◆坪田あつし講演録メモ「オリンピア英語」要旨。


※要旨


・語学は稼げる。
語学は趣味ではない。


・語学こそ、人間がすぐ身につけられるスキルである。


・語学を本当に話せている人は、
相当がっつり稼いでいる。


・世界には、2カ国語、3カ国語を
話せる人はたくさんいる。
そういう人が世界を動かしている。


・日本には、マルチリンガル、
トライアングルの人が少ない。


・通訳、翻訳家の平均年収は、1000万円ぐらい。


・自分の大好きな語学力を高めて
稼ぐことはできる。


・語学は好きな場所で仕事ができる。


・コロンビアの上流社会の人々は、
多言語をしゃべれる人が多い。


・英語が通じる人と通じない人の
違いは何か。
英語がちゃんとできる人は、
ネイティブの話を聞き取れる。


・日本人の9割が
英語が通じなくて悩んでいる。
これには、1つのポイントがある。
中学校のときに、
通じない発音を学んでしまったから。


・本当の発音と、日本人の英語発音にはズレがある。


・中学校の先生は、
話せるための発音ではなく、
日本人が理解しやすい発音を教えている。


・みんな間違った発音で脳が汚染されている。
一回、脳をきれいにする必要がある。
リセットして、ネイティブの発音を入れないといけない。






◆オリンピア英語の秘術、坪田あつし方式。



https://icckame.com/lp/32128/949152/



★ポイント


→卒業後20年間
片言英語に苦しんでいた人たちが

わずか3ヶ月で語学を習得し、
世界的通訳翻訳を叶える

『オリンピアイングリッシュの秘密』
オンライン講座。


→安倍総理や大統領の通訳を務め、
秘密結社の日本人唯一の正式会員。
最先端の脳科学を駆使した語学習得法で
世界13カ国に生徒を持つ
坪田充史先生が教える。










◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。