『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆小冊子ご紹介

◆新作PDF小冊子『ハイパワー国際経済論』発売開始です。



◆PDF小冊子『ハイパワー国際経済論』発売開始です。



★国際情報マンの方々へ


かつて、竹中平蔵氏は、こう言っていました。
「これからは英語と会計を学んでおいたほうがいい」


そこで皆様に『ハイパワー国際経済論』
をご提供いたします。



★金額
5,000円(PDF版のみ)



※お申し込みはこちらです↓

https://ws.formzu.net/fgen/S25324077/



★小冊子『ハイパワー国際経済論』目次と内容★

◆国貞克則『超高速・会計勉強法:財務3表のつながり』
◆金児昭『できる社長の会計力:経営・会計の王様「純資産」』
◆柴山政行『グーグル会計学。ライバルに勝てる新会計学入門』
◆山根節『経営の大局をつかむ会計』
◆元国税調査官・大村大次郎『悪の会計学』
◆ジェイコブ・ソール『帳簿の世界史』
◆吉澤大『経理の仕事・基本と実務。一番よくわかる』
◆児玉尚彦『プロの経理力:35歳までに身につける』



◆高橋洋一『この金融政策が日本経済を救う』
◆田村耕太郎『もし日本がひとつの会社だったら』
◆経済大国・日本の可能性
◆バランスシートで考えれば、世界のしくみが分かる
◆数学を知らずに経済を語るな!
◆統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる
◆日本経済の真相
◆榊原英資『経済の世界勢力図』

◆『国際金融の現場』
◆『食がわかれば世界経済がわかる』
◆山田吉彦『日本は世界第4位の海洋大国』
◆平沼光『日本は世界1位の金属資源大国』
◆竹中平蔵『経済古典は役に立つ』
◆竹中平蔵『闘う経済学、未来をつくる公共政策論入門』
◆中原圭介『騙されないための世界経済入門』
◆『世界から見たニッポン』講演録
◆日本財政の本音と解決策
◆国際経済コントロールのメカニズム、真の支配者を探る
◆国際経済の裏事情と日本の可能性


◆本田直之『レバレッジ英語勉強法』を探る
◆苫米地英人『バイリンガルは二重人格』を読み込む
◆TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール
◆斎藤兆史『英語達人列伝、あっぱれ日本人の英語』を読む
◆浦出善文『英語屋さん、ソニー井深大に仕えた四年半』を読む
◆逆転的・英語学習術
◆村上憲郎『村上式シンプル英語勉強法』を知る


◆商社の会議訓示
◆商社マンの仕事術とその正体
◆レアメタルと商社の関係
◆商社に学ぶ国際基準の仕事術、交渉術
◆接待は最強の情報戦
◆商社マンが分析した中南米
◆7大商社の分析とそのノウハウ
◆伝説の商社マン・海部八郎
◆商社の兵法、洞察力の磨き方
◆古代に学ぶ商社ノウハウ
◆小説に学ぶ商社の情報術
◆商社の最新動向とカラクリ






以上。




※ページ数
A4サイズ・112ページ


★申し込みはこちらです↓

https://ws.formzu.net/fgen/S25324077/









◆新作・小冊子PDF『インテリジェンス上級講座』ご案内。



◆新作・小冊子PDF『インテリジェンス上級講座』ご案内。



★高度なインテリジェンスについて詳しく知りたい方々へ


PDF版小冊子 『インテリジェンス上級講座』
をご提供いたします。

超マニアックで、ディープな内容となっております。





※お申込みフォーム↓

https://ws.formzu.net/fgen/S32670371/



★小冊子PDF『インテリジェンス上級講座』の目次と詳細。




◆春日井邦夫『情報と謀略』
◆山崎啓明『インテリジェンス1941―日米開戦への道、知られざる国際情報戦』
◆太田文雄『日本の存亡は「孫子」にあり』
◆小谷賢『インテリジェンス、国家・組織は情報をいかに扱うべきか』
◆手嶋龍一『ライオンと蜘蛛の巣:インテリジェンスの賢者たち』
◆ボブ・ウッドワード『オバマの戦争』
◆手嶋龍一『1991年・日本の敗北』
◆岡崎久彦『国際情勢判断・半世紀』
◆キース・ジェフリー『MI6秘録:英国秘密情報部1909−1949』
◆前坂俊之『明石元二郎大佐、天才情報参謀』
◆レッカ『フリーメイソンの秘密』
◆佐野眞一『甘粕正彦、乱心の曠野』
◆佐野眞一『阿片王、里見甫:満州の夜と霧』

◆佐藤優『プラハの憂鬱』
◆佐藤優『国家の罠:外務省のラスプーチンと呼ばれて』
◆菅沼光弘『スパイからの遺言:この国を守るために何が必要なのか』
◆菅沼光弘『この世界でいま本当に起きていること』
◆ボブ・ウッドワード『ブッシュのホワイトハウス』
◆菅義偉『政治家の覚悟:官僚を動かせ』
◆星浩『官房長官:側近の政治学』
◆佐野眞一『渋沢家三代』
◆佐野眞一『凡宰伝:小渕恵三』
◆河谷史夫『記者風伝』
◆宮本雅史『報道されない沖縄:沈黙する「国防の島」』
◆池田潤『古事記のコード(暗号):太陽のラインと隠された古代地図』
◆田中均『プロフェッショナルの交渉力』

◆佐野眞一『だから、僕は書く』
◆佐野眞一『私の体験的ノンフィクション術』
◆山内昌之『幕末維新に学ぶ現在』
◆武藤富男『私と満州国』
◆佐野眞一『旅する巨人:宮本常一と渋沢敬三』
◆ウィリアム・アーキン『トップシークレット・アメリカ。最高機密に覆われる国家』
◆中西輝政『日本がもっと賢い国になるために』
◆田崎史郎『安倍官邸の正体』
◆菊池正史『官房長官を見れば政権の実力がわかる』
◆北康利『レジェンド・伝説の男、白洲次郎』
◆竹田恒泰『日本人の原点がわかる「国体」の授業』

◆恵隆之介『いま沖縄で起きている大変なこと』
◆山田豪一『満鉄調査部、栄光と挫折の四十年』
◆太田尚樹『満州裏史:甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』
◆佐藤優『インテリジェンス勉強法、新・帝国主義時代を生き抜く』
◆野々村一雄『回想・満鉄調査部』
◆立花隆『田中角栄研究・全記録』
◆戸塚隆将『世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか:実践編』
◆飯島勲『秘密ノート:交渉、スキャンダル消し、橋下対策』
◆太田文雄『同盟国としての米国』
◆高木徹『国際メディア情報戦。グローバルな世論を味方につけろ』
◆小谷賢・編著『世界のインテリジェンス、21世紀の情報戦争を読む』
◆草柳大蔵『実録・満鉄調査部』
◆太田文雄『日本人は戦略・情報に疎いのか』


※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:166ページ



※お申込はこちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S32670371/



◆特報・小冊子PDF『ハイパワーセレブ風水学・全研究』ご案内。



◆特報・小冊子PDF『ハイパワーセレブ風水学・全研究』ご案内。



★風水について詳しく知りたい方々へ


PDF版小冊子 『ハイパワーセレブ風水学・全研究』
をご提供いたします。



いま富裕層のあいだで、風水がひそかなブームを呼んでいます。
富と風水は、不思議な関係があります。
かつては、国家経営から都市計画、兵法として重要視されていた風水。
それは現代の生活やビジネス、政治に大いに役立つでしょう。


風水は、一見オカルトチックに見えるが、その理論は論理的であり、
統計学、地理学、環境学が集まった一級のインテリジェンスであります。
ぜひ風水の本質に触れて、運を引き寄せましょう。



※お申込みフォーム↓

https://ws.formzu.net/fgen/S84899036/



★小冊子PDF『ハイパワーセレブ風水学・全研究』の目次と詳細。


◆金運があればすべての運はどんどん開ける
◆風水のプリンシプル
◆風水流・商売繁盛の法則
◆風水と結婚の不思議な関係

◆ガラクタ捨てれば自分が見える・風水整理術入門
◆自由に生きる風水術
◆「風水」で読み解く日本史の謎

◆運がよくなる仕事風水
◆風水浄化術入門
◆驚きの開運効果、黒門風水
◆安斎流・秘伝風水

◆アセッション・チケット
◆2週間で一生が変わる魔法の言葉
◆お金に愛される魔法のお財布



※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:47ページ


※お申込はこちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S84899036/



◆新作登場・小冊子PDF『ハイレベル恋愛術』ご案内。



◆新作登場・小冊子PDF『ハイレベル恋愛術』ご案内。



★恋愛論について詳しく知りたい方々へ


PDF版小冊子 『ハイレベル恋愛術』
をご提供いたします。


残りわずかとなった夏。
勝負をかけてみませんか。


※お申込みフォーム↓


https://ws.formzu.net/fgen/S9762224/



★小冊子PDF『ハイレベル恋愛術』の目次と詳細。

◆枯れない男のテクニック
◆異性に暗示をかける技術
◆稼げる男のテクニック
◆ポリネシアン
◆中国の秘伝、房中術

◆ドイツの文豪ゲーテに学ぶ恋愛術
◆パーティでウケる技術をマスターする
◆女性を楽しませるとっておきの秘訣
◆女性を惹きつける行動様式
◆理想の女性に出会う秘訣
◆スパイがマスターしたい最強の恋愛パワー

◆情報マンのモテる話術
◆いい女性と付き合っている情報マンの小さな習慣
◆モテる情報マンの即効フレーズ集
◆モテる男の魔法の力
◆情報マンに学ぶフェロモンの出し方


※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:55ページ



※お申込はこちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S9762224/




◆特報。小冊子PDF『ハイパワー戦史研究』ご案内。


◆特報。小冊子PDF『ハイパワー戦史研究』ご案内。



★戦史について詳しく知りたい方々へ


PDF版小冊子 『ハイパワー戦史研究』
をご提供いたします。


戦いに敗れたときの戦史ほど
大切なものはないのではないでしょうか。

戦史の研究は、
日本の将来のために我々がやり遂げなければないものではないでしょうか。





※お申込みフォーム↓


http://ws.formzu.net/fgen/S55181066/




★小冊子PDF『ハイパワー戦史研究』の目次と詳細。


◆門田隆将『この命、義に捧ぐ:台湾を救った陸軍中将・根本博の奇跡』
◆小室直樹『硫黄島・栗林忠道大将の教訓』
◆NHK取材班『日本海軍400時間の証言:軍令部・参謀たちが語った敗戦』
◆小松茂朗『戦略将軍・根本博』
◆戸部良一『失敗の本質、日本軍の組織論的研究』
◆半藤一利『聖断:昭和天皇と鈴木貫太郎』

◆斉藤健『転落の歴史に何を見るか』
◆猪瀬直樹『空気と戦争』
◆『昭和16年、夏の敗戦』
◆阿羅健一『秘録・日本国防軍クーデター計画』
◆徳本栄一郎『1945日本占領:フリーメイスン機密文書が明かす対日戦略』
◆『英国機密ファイルの昭和天皇』
◆有馬哲夫『1949年の大東亜共栄圏:自主防衛への終わらざる戦い』

◆岡部伸『「諜報の神様」と呼ばれた男、小野寺信の流儀』
◆『消えたヤルタ密約緊急電、情報士官・小野寺信の孤独な戦い』
◆伊藤正徳『連合艦隊の最後』
◆渡辺望『蒋介石の密使、辻政信』
◆湯浅博『辰巳栄一:吉田茂の軍事顧問、歴史に消えた参謀』
◆関浩三『日本軍の金塊。馬賊王・小日向白朗の戦後秘録』

◆人間提督・山本五十六
◆山本五十六と山口多聞、名将の生き方・戦い方
◆名言録『男の修行』と山本五十六
◆山本五十六、人材育成の格言
◆海軍伝統の問いかけ『五省』
◆海上自衛隊に受け継がれている海軍精神
◆海軍的思考法に学ぶ
◆『海軍次室士官心得』を読み解く
◆生出寿『山本五十六』を読む



※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:81ページ



※お申込はこちらから↓

http://ws.formzu.net/fgen/S55181066/





◆特報・小冊子PDF『ハイパワー起業家・集中講座』ご紹介。



◆特報・小冊子PDF『ハイパワー起業家・集中講座』ご紹介。



★ビックビジネスについてより詳しく知りたい方々へ


PDF版小冊子 『ハイパワー起業家・集中講座』

をご提供いたします。


やはり大きなお金を作るには、起業が王道であり、近道であります。
ぜひ古今東西の大実業家たちのやり方を学ぶことで、大富豪を目指してはいかがでしょうか。




※お申込みフォーム↓

http://ws.formzu.net/fgen/S69116728/



★小冊子PDF『ハイパワー起業家・集中講座』の目次と詳細。


◆石角完爾『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』を読む
◆越智道雄『新ユダヤ成功の哲学:なぜ彼らは世界の富を動かせるのか』
◆池内紀『富の王国・ロスチャイルド』
◆水木楊『電力王・松永安左エ門の生涯、爽やかなる熱情』
◆小林吉弥『小佐野賢治の知恵を盗め。10兆円を残した男の極意』
◆石角完爾『ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方』
◆榊原康『キレるソフトバンク』

◆三木谷浩史『楽天流。破壊せよ、熱狂せよ』
◆根津清『客家:最強の華僑集団、ルーツ・パワー・ネットワークの秘密』
◆リチャード・ブランソン『やればできる。人生のレッスン』
◆島田亨『楽天野球団のシークレット・マネージメント』

◆三木雄信『孫正義・規格外の仕事術』
◆真山知幸『大富豪・破天荒伝説』
◆桑原晃弥『ジェフ・ベゾスはこうして世界の消費を一変させた』
◆白神義夫『華僑の成功術』
◆七田眞『波動経営力:顧客と社員の心をつかむ』
◆大下英治『梟商、政商:小佐野賢治伝』

◆大西康之『ファーストペンギン、楽天。三木谷浩史の挑戦』
◆水木楊『出光佐三、反骨の言魂』
◆エドマンド・デ・ロスチャイルド『ロスチャイルド自伝』
◆島田亨『本質眼:楽天イーグルス、黒字化への軌跡』

◆濱野成秋『ユダヤ人に学ぶ速学術』
◆神田昌典『挑戦する会社:世界を変えるビジネス実践法』
◆桑原晃弥『ジョブズはなぜ「石ころ」からダイヤモンドになれたのか?』
◆和田勉『USEN宇野康秀の挑戦。カリスマはいらない』
◆手島佑郎『ユダヤ・タルムードビジネス』

◆孫正義『ソフトバンク・新30年ビジョン』
◆ブラッド・ストーン『ジェフ・ベゾス、果てなき野望:アマゾンを創った奇才経営者』
◆佐藤有美『リクルート・イズム。イノベーションを起こした25人』
◆大塚純『香港に住む華僑大富豪の教え』
◆神田昌典『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』
◆『ジョージ・ソロス』を読む




※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:87ページ



※お申込はこちらから↓

http://ws.formzu.net/fgen/S69116728/







◆特報。PDF小冊子『インテリジェンス災害対策&危機管理・集中講座』のご案内。




◆特報。PDF小冊子『インテリジェンス災害対策&危機管理・集中講座』のご案内。



家庭を守り、企業を存続させ、国を守るためには、大災害に対処するリーダーシップと知識を併せ持たなければなりません。

少しでも多くの方に、この災害対策&危機管理読本を読んでもらい、身近な大切な人を守っていただきたいと思います。




★申し込みはこちらです↓

http://ws.formzu.net/fgen/S43832011/



★小冊子PDF『インテリジェンス災害対策&危機管理・集中講座』目次と詳細


◆チャーチルに学ぶ危機管理、情報重視戦略
◆危機管理におけるリーダーシップ心得
◆佐々淳行『わが記者会見のノウハウ』を読み解く
◆SAS流・危機サバイバルの心理学
◆「キューバ危機のインテリジェンス」を読み解く
◆中西輝政『情報を読む技術』を読み解く
◆ラムズフェルドの情報力
◆後藤田正晴の危機管理ノウハウ
◆ド・ゴールの無情報学、危機管理リーダーの条件


◆震災の教訓集
◆東日本大震災に関する本質を分析する
◆子供たちに言い伝えたいこと
◆震度7を生き抜く、被災地医師が得た教訓
◆国土喪失。なぜ日本は領土を守れないのか
◆会社の緊急事態に対処する技術
◆列島強靭化論

◆情報サイクルを回せ
◆地名に隠された「東京津波」
◆死の淵を見た男、吉田昌郎と福島第一原発
◆富士山噴火、ハザードマップで読み解くXデー
◆決断する力
◆原発事故、残留汚染の危険性
◆大胆な発想、周到な準備を断行できる「有事のリーダー」とは。

◆大災害におけるトップの決断と行動ノウハウ
◆災害対策における危機管理の鉄則
◆ケーススタディ・東日本大震災における国家がとるべき初動対応
◆ケーススタディ・東日本大震災における迅速なる被災者支援対応(提言)
◆トップが考えるべき防災コミュニティ作りのポイント



以上。


★金額
5,000円(PDF版のみ)


※ページ数
A4サイズ・ 93ページ



★申し込みはこちらです↓

http://ws.formzu.net/fgen/S43832011/




◆無料PDF小冊子『歴史に学ぶ超情報力』、プレゼント企画です。エピソードも同時募集。



◆無料PDF小冊子『歴史に学ぶ超情報力』、プレゼント企画です。エピソードも同時募集。



国家や民族のインテリジェンス、知恵のレベルは、
政治、軍や外務省など公的な情報機関の量や質だけで決まるわけではありません。
すべての国民が持つ知恵、知識、教養や情報が、
その社会におけるインテリジェンスを支えているのではないでしょうか。

そういった意味でも、このPDF小冊子『歴史に学ぶ超情報力』を多くの方々へ読んでいただき、
日本の国と国民の情報力が少しでもレベルアップいただければと、願っております。




※お申込みフォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S27506939/




★無料PDF冊子『歴史に学ぶ超情報力』目次と詳細

◆火坂雅志『虎の城、藤堂高虎』
◆『真田三代』
◆『臥竜の天・伊達政宗』
◆『軍師の門、竹中半兵衛と黒田官兵衛』

◆童門冬二『徳川三代諜報戦』
◆『リーダーの決断、参謀の決断』
◆武田知弘『「桶狭間」は経済戦争だった:戦国史の謎は経済で解ける』
◆『織田信長のマネー革命、経済戦争としての戦国時代』

◆松平定知『歴史を本当に動かした戦国武将』
◆宮崎正弘『黒田官兵衛の情報学(インテリジェンス)』
◆『茶人・織田信長:茶の湯の歴史を変えた戦国武将』
◆奥瀬平七郎『忍術、その歴史と忍者』
◆清水昇『戦国忍者は歴史をどう動かしたか?』
◆磯田道史『忍者・合戦・幕末に学ぶ、歴史の愉しみ方』


※ページ数
A4サイズ:50ページ


お申込はこちらから↓
http://ws.formzu.net/fgen/S27506939/




小冊子PDFのみ、受け取ることが可能です。


◆インテリジェンス体験、聞いたことのある諜報の話など、
エピソード同時募集。


・もしよろしかったら、皆さまのインテリジェンス体験談、教訓、
聞いたことのある情報力に関する面白いエピソードなど教えていただければ幸いです。

・今回、小冊子PDFを受け取っていただき、
あとから思い出して、エピソードをお送りいただいてもかまいません。

・今後、執筆予定の小冊子や本に、引用&ご紹介、ヒントにさせていただく場合がございます。
その場合、お名前などはイニシャルなどにして分からないように、
ご紹介させていただきます。




◆特報。小冊子PDF『ハイパワー・インテリジェンス講座:特別版』ご案内。



◆特報。小冊子PDF『ハイパワー・インテリジェンス講座:特別版』ご案内。



インテリジェンスについて、より詳しくマスターされたい方のために、決定版の小冊子をご提供します。。
これにより、国内外の情報に関するノウハウを一気に押さえることができます。

情報力を高めて、日本を変えましょう。


小冊子の名称は『ハイパワー・インテリジェンス講座』。



※お申し込みはこちらです↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609





★金額

5,000円(PDF版のみ)



※ページ数

A4サイズ・270ページ




★小冊子『ハイパワー・インテリジェンス講座』目次と内容★

堀栄三『大本営参謀の情報戦記』を読み解く
アレン・ダレス『諜報の技術』を読み解く
CIAに学ぶ情報機関の作り方
レイ・クライン『CIAの栄光と屈辱』を分析する
モスクワの情報活動について学ぶ
CIA秘密訓練所「ザ・ファーム」の真実
CIA東京支局の状況分析
大森義夫「米インテリジェンス機構が直面する問題点」に学ぶ
アメリカ在日陸軍の情報部隊について概況
『陸軍中野学校・極秘計画』を分析する
インテリジェンスと政策の関係:英米政府に学ぶ
伝説の情報機関「F機関」・藤原岩市氏に学ぶ
野田敬生『諜報機関に騙されるな』を分析する
宮崎正弘『ウキリークスでここまで分かった世界の裏情勢』を読み解く
世界経済体制における今後の予測
アフガニスタン駐留米軍の補給ライン情勢
陸軍中野学校の成り立ちと情報教育の成功要因
現代に生きる陸軍中野学校のDNA
『不敗の宰相、大久保利通』を読み解く
防諜に関するノウハウ
指揮官の決断:特務機関長・樋口季一郎に学ぶ
イラク・アフガン作戦における民間軍事会社の動向
ウイリアム・スティーブンソンに学ぶ情報組織の作り方

公安警察の情報収集ノウハウ
仮野忠男『亡国のインテリジェンス』を読み解く
満鉄調査部に学べること
モスクワ対策マニュアル「モスクワの法則」
国家運営のインテリジェンス
中国スパイネットワークの活動状況
スパイから会社の機密情報を守る方法
英国の「戦略的欺瞞工作」
明石元二郎に学ぶ謀略将校の条件
岩中祥史『アナログ主義の情報術』を読み解く
刑事の「マル秘」情報収集法:裏を見通す技術
手嶋龍一『インテリジェンスの賢者たち』を読み解く
中西輝政『情報亡国の危機:インテリジェンス・リテラシーのすすめ』を読む
手嶋龍一氏・講演録『インテリジェンスの賢者たちの対話』
太田文雄『日本人は戦略・情報に疎いのか』を読み解く
ウォルフガング・ロッツ『スパイのためのハンドブック』を読み解く
三宅正樹『スターリンの対日情報工作』を読み解く
ティム・ワーナー著『CIA秘録』から読み解く諜報活動とは
国内外の新聞をくまなく読み、スクラップする効用
本物のインテリジェンスの英雄はシャーロック・ホームズであって、ジェームス・ボンドではない
小谷賢『モサド〜暗躍と抗争の六十年史〜』を読み解く
『伊藤博文の情報戦略』を読み解く
佐藤優『野蛮人のテーブルマナー〜「諜報的生活」の技術〜』

谷光太郎『情報敗戦〜太平洋戦史に見る組織と情報戦略〜』の要旨
徳本栄一郎『1945日本占領:フリーメイスン機密文書が明かす対日戦略』を読み解く
長谷川幸洋『官邸敗北』を読み解く
佐藤優の情報ノウハウ、外務省とウィキリークス
小林吉弥『田中角栄の知恵を盗め』を読み解く
飯島勲『小泉官邸秘録』を読み解く
伊藤惇夫『政治アナリストが教える情報を見抜く思考法』を読み解く
チャーチル式インテリジェンス
中西輝政『情報を読む技術』を読み解く
芳地隆之『満州の情報基地・ハルビン学院』を読み解く
手嶋龍一「2012年問題、新グレート・ゲーム、そしてインテリジェンス・ウォーについて」
岡崎久彦『明治の外交力:陸奥宗光の「蹇蹇録」に学ぶ』

童門冬二『徳川三代諜報戦』を読み解く
諜報IT専門のCIA型民間軍事会社を読み解く
『諜報の天才・杉原千畝』を読み解く
小谷賢『日本軍のインテリジェンス』を読み解く
佐藤優「外務省に学ぶ仕事法」を読み解く
菅原出『ウィキリークスの衝撃』を読み解く
瀬島龍三の情報力
高橋洋一『官愚の国:なぜ日本では、政治家が官僚に屈するのか』を分析する
竹中平蔵の情報収集術・勉強法
黒岩祐治『情報から真実をすくい取る力』を読み解く
キーパーソンに情報で食い込む
阿尾博政『自衛隊秘密諜報機関〜青銅の戦士と呼ばれて〜』を読み解く
徳川家康の戦略思考と情報戦略に学ぶ
明治時代のメディア・情報戦略
奥田泰広『国家戦略とインテリジェンス:いま日本がイギリスから学ぶべきこと』を読み解く
情報の世界は「人で始まり、人で終わる」
ドゴール将軍が作り上げた情報組織
元総理秘書官・飯島勲氏が明かす人生「裏ワザ」手帖
悪徳官僚に学ぶ「戦略的ゴマすり力」
幕末維新の情報戦を読み解く
インテリジェンスと地政学の関係
『策謀家チェイニー:副大統領が創ったブッシュのアメリカ』を読み解く
佐々淳行氏の「情報管理と危機管理」
佐々淳行『決断するペシミスト、後藤田正晴』を読み解く
佐々淳行『危機管理宰相論』を考察する
陸軍中野学校の哲学と人生観
陸軍中野学校の歴史的意義
『秘匿捜査〜警視庁公安部スパイハンターの344日〜』を読み解く
本田直之『レバレッジ人脈術』の注目すべきポイント
田中角栄と『政治家の器量』を読み解く
『戦争広告代理店』を読む
新聞記者に学ぶ「情報のさばき方」


以上。




★申し込みはこちらです↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609

◆新作小冊子PDF『中国・最新分析レポート(ハイブリッド版)』ご紹介。



◆新作小冊子PDF『中国・最新分析レポート(ハイブリッド版)』ご紹介。



★中国についてより詳しく知りたい方々へ


PDF版小冊子 『中国・最新分析レポート(ハイブリッド版)』

をご提供いたします。




※お申込みフォーム↓

http://ws.formzu.net/fgen/S30556474/



●小冊子『中国・最新分析レポート(ハイブリッド版)』目次と内容


◆峯村健司『13億分の一の男・習近平:人類最大の権力闘争』を読む

◆富坂聰『中国の地下経済』を読む

◆小林史憲『テレビに映る中国の97%は嘘である』を読む

◆中国の戦略について

◆逆転思考:激動の中国、ぼくは駆け抜けた

◆太田尚樹『日本人と中国人はなぜ水と油なのか』

◆フアン・カルデナル『進撃の華人:中国「静かな世界侵略」の脅威』

◆地方から読み解く中国と習近平体制

◆新たなる日中戦争。中国に対抗する30の戦略

◆中国の情報機関:世界を席巻する特務工作

◆なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?



※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:40ページ



※お申込はこちらから↓

http://ws.formzu.net/fgen/S30556474/


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ