『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆勉強術&アイデア術

◆角田和将、『速読日本一が教える、1日10分速読トレーニング』を読み解く




◆角田和将『速読日本一が教える、1日10分速読トレーニング』を読み解く



※要旨



・まずは速く読めるようになること。
理解はその後でいい。


・もっと言うと、
読む速度と理解度は関係ない。
たとえ、ゆっくり読んだからといって、
その分しっかりと理解できるわけではない。


・速読上達の鉄則は、
完ぺき主義を排除すること。


・本をたくさん読むことで
人生が豊かになる。


・本を読むことは一流の考えに触れること。


・読まない、理解しない、
視ることだけに集中すること。



・普通に読んで、理解できないものは、
速読をしても理解できない。


・文章を理解する、という一つの行動は、


「単語の意味を認識する」→「単語間のつながりを認識する」


という2つのプロセスに分解できる。


・右脳が活性化すると、
目標達成力が高まる。



※コメント
すさまじいスキルだ。
この速読を身につければ、
人生や仕事が高速回転で回りだす。



★角田和将
『速読日本一が教える、1日10分速読トレーニング』
の詳細,amazon購入はこちら↓



https://amzn.to/2PjwKlM







★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。
角田式速読術のポイント。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/GNDUcy6k-l0PbQPA3/




今回のキャンペーンは、

速読一、累計24万部速読本の
著者である角田和将が、


眼筋&右脳の能力を最大限に活かした
『記憶できる速読術』を習得する方法をお伝えします。


2010年に速読日本一のタイトルを獲り、
速読講師としても1000人以上の受講者に
速読をマスターさせた、確かな実績を持つ

角田和将がレクチャーする
キャンペーンとなっております。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


◆角田和将『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』を読み解く


◆角田和将『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』を読み解く




※要旨


・なぜ多くの成功者は速読を身につけたがるのか。


・ビルゲイツは、
かつて「あなたがもっともほしい能力は何か」
と聞かれ、
「本を高速で読む能力だ」
と答えた。


・彼以外にも、
JFケネディ大統領や司馬遼太郎など、
速読を実践していた人は、
世界中に数多くいる。


・彼らは多忙だ。
限られた時間のなかで
良質な情報を得るために、
たくさんの情報に触れ、
良質なものを見極めなくてはならない。


・新聞や本を読むスピードが速くなったり、
理解度が増すと、
頭の回転が速くなり、自信も生まれる。


・「読む」のではなく「見る」を心がける。


・わたしの考える「速読ができる」とは、
読んで理解するのではなく、
「見て理解する、に切り替える」
ということ。


・速読トレーニングで
頭の回転を加速させる。


・早く見る訓練をすればするほど
速度に耐えうる理解力がついてくる。


・理解力は「高速で見る力」に追随する。


・「内容を理解すること」より
「高速で見ること」を優先して
トレーニングする。


・速読は、筋トレと同じ。




※コメント
目から鱗の方法が詰まっている。
いろいろ試して、
速読のスキルアップを図りたい。




★角田和将『頭の回転が3倍速くなる!速読トレーニング』
の詳細,amazon購入はこちら↓




https://amzn.to/2PNidzY








★角田和将『記憶できる速読術』ご紹介。
角田式速読術のポイント。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/GNDUcy6k-l0PbQPA3/




今回のキャンペーンは、

速読一、累計24万部速読本の
著者である角田和将が、


眼筋&右脳の能力を最大限に活かした
『記憶できる速読術』を習得する方法をお伝えします。


2010年に速読日本一のタイトルを獲り、
速読講師としても1000人以上の受講者に
速読をマスターさせた、確かな実績を持つ

角田和将がレクチャーする
キャンペーンとなっております。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


◆施光恒『英語化は、愚民化』を読み解く





◆施光恒『英語化は、愚民化』を読み解く




※要旨


・中世ヨーロッパを支配していた「普遍語」が、ラテン語。


・ラテン語が、庶民を知的世界から排除していた。


・まず母国語を豊かにせよ。


・ホイットニーは言った。
母語を棄て、外国語による近代化を図った国で
成功したものなど、ほとんどない。


・言語が作ってきた日本らしさや日本の良さ。


・多くの日本人が日本の良さと感じるものの一つとして、
「思いやり」「気配り」の道徳がある。


・思いやりや気配りの発達と日本語の特性には、
密接な関係がある。


・日本語が生み出すものの見方や
日本語会話で求められる習慣は、
「思いやり」「気配り」の文化の源泉である。


・「翻訳」と「土着化」の国づくりは、
日本のいわば特技である。


・日本の国際貢献のあるべき姿は、「翻訳」と「土着化」の支援。


・日本がなすべきことは、新興国の人々が、
母語で高等教育まで行えるようすること。
母語で専門職を含むさまざまな職業に就けるように、
「翻訳」と「土着化」の国づくりのノウハウを提供し、
親身に支援することである。


・日本にできることは数多くある。
たとえば、母語による教科書を作成するためのノウハウや、
それを出版するための金銭的助成、
母語で教える教師の育成などである。
また法律や経済、自然科学の専門用語の翻訳支援などである。


・母語で豊かな人生が送れる世界を作る。




※コメント
言語というものは、
長い年月を経て形成される。
歴史の大切さを知った。



★施光恒『英語化は、愚民化』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2rLsnqp





★施光恒『本当に日本人は流されやすいのか』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2Kv6rqj






◆施光恒(せ・てるひさ)氏、プロフィールと動画『加速する英語化の脅威』




http://directlink.jp/tracking/af/693532/yhbvtMq8/



九州大学大学院准教授


1971年福岡県生まれ。

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、
英国シェフィールド大学大学院政治学研究科哲学修士課程、
慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。


法学博士。専攻は政治理論、政治哲学。
著書には、2015年にベストセラーとなった『英語化は愚民化』や
『リベラリズムの再生』等がある。また、『TPP 黒い条約』、
『まともな日本再生会議』、『反動世代』、
『ナショナリズムの政治学』等共著も多数刊行している。

最新刊は、5月10日発売の『本当に日本人は流されやすいのか』。



◆原田隆史『折れない心を育てる自画自賛力』を読み解く






◆原田隆史『折れない心を育てる自画自賛力』を読み解く




※要旨


・ノウハウよりも、まず自信。


・今の時代、ノウハウは充分過ぎるほど用意されている。
それを稼働させるための自信がない、
ということは、自信さえあれば
無限の可能性があるともいえる。


・エベレスト理論。
「目標は、いちばん高いところへ」


・日本一の富士山への挑戦者と、
世界一のエベレストへの挑戦者に置き換えて
考えるとわかりやすい。


・エベレストを目指す人にとっては、
富士山はピクニック気分で登頂できる。


・「自画自賛力」とは、セルフイメージを高める力を意味する。


・セルフイメージが高ければ高いほど、
達成確率もレベルも増していく。


・自画自賛力を育てるうえでも、
このエベレスト理論を重視せよ。


・「いつもどおり」を
コンスタントに発揮する。


・メダリストの一流のコーチたちは皆、
フィジカルな訓練に先立って目に見えない部分、
つまりメンタルをとても重視していた。


・まず「金メダル」という高い目標を設定する。
そのうえで「絶対やれる」というセルフイメージを
高めてあげる。


・トップアスリートの指導者は、
メンタルを鍛える。
鍛え上げられたメンタルとはすなわち、
絶対に揺るがない自信、
「必ず自分はできる」というセルフイメージのことだった。


・潜在意識にアクセスする。


・具体的にどうやって潜在意識にアクセスすべきか。
それが原田メソッドの「心づくり指導」。
つまり、生活を正すことだ。

「元気に挨拶する」「靴を揃える」
「椅子を机の下に入れる」
「整理整頓する」
「身だしなみを清潔にする」など。


・皿洗いを休まなければ、日本一になれる。


・教え子で砲丸投げの選手の女子中学生は、
日本一の優勝インタビューで、
勝利の要因をこう答えた。
「私は毎日の皿洗いを休みませんでした」


・わたしは陸上部の子どもたちに、
競技だけでなく生活の目標を立てる指導をした。
部活以外でも目標に向かい続ける姿勢をつくることで、
心を強くするのだ。


・彼女の奉仕活動は「毎日皿洗いをすること」
それは、1日わずか15分。
簡単な行為だ。
しかし、この簡単な行為を毎日続けるというのは、
想像以上に大変なことだ。


・「毎日の皿洗いを一日も休まず続けた自分が、
逆転できないはずがない。私はできる」

競技中、彼女は強く確信していた。


・自分が「できること」を休まず続ける。
それを毎日積み重なれば、
着実に自画自賛力は育つ。
まさに、「継続は力なり」だ。


・すべての仕事はセルフイメージを高めるためにある。
これは職場でも同じ。
「誰よりも早く出社する」
「とれる電話はすべてとる」
「出社したら同僚の机を拭く」


・なりたい人物「モデル」をそっくり真似る。
モデルは何人いてもOK。



・無条件に力をくれるメンターと接する。


・私のメンターは、幕末の志士、坂本龍馬だ。
幾多の難関につねに公平無私の心で挑み、
磨き切った志で、
大政奉還という一大事を成し遂げた。


・最高のメンターである坂本龍馬を
身近に感じられるように、
わたしはパソコンのデスクトップを
龍馬の写真にしている。
手帳などにも、メンターの写真を張り付けよ。


・小さな「できること」が心を強くする。





※コメント
ちりも積もれば山となる。
数々の日本のことわざが、
地道な努力を語っている。
振り返りたい。




★原田隆史『折れない心を育てる自画自賛力』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2m7eUWi






◆原田隆史『原田式目標設定シート&達成メソッド』ご紹介。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/WCbo1vlT-OEMqkdfz/



・成功は技術である。


・「正しい目標達成技術」を知れば、
誰でも目標達成出来るようになる。


・「原田式目標設定シート 2018」と
「2018年に目標が達成できる原田メソッド解説動画」をご提供。


◆原田隆史『子どもの夢を叶える家族の教科書』を読み解く







◆原田隆史『子どもの夢を叶える家族の教科書』を読み解く






※要旨


・子どもの問題は、親の問題である。


・靴をそろえるだけで、子どもが変わる。


・心のコップを上に向ける。


・私の教師時代、多くの問題を抱えた荒れた学校では、
校内は汚れ、トイレは破損していた。


・壊れたトイレや扉を修理し、
学校をすべてきれいにするには時間がかかる。


・私は生徒たちの心のコップを上に向けるために、
まず学校で生徒の靴を徹底して揃えることにした。


・体育館で集会などがあると、
入口に置かれた外履きの靴が散乱していたのを、
生徒にやらせるのではなく、
私が一人で何十人もの生徒の靴をそろえた。
ただ、黙ってそろえ続けた。


・しばらくすると、
その様子が見えていた数人の生徒が、
自分の靴をそろえるようになった。
そして自分の靴をそろえる生徒が増え始めると、
今度は他人の靴もそろえるようになった。


・すると、最初は私の話に耳も貸さなかった生徒が、
話を聞くようになった。
心のコップが上を向き始めたのだ。


・子どもの心のコップを上に向けるためにも、
まずお父さん、お母さんが靴をそろえているところを
子どもに見せてください。


・再建の3原則を徹底させる。
今すぐにでも家庭教育の基本を子どもに教えてください。
それは次のたった3つだ。

1.時を守る。

2.場を清める。

3.礼を正す。



・「時を守る」とは、
時間を厳守すること。

相手を尊重する行為であり、
信頼を得られる。


・「場を清める」とは、
掃除や整理整頓の習慣を身につけること。

自分自身と向き合う行為であり、
心づくりができる。


・「礼を正す」とは、
挨拶と返事をすること。
そして「ありがとう」と感謝する気持ちを持つこと。
挨拶は礼儀の基本だ。

人間関係が良好になる。


・心をきれいにする奉仕活動。
家での奉仕活動とは、
家のお手伝いである。
家族のためになることがいいでしょう。
お皿洗い、玄関の靴を揃えるのなど。





※コメント
人生と家族の事柄は、
切っても切り離せない。
よくよく考えて取り組みたい。



★原田隆史『子どもの夢を叶える家族の教科書』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2CQJxK7






◆原田隆史『原田式目標設定シート&達成メソッド』ご紹介。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/WCbo1vlT-OEMqkdfz/



・成功は技術である。


・「正しい目標達成技術」を知れば、
誰でも目標達成出来るようになる。


・「原田式目標設定シート 2018」と
「2018年に目標が達成できる原田メソッド解説動画」をご提供。


◆原田隆史『成功の教科書:原田塾のすべて』を読み解く




◆原田隆史『成功の教科書:原田塾のすべて』を読み解く





※要旨


・「成功の技術」は真似ることができる。


・現状を打破する方法には、3つある。

1.たくさんやる。

2.工夫する。

3.真似る。


・「真似る」ことは簡単だ。
そう考えた中学校の陸上部顧問の私は、
勝ちたい、勝たせたいという思いから、
徹底的にオリンピックの金メダリストを分析した。


・強いスポーツ選手に加えて、
世界中の偉人、成功者と呼ばれる人たちの人生も
徹底的に研究した。
古今東西の「成功のプロフェッショナル」に学んだ。


・一度身につけた「成功の技術」は
何度でも反復できる。


・「真似る」ことは簡単だ。
誰にでもできる。
スポーツで世界一になろうと思ったら、
世界一の選手を徹底的に真似ればいい。
ビジネスで成功しようと思ったらビジネスの成功者を
徹底的に真似ればいい。


・書いてイメージを強化する。


・感謝の後出しは厳禁。
感謝は先取りする。


・助けること、助けてもらうこと、
どちらが先だろうか。
助けることが先に決まっている。


・奉仕活動、清掃活動で
感謝の気持ちを表す。


・20年間3万人の指導を行ってきて、
結局、どのような人が周囲から助けてもらえるかといったら、
「心のコップ」が上を向いている人だった。


・つまり「真面目、素直、一生懸命」で、
陰日なたなく努力する人だ。


・あなたは自分自身の「心のコップ」を
上に向けなければならない。
そのための具体的な活動が、
奉仕活動、清掃活動、つまり、
心をきれいにする活動だ。


・成功のために一番大切なことは、
きれいな心だった。


・毎日、皿洗いを継続することで、
砲丸投げの日本一になった女子中学生を紹介した。
わたしの教え子だ。


・彼女は毎日皿洗いをすることで、
心がきれいになった。
そして継続することで心が強くなった。


・奉仕活動や清掃活動は、
オリンピックの金メダリスト、偉人、
成功者が最も大切にしていた「心」を
育てる心づくりの基本なのだ。


・「成功のプロ」を目指すならば、
まず感謝の先取りとして、奉仕活動、
清掃活動を真っ先に考えられる人間にならなければならない。
大それたボランティア活動をする必要はない。
今すぐできるちょっとしたことから始めればいい。


・皿洗いをする、風呂掃除をする、
玄関の靴をそろえる、洗濯物をたたむ。
そんな簡単なことでも、
家族や指導者への感謝の先取りになる。


・こういった奉仕活動、清掃活動によって、
身の回りの「すさみ」がなくなり、
ますます「心」がきれいになる。




※コメント
掃除は、やはり人生につながる。
こういった基礎を大切にしたい。



★原田隆史『成功の教科書:原田塾のすべて』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2CWYqe1









◆原田隆史『原田式目標設定シート&達成メソッド』ご紹介。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/WCbo1vlT-OEMqkdfz/



・成功は技術である。


・「正しい目標達成技術」を知れば、
誰でも目標達成出来るようになる。


・「原田式目標設定シート 2018」と
「2018年に目標が達成できる原田メソッド解説動画」をご提供。


◆原田隆史『本気の教育でなければ子どもは変わらない』を読み解く



◆原田隆史『本気の教育でなければ子どもは変わらない』を読み解く





※要旨


・大人が変わらなければ、子どもは変わらない。


・まず大切なのは、子どもたちの心のコップを上向きにすること。
具体的には、次の6項目を指導する。

1.靴を揃える。


2.椅子を机の中に入れる。


3.かばんを立てる。


4.元気のいい弾んだ「ハイ」という返事。


5.人より早く挨拶をする。


6.背筋をピンと伸ばした姿勢。



・まず、大切なのは態度教育である。


・目標を持たせる。


・書き続ければ、意識は高まる。


・まず、クツを揃えることから。
家庭でできる心づくり指導。


・母性だけの教育が暴力を生む。


・靴をそろえさせよう。
家庭での「心づくり指導」は、
いいかえれば家庭に「父性」を取り戻すこと。


・父性は、お父さんでなければ発揮できない、
というものでもない。
お母さんが父性を発揮することもできる。
家庭に、一つの決まり、
けじめを持ち込めばいい。


・その決まりを、毎日つづける。
何があっても決まりをつづけさせる
という厳格かつ強い意志が父性なのだ。


・靴を揃えてられるようになったら、
次はテーブルのゴミを片付ける。
親自身も努力して家の中から
「すさみ」をなくしていくことが大切。


・整理整頓をして
ゴミをきちんと片付け、
子どもの心をすさませる原因を
家の中につくらない。






※コメント
やはり、教育の基本は、家庭教育であることを悟った。
日本を再生しましょう。




★原田隆史『本気の教育でなければ子どもは変わらない』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2CWYxpX








◆原田隆史『原田式目標設定シート&達成メソッド』ご紹介。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/WCbo1vlT-OEMqkdfz/



・成功は技術である。


・「正しい目標達成技術」を知れば、
誰でも目標達成出来るようになる。


・「原田式目標設定シート 2018」と
「2018年に目標が達成できる原田メソッド解説動画」をご提供。





◆小熊弥生『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』







◆小熊弥生『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』
を読み解く


※要旨


・英語力を格段にあげる「ブツブツ反復」とは、当時の私にお金と時間がなかったことから自然に生まれた学習法。
受身で聞くだけでなく、自分の口でいうというのは、英語をものにするのに非常に効果的だった。
単語や文章をひたすら呟く。


・英語が伸びる人、伸びない人の差は目標設定にあり。
英語を使って何がしたいかをイメージする。


・語源、類義語、対義語でボキャブラリーはどんどん増える。
単語は芋づる式に増やす。


・映画や音楽を利用し、感情を使って単語を覚える。
人間の脳の「感情を伴うと記憶に残りやすい」という性質を使えば、ほかにも上手に単語を増やせるシーンがある。


・日本語には訳さない。
リーディングは、TOEICやTOEFLなどの試験対策はもちろん、ビジネスのための情報収集などにも欠かせない重要なスキル。
リーディング力を磨くには「大量の読み流し」を!
出合った単語をすべて覚える必要は無い。
最初は自分が詳しいジャンルを選ぶ。


・TOEIC攻略のポイントを押さえる。

1.まずは単語力を伸ばすことをに力を入れる。
単語力だけでも700点は取れる。

2.リスニングは耳を鍛え、解き方のコツを押さえておく。

3.文法はパターン学習。
問題集を解き、解説を読んでパターンを身につけろ。

4.リーディングは「全部読まず、要点をピックアップして解く」力をつける。


※コメント
彼女から学べることは、やればできる、といったことだろう。
さまざまな壁があっても、すぐやり、急いでやれば、突破できる。
語学は一種の精神修行であり、テレビを見る暇があったら、エイヤ!ですぐに取り掛かろう。




★小熊弥生『TOEICテスト280点だった私が半年で800点 3年で同時通訳者になれた42のルール』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2w21WOj





◆小熊弥生『マインド・ブレイクスルー英語』ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/vKdo5VfJ/



★初月無料。翌月より、月々4,980円。



★小熊弥生、略歴。



通訳歴20年。 TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。
独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。
その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。

◆加藤直志『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』を読み解く





◆加藤直志『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』を読み解く



※要旨


・ユダヤ人の究極の記憶法とは、
「体をキツツキのように揺らしながら、
口を動かしてつぶやくこと」
に他ならない。


・実際、彼らはそうやって1000ページ以上もあると
される聖書の中の「トーラー」と呼ばれる部分を
全文記憶している。


・ユダヤ人に学べば英語は必ず上達する。


・「学ぶというのは、繰り返し朗読をして、
繰り返し書き写し、そして繰り返し考えることである」
というユダヤの格言がある。


・わたし自身ユダヤ関連の本を読み漁り、
そして彼らとともに机を並べて学んだことからも、
音読と反復による暗記練習が英語を身につけるうえでは
最大のポイントだと確信している。


・「体を動かしてつぶやく」だけで、
英語は必ずモノにできる。
なぜなら、単純なリズム運動が加わることで、
英語が脳に勝手に定着してくれるからだ。


・「単純なリズム運動」と「つぶやくこと」が
英語にとってはもっとも大切。


・「財産が取り上げられても教育だけは誰にも奪うことはできない」


・繰り返しこそが「記憶の民」の知恵を形作っている。
格言通り、
「音読と反復による暗記練習」が
ユダヤ人の勉強法の最大の特徴だ。


・ユダヤ人は、復習を重視する。
1回でも多く、わかるまで何回も繰り返し学んで
理解することが基本中の基本だ。
この基本にしたがって声に出して勉強し、
ついには諳んじられるくらいに暗記することで、
同じ学びを繰り返す。


・「落ち着きなく」勉強するから記憶に残る。


・ユダヤの経典には
「楽しんで学んだ勉強だけが、よく身に付く」
とある。


・ユダヤ式勉強法のエッセンス。

1.とにかくワクワクすることから始める。

2.体を動かしたり、歩いたりしてリズムをつけて学ぶ。

3.声に出して、つぶやきながら学ぶ。

4.最高の「つぶやき」環境を調える。

5.反復練習や復習をすぐに行う。



・英語学習も、好きな歌、童話、絵本、本、
ドラマや映画、そして有名人のインタビューなど、
興味があるものから始める。


・英語だからこそ「ながら」勉強でうまくいく。


・「つぶやき」で脳の記憶を厚くする。


・「すぐの繰り返し」「すぐの復習」が
英語定着のカギ。


・ユダヤ人は超おしゃべりで超伝え上手。


・英語を話せるようになるためには、
シンプルなパターンをしっかりと使いこなせることが何より大切。


・とにかく、シンプルに伝えたもの勝ち。
アインシュタインは、こう言っている。
「6歳の子どもに説明できなければ、理解したとはいえない」


・成功するためには質問することが何よりも大事。


・たくさん質問をしたら相手からより多くの情報を聞き出すことができ、
その答えなどからキーワードを見つけることができる。
そのキーワードを会話の糸口とし、
さらに会話に弾みをつけることができる。


・ユダヤ人たちは、
「100の説得よりも1の笑いのほうが効果的である」
ことを知っているので、ジョークを使っている。


・ユダヤ人はこう考えている。
「失敗や敗北こそが現実であり、それを知っている者こそ勝利する資格がある」


・失敗を恐れずどんどん挑戦して、
「上手に表現したい」という気持ちを育てた人ほど、
いろりおな情報源から表現を吸収するようになる。
それが名誉なのだ。


・「40歳からでも聖者になれる」
昔、無学な羊飼いが自分の子どもが文字を習うのと
同じくして40歳から勉強して、最終的には宗教指導者となった。



・「知恵を獲得する過程で、忍耐があれば、
すでにその半分は手に入れたようなものだ」
(ユダヤの格言)


・学ぶのに遅すぎることはない。





※コメント
実践的な勉強法だ。
古来から伝わる勉強法を現代にアレンジしている。
現代にも十分通用するやり方だ。





◆加藤直志『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2f7mMTf




◆加藤直志『ユダヤ式・英語勉強法』ご紹介。


詳細はこちら↓


http://globalizellp.com/lp/7499/472906


※要旨


◎ユダヤに代々伝わる「体を揺らしながらつぶやく記憶法」とは

◎この記憶法なら高校1年までに習った英語で話せるようになる


◎「落ち着きなく」勉強すると、脳が勝手に記憶する

◎「つぶやく」「書く」を同時にやれば記憶量が2倍になる


◎“好きな単語"だけをまとめた「マイ単語帳」で会話力アップ

◎「14の単語」を覚えると1万4000語の意味がわかる! ?


◎気づけばペラペラになる「ユダヤ式ひとり言トレーニング」

◎アウトプットは「質」より、「量」より、「スピード」が一番


◎ユダヤ人直伝の「指さし音読法」で英語が脳に定着する


◎英語を日本語に訳さずに、英語のまま理解できる日がきた!

◎読んだら忘れない「ユダヤ式文章の読み方」




詳細はこちら↓


http://globalizellp.com/lp/7499/472906








◆安田正『英語はインド式で学べ』を読み解く




◆安田正『英語はインド式で学べ』を読み解く



※要旨


・英語とヨーロッパの言語が似ているという感覚は、
日本語でいうところの方言と同じ感覚だ。


・インド式英語学習法とは、
日本人に合った英語学習法だ。


・いま、「世界標準の英語」をいちばん使いこなしているのは、
インド人だ。


・世界標準の英語(グローバル・イングリッシュ)
の4つの特徴。

1.発音は気にしない。

2.イディオム、慣用表現は使わない。

3.新しい単語を覚える必要はない。

4.英語が得意でない人でも使える。


・インド式英語学習法の3つの特徴。

1.発音は気にしない。

2.インド式英語を使うための工夫をする。

3.英語は道具なので、使わない単語は覚えない。



・日本人のためのインド式英語学習法。

1.発音は気にしない。

2.単語、文法など、新しい暗記はしない。

3.「sound、find、give」の3つの動詞で英文のカタチを
作れるようにする。



・英語は文のカタチで理解する。


・単語ではなく、文章で伝える。


・発音は正確でなくても伝わる。
これから世界中に広まっていく「グローバル・イングリッシュ」は、
歴史上、類を見ないほど「世界中の人々が話しやすい英語」
という新しい英語だ。


・インド式は、日本人が英語のコツを教える。


・いま、英語を話している大部分は、
英語を母国語としない人たちだ。


・ビジネスは英語で話すが、
世界中で常識となった。


・英語はコミュニケーションの道具。
通じればいい。


・直訳しようとすると、単語力が必要になる。
だから、知っている単語を、最大限に活用する。


・語学の才能がなくても、
グローバルイングリシュは喋れる。


・英語が話せれば、人生が10倍豊かになる。
英語が話せれば、全世界の70億人の中の、
20億人とつながれる。


・英語ができるかどうかで、
3000万円の差がつく。
相手がフランス人でも、
コミュニケーションの基本は、英語である。


・今までの学習法は、
日本人に合っていなかった。


・動詞の種類によって、
英文のカタチは決まっている。


・「at、with」だけで「積み残し情報」は、OK。


・「3つの動詞」を使えば、
どんなことでもしゃべれる。
「3つの動詞と英文のカタチ」習得で、
2つの凄いことが起こる。


・3つの動詞を使って、英文のカタチで、
どんなことでもしゃべれるようになる。
そして、その3つの動詞で、同じ内容を、
言い換えることができるようになる。


・英語をはなすことは、発想だ。
あなたもインド式で、世界に向けて、
あなたの意見を発信しましょう。


・グローバル社会で求められることは、
「自分たちの英語を作って、それをドンドン使って世界に打って出る」
という積極性であり、そのための工夫なのだ。


※コメント
画期的なコンセプトだ。
もともとインド英語は、凄いと噂には聞いていたが、
具体的な方法を知り、衝撃を受けた。
インド式で英語への自信をつけて、
そこから綺麗なクイーンズイングリッシュを目指したい。



★安田正『英語はインド式で学べ』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1XhUDMT



★安田正『超一流の雑談力』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1Q0uRqC




◆安田正『日本人のためのインド式英語、動画講座』ご紹介。


詳細はこちら↓

http://1apprize.com/item/99657/7250/

  
◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ