◆藤井厳喜『アングラマネー:タックスヘイブンから見た世界経済入門』を読み解く




※要旨


・本書は世界経済を裏側から見てみようという試みである。


・アングラマネーと
タックスヘイブン(税金回避地)という2つの存在を通して、
世界経済の実体に近づいてみたいと思う。


・「裏の経済」を見るというアプローチによって、
「表の経済」だけを見ていてはわからない、
世界経済の真実の姿が見えてくるはずである。


・筆者は、長い間、
アンダーグランド・エコノミー(地下経済)に
興味を持ってきた。


・何事においても、表と裏は一体である。
裏のない表はなく、表のない裏もない。


・本書は、脱税、資産隠し、
そしてアングラマネーの還流などの
仕組みそのものに、スポットライトを
当てるものである。


・筆者は1982年から会員制の国際経済情報誌を
在米ユダヤ人の協力を得ながら、
30年以上にわたって発行し続けている。
仕事の関係上、裏経済の情報に接することが多い。


・街金が高度経済成長を支えた。


・何が何でも規則通り、100%法律通りに
税金を徴収しようというのでは、
庶民は息苦しくなってしまう。
特に、そんなことでは中小企業はなかなか育たない。


・今日でこそ違ってきたが、
かつては中小企業の経営は、
概ねドンブリ勘定であった。
ある程度の税金上のお目こぼしが、
中小零細企業に活力を与えていたのだ。


・大事なのは、バランスに尽きる。




※コメント
さまざまな情報ネットワークがあり、面白い。
多角的な視点で、物事を見ることは大事だ。




★藤井厳喜
『アングラマネー:タックスヘイブンから見た世界経済入門』
の詳細、amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2SZdWyy








◆藤井厳喜『太平洋戦争の大嘘』、書籍ご紹介。送料のみで入手可能です。



http://directlink.jp/tracking/af/253378/DJxCtPEN/



価格:送料、550円のみ。



★主な内容。


→「反日中毒が蔓延している」と反骨のフランス人ジャーナリストが喝破した


→フーヴァー大統領の『フリーダム・ビトレイド』が明らかにしたルーズベルトの裏切り


→フーヴァーの勇気ある告発。ルーズベルトは誰のために戦争を始めたのか


→ルーズベルト神話は、いまだアメリカ社会に根強く生きている