◆ボブ・バーグ『マル秘・人脈活用術』を読み解く


http://directlink.jp/tracking/af/253378/uQExosuz/


※要旨



・あなたは、自分の商品やサービスをどのように
売り込んでいるでしょうか。


・次から次へと新しい顧客に営業をかけることに苦痛を感じているかもしれません。
また、新しい見込み客を見つけるために、
必死になって走り回っている人もいるでしょう。
中には、営業先を探せずに、
ただ売上の見通しが立たない戦慄の日々を過ごしている人もいます。


・本書を読めば、そういった苦痛の日々から抜け出すことができます。
自分から営業するのではなく、
向こうから勝手に見込み客が列を作ってやって来るようになるのです。
それこそが、「紹介の連鎖」


・有望な見込み客が勝手に集まってくる
最強の人脈ネットワーク・システムであり、
日々の出会いが売上に直結する人脈活用術なのです。
セールスの世界は、急速に変化しています。


・成功を収めるためには、
非常に高度なメソッド、アプローチが必要です。
最大の変化は、以前よりもはるかに
「つながり」を重視するようになったこと。


・ツイッターやフェイスブック、
インスタグラムなどの SNS が世の中に広がったことで、
ますます“つながり”が重要視されるようになりました。


・その商品やサービスがすばらしいから購入するのではなく、
誰がおすすめしているかで購入するようになったのです。


・ネットワーキングと紹介ベースを築くことこそ、
ビジネスの根幹である。



・あなたのターゲットを
確実に見つけるには、別の方法もある。
それは、「隣接業種で働いている人」と
コンタクトを取ることだ。


・例えば、住宅ローンの営業マンであれば、
不動産仲介者協会の人間を探せば、
仕事を数多く紹介して
もらえるようになる可能性がある。


・不動産仲介者協会の人たちは日々、
ローンを組んで家を購入することを
考えている人たちを相手にしているからだ。


・「夜の店」には
どうやってアプローチすればいいでしょう?
意思決定のできる人物と
知り合うには、どうすればいいでしょう?
そのような人脈を「一網打尽」にするには、
どのような”隣接業種”と接触すればいいでしょう?


・答えは無数にありますが、
そのひとつは「オシボリ業者」です。


・「夜の店」では毎日
大量のオシボリが使われていて、
ほぼ全ての店で、どこかしらの
オシボリ業者と取引があります。


・ということは、
オシボリ業者との「深い人脈」を
築くことができれば、
そこから一気に、本当のターゲットである
「夜の店」を紹介してもらえる
可能性ができるということです。



※コメント
いろいろな方法をマトリックスのように使うことで道は開ける。
あらゆる具体例をインスピレーションに繋げることができる。
いろいろと試したい。





★ボブ・バーグ『マル秘・人脈活用術』
詳細、購入はこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/253378/uQExosuz/