◆千田琢哉『君は奇跡を起こす準備ができているか』を読み解く


※要旨


・もしあなたが成功し続けたいなら、生涯勉強から逃げられない。
少なくともバカではお金持ちであり続けられない。
簿記3級合格と永遠の読書は、お金持ちであり続けるためには必須。


・運を良くしたければ、
自分が本当に欲しいものを即答する練習をしておくこと。


・成功する前から、お金の力を予習しておく。


・人生は口癖で決まる。
お金持ちになる呪文。
「なるほど」


・今、隣にいる人を笑わせよう。
運はいつも人が運んでくる。
運気を上げたかったら、普段から応援されやすい人になることだ。
応援されやすい人になるになるコツは簡単だ。
いま、目の前の人を幸せにすることだ。


・チャンスは、顔で決まる。
目上の人は、人相のいい人を選んでチャンスを与えている。
お客様は、人相のいい人から買いたくなる。


・奇跡を起こすなら、男女ともにお洒落は権利ではなく義務になった。


・世界中の大富豪たちが喉から手が出るほど欲しいものは、ダントツで時間。


・何か1つでもトップになれば、他は誰かが手伝ってくれる。


・すました顔して膨大な量をこなせるのが、天才。
生涯10万点以上の作品を遺したピカソは、まるで呼吸のように創作し続けた。


・下っ端のうちは、スピードと行動力がすべて。
返事は相手を驚かせるほど速くしよう。
仕事はすべてフライングスタートで取り掛かること。
同じ実力でも、あなたの評価はガラりと変わる。


・成功者は「今すぐ」がお好き。
目上の人から複数のスケジュールを提示されたら、
間髪をいれず直近を選ぶこと。
目上の人はあなたの都合なんて聞いていない。
あなたの本気度を確認しているだけなのだ。


・ギブ&ギブなんて当たり前の話だ。


・人生で一番欲しい時間は、君と見つめあう時間。


・休日ではなく、平日に遊ぶ。


・憎たらしいことを言われても、相手を幼児だと思ってぐっと堪えてみよう。


・悪口は言うものではなく、言わせるものだ。


・負けん気は、剥き出しにするより静かに燃やす。
負けん気を剥き出しにする人は最後に干される。
周囲を疲れさせ応援してくれる人が誰もいなくなるからだ。
反対に負けん気剥き出しの人があなたの前に現れたら、
徹底的に褒めちぎってやれ。
そのうち勝手に自滅してくれてライバルが減る。


・もしその企画が本物であるなら、あなたの上司には到底理解できない。


・恩返しは上ではなく、下に循環させていく。


・感じのいい店員さんは、プライベートでも感じがいい。


・出世は能力ではなく、決定権者の好き嫌い。


・あえてバカっぽさを残しておく。


・たまには、「ごめんね」と言ってみる。
一度でいいから自分から謝ってみると、人生が一変する。


・講演の先生なら誰でも記憶に残る人が1人いる。
質疑応答タイムで最初に挙手してくれる人だ。
はっきり言って、質問の内容なんてどうでもいい。
あなたがシュパッと挙手して上げモードに切り替えるのだ。


・企画力のある人より、企画を通した人が偉い。


・美人は、天才がお好き。


※コメント
千田氏は多作であるが、毎回新しい発見がある。
彼の新作は必ずチェックしたい。
大きなインスピレーションをもらえる。


★千田琢哉『君は奇跡を起こす準備ができているか』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1Bffaq2


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。