◆落合莞爾『南北朝こそ日本の機密』を読み解く




※要旨


・吉園周蔵の書き残した国事活動をつぶさに調べていくと、
大正から昭和初期にかけて日本陸軍を支配した上原元帥と、
その周辺・外郭の行動が浮かび上がる。


・そこで私が掴んだのは、上原勇作が帝国陸軍だけでなく、
ある強大な政治勢力の棟梁になっていたことだ。


・それが私のいう「薩摩ワンワールド」で、幕末の薩英戦争の結果、
地政学でいう海洋勢力の元締めたる「在英ワンワールド勢力」の
日本支部となった薩摩藩下級武士の秘密結社のことだ。


・朝彦親王の背景を辿れば、
勢い室町時代の伏見宮創立にまで遡ります。
そこにあらわれてきたのは、
実に驚くべき極秘の史実です。


・紀伊半島の南部には金剛山地、吉野、熊野、高野山と、
古来より山岳信仰の聖地が存在し、
密教と密接に結びついていて独自の山伏ネットワークを
構築してきた。


・自由行動が取れる山伏は、
広い地域に情報を伝達する能力と人脈を有していた。


・また紀州南部の沿岸は、
熊野水軍といわれる海洋民が勢力を張る海上交通の要地で、
貨幣経済が浸透する中で、非農業民を支配下に置いた熊野水軍が、
この地域の社会的実力を持つようになっていた。


・朝廷忍者としての大江山衆がいた。


・丹波地方では室町時代以来、「大江山霊媒衆」と人が呼ぶ、
修験者風の一団が、秘かに皇室御用を勤めてきたといわれる。
光格王朝以後、大江山衆は朝廷忍者として各方面で活発に活動してきた。


・この数十年来、「さる筋」から断片的に伝えられた史的事実を組合させることで、
日本史の真実を洞察した私は、
明治維新が偶然の積み重ねで実現したものではなく、
根底に確固とした政治的計画が存在したことを確信し、
これを「堀川政略」と命名しました。



※コメント
歴史とは不思議なものだ。
何が正しく、何がそうではないか、調べてもわからないときがある。
記録が正しくないときもある。
それが歴史なのかもしれない。


★落合莞爾『南北朝こそ日本の機密』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1KNHxuB






◆鳥内浩一『リアルインサイト:日本をよくしたい、誇りある本物の情報』ご紹介。



落合秘史も見ることができます↓


詳細はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/693532/hCIqcpD8/


月額:4,980円。