と頭脳を鍛えると、人は元気になってくる。
文武両道が、エリートのスタートだ。


・本物の読書家は、とにかくよく動く。
本を読み、1ミリでも行動に移せば、それだけで十分に元は取れたことになる。


・何かを始めようと思ったら、人生で一番早いのは今、まさにこの瞬間だ。
始めるのに、遅いことなってない。


・読書に疲れたら運動し、運動に疲れたら読書する。
読書と運動を交互に繰り返すことによって、頭と体を同時に鍛えられる。
その結果、人は心身ともに成長し続けられていくことができる。


・大切なのは、運動よりストレッチだ。


・筋トレ後、呼吸が整い次第、すぐに食事をとろう。


・通勤電車内は、ふくらはぎの格好のトレーニングの場だ。
ふくらはぎを鍛えているかどうかで、大きな差が生まれる。


・優しくなるために、体を鍛えよう。


※コメント
体を鍛えることの大切さを確信した。
なぜ運動をしている人がよく出世するのか、理解できた。
毎日、体を動かそう。


★千田琢哉『筋トレをする人は、なぜ仕事で結果を出せるのか』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1ErVAYO


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。