◆ドナルド・ミラー『ストーリーブランド戦略』を読み解く


※要旨

・なぜ、パイレーツ・オブ・カリビアンは私たちの心を掴んで離さないのか
なぜ、この続編が公開されると映画館に人々が押し寄せるのか
なぜ、このチケットは世界中で売れるのか


・決定的な違いはジョニーデップがカッコいいから、
ではない。
映画を作るのに膨大な作成費をかけているから、
でもない。
ジャック・スパロウのキャラが独特で面白いから、でもない。


・違いは「パターン」にあります。
大ヒットするハリウッド映画には、
必ず使われている”パターン”があります。


・実際にパイレーツ・オブ・カリビアンや
スターウォーズなどの大ヒットする映画は
必ず決まったパターンで作られています。


・米国で毎年3000社が導入する
「ストーリー・ブランド・フレームワーク」について。

・ストーリー・ブランド・フレームワークとは
ハリウッド映画で使われている売れるパターンを
ビジネスに応用したものです。

・消費者を主人公にした物語を作るという発想がある。


・物語の主人公は消費者であり、
商品やサービスの提供者は導き手とならなければいけない、
ということは大切だ。


★『ストーリーブランド戦略』の詳細は、こちら。
著者、ドナルド・ミラー
価格:2,980円

http://directlink.jp/tracking/af/253378/u3ahApBF/