◆菅野一勢『他力本願で金持ちになる人』を読み解く



※要旨


・私は人から成功する秘訣を教えてほしいとか、
どうすれば夢を実現できるかと尋ねられます。
その答えは「自分でやってみること」です。
(ウォルト・ディズニー)


・私は不得意なことは一切やらず、得意なことだけやるようにしている。
(本田宗一郎)


・会社の出口は4つしない。
上場、継承、売却、清算です。
(資産数百億円の富豪Sさん)


・私は決して失望などしない。
どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。
(エジソン)


・大丈夫だ。失敗するな。なんとかなる。
(一休さんの遺言状)



・成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。
(アンドリュー・カーネギー)


・チャレンジして失敗することを恐れるよりも、
何もしないことを恐れろ。
(本田宗一郎)


・「ウダウダ言ってないで、今すぐやれ!」
今やらないと、90歳になったときに、
もっと冒険しておけばよかった、
って間違いなく後悔するよ。


・みんな知らないんだ。
実は私がやった仕事で成功したのは、
たった1%に過ぎなかったことを。
(本田宗一郎)


・イメージしたものがすべて現実化するのがこの世の仕組み。
(七田眞)


・金運、強運、起業運がつく神社。
毎年、ぼくが欠かさずお参りに行く神社をシェアします。

1.強運の神様で有名な日本橋にある小網神社。

2.金運神社として有名な富士山のふもとにある新屋山神社。

3.箱根神社。


・「君には無理だよ」という人の言葉を、聞いてはいけない。
もし、自分で何かを成し遂げたかったら、
出来なかった時に他人のせいにしないで自分のせいにしなさい。
(マジックジャクソン)


・日本に生まれただけでついている。


・ないものを数えるのではなく、あるものに感謝する。


・もしかしたら、あなたにも辛い過去があるかも知れません。
もしかしたら、今まさに辛い経験をしているかもしれません。
しかし、その経験はすべて自分にとってプラスの経験です。


・15年間で培ったビジネス12の真実。


1.考える前に飛び込むこと。

2.新たな発想は捨てて2番、3番煎じでいこう。


3.誰もメインにしていない、おまけみたいな商品があれば、
それをメインにすることができないか、考えてみよう。

4.3分考えても結論が出ないことは、
3年考えても結論は出ない。



・絶頂期にいち早く次のビジネスを仕掛ける。


・10回起業すれば誰でも成功できる。
当たりにいきつくまでチャレンジし続ける。
そして当たりを引いたら、
そこに全資金と全能力を注ぎ込むのです。


・もの凄いスピードで成功する人の共通点は、
「考える前に行動する」


・最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ。
(孫正義)


・人生のバッターボックスに立ったら、
見送りの三振だけはするな。
(小林繁)


・PKを外すことができるのは、
PKを蹴る勇気を持った者だけだ。
(ロベルト・バッジョ)


・24時間、自分のひらめきに敏感でいる。




※コメント
世界には、いろいろなビジネスのスタイルがある。
一番自分に合ったやり方を見つけることが肝要だ。
つねにアンテナを張り巡らせたい。


★菅野一勢『他力本願で金持ちになる人』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1QzKd40






◆菅野一勢『秒速で1億円稼ぐ男・与沢翼:ワザールオープン記念対談』ご紹介。


詳細はこちら↓

http://wazaar.jp/courses/0Y60r?aid=3199



秒速で1億稼ぐ!と豪語しながら、
都心の高層マンションに暮らし、高級外車を乗り回し
夜の六本木で栄華を極めた時代の寵児が、約3億5000万円の法人税未納が発覚し、
経営破綻宣言をしたの約1年前の2014年4月26日。

数々のビジネスを立ち上げ、
年商10億円以上の収益を上げる会社を次々と作りながらも
経営破綻に至った裏には一体どのようなドラマがあったのか?

そして、シンガポールで秒速で復活を遂げた背景には
どのようなカラクリが存在するのか?