『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆ビジネス&経済を学ぶ

◆安田正『英語はインド式で学べ』を読み解く




◆安田正『英語はインド式で学べ』を読み解く



※要旨


・英語とヨーロッパの言語が似ているという感覚は、
日本語でいうところの方言と同じ感覚だ。


・インド式英語学習法とは、
日本人に合った英語学習法だ。


・いま、「世界標準の英語」をいちばん使いこなしているのは、
インド人だ。


・世界標準の英語(グローバル・イングリッシュ)
の4つの特徴。

1.発音は気にしない。

2.イディオム、慣用表現は使わない。

3.新しい単語を覚える必要はない。

4.英語が得意でない人でも使える。


・インド式英語学習法の3つの特徴。

1.発音は気にしない。

2.インド式英語を使うための工夫をする。

3.英語は道具なので、使わない単語は覚えない。



・日本人のためのインド式英語学習法。

1.発音は気にしない。

2.単語、文法など、新しい暗記はしない。

3.「sound、find、give」の3つの動詞で英文のカタチを
作れるようにする。



・英語は文のカタチで理解する。


・単語ではなく、文章で伝える。


・発音は正確でなくても伝わる。
これから世界中に広まっていく「グローバル・イングリッシュ」は、
歴史上、類を見ないほど「世界中の人々が話しやすい英語」
という新しい英語だ。


・インド式は、日本人が英語のコツを教える。


・いま、英語を話している大部分は、
英語を母国語としない人たちだ。


・ビジネスは英語で話すが、
世界中で常識となった。


・英語はコミュニケーションの道具。
通じればいい。


・直訳しようとすると、単語力が必要になる。
だから、知っている単語を、最大限に活用する。


・語学の才能がなくても、
グローバルイングリシュは喋れる。


・英語が話せれば、人生が10倍豊かになる。
英語が話せれば、全世界の70億人の中の、
20億人とつながれる。


・英語ができるかどうかで、
3000万円の差がつく。
相手がフランス人でも、
コミュニケーションの基本は、英語である。


・今までの学習法は、
日本人に合っていなかった。


・動詞の種類によって、
英文のカタチは決まっている。


・「at、with」だけで「積み残し情報」は、OK。


・「3つの動詞」を使えば、
どんなことでもしゃべれる。
「3つの動詞と英文のカタチ」習得で、
2つの凄いことが起こる。


・3つの動詞を使って、英文のカタチで、
どんなことでもしゃべれるようになる。
そして、その3つの動詞で、同じ内容を、
言い換えることができるようになる。


・英語をはなすことは、発想だ。
あなたもインド式で、世界に向けて、
あなたの意見を発信しましょう。


・グローバル社会で求められることは、
「自分たちの英語を作って、それをドンドン使って世界に打って出る」
という積極性であり、そのための工夫なのだ。


※コメント
画期的なコンセプトだ。
もともとインド英語は、凄いと噂には聞いていたが、
具体的な方法を知り、衝撃を受けた。
インド式で英語への自信をつけて、
そこから綺麗なクイーンズイングリッシュを目指したい。



★安田正『英語はインド式で学べ』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1XhUDMT


◆安田正『年収3億の雑談力』、ご紹介。


https://icckame.com/lp/28186/949152/


★安田正、略歴


パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役。
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。



現在は英語の他、ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応コーチング、交渉などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍している。大手企業を中心に研修、コンサルティングを通して多くの役員との交流がある。東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。


また、オリジナルのコンテンツの書籍を出版、累計73万部を超える「超一流の雑談力」の他「英語はインド式で学べ!」「一流役員が実践している仕事の哲学」ベストセラー著者でもある。




◆安田正『一流役員が実践している仕事の哲学』を読み解く



◆安田正『一流役員が実践している仕事の哲学』を読み解く


※要旨


・メールが来たとき、平社員は5分考えた挙句、あと回しにする。
役員は、3分以内に返信する。
会社の役員クラスの方たちに共通していることを挙げるとすれば、
それはメールのレスポンスが速い。
驚くほど速いことが特徴。


・出社時間。
平社員は、始業5分前。
役員は、遅くとも1時間前には来ている。
ビジネスにおける1秒の重みを役員の人たちは知っている。
「1秒の遅刻がビジネスチャンスを失わせる」その怖さを知っている。


・会食時間を設定する時。
役員は、きっかり18時から。


・心ある人は時間の損失を最も悲しむ。
(ダンデ)


・ごちそうしてもらった次の日、
役員は、100%朝7時にお礼メールが来る。


・出世した人たちは、次のようなほんの小さな積み重ねを非常に大切にする。

1.お礼のメールを出す。(手紙の礼状も含む)
これは接待に限らず、面談、人脈を使った紹介、物の紹介、贈り物などなど、
全てのことにおいてです。
必ずお礼のメールを出す。

2.まめに報告連絡相談(ホウレンソウ)をしたり、情報交換のための連絡も頻繁にする。

3.メールや電話も即レスポンス。


4.頼まれたことで簡単にできることは、すぐその場で済ませてしまう。


・自分が当たり前だと思うところに強みがある。


・どんなものを食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人間であるかを言い当ててみせよう。
(ブリア・サヴァラン)


・役員は、たいてい長いネクタイをしている。
ビジネスパーソンにとって服装とはビジネスという戦いのための鎧であり、
出世している方たちはそれを重視している。
「人は見かけで判断されているから」と考えているからこそ、服にお金をかけているのです。


・革靴を履くとき、役員は、必ずひもを結び直して履く。
一流の凛とした所作があなたを印象付ける。


・手みやげを平社員は、道すがら買う。
役員は、包装紙を決める。


・決して言い訳をするな。
決して愚痴をこぼすな。
(ディズレーリ)


・三流は、体調不良で休む。
一流は、健康オタクである。


・お風呂に入るとき。
一流は、朝風呂を浴びる。
役員の方々にかなりの割合で共通している習慣といえば、「朝風呂に入っている」ということ。
「朝風呂に入ると出世する」
こんなジンクスもある。


・所作。
三流は、テーブルマナーを知らない。
一流は、自然に完璧な振る舞いができる。


・家庭。
三流は、尻に敷かれまくっている。
一流は、あえて尻に敷かれている。


・デスクを見てみると、
出世している人の机は、新品のように美しい。


・役員まで行く人は、仕事と同じくらい趣味を極めようとする。


・伸びない人は、過去の栄光にしがみつく。
伸び続ける人は、伝説を更新し続ける。


※コメント
仕事の要諦はいろいろある。
若い頃からこういうことを学んでおくと非常に役に立つ。
年をとってからも、こういったことを復習して常に精進することも大切である。


★安田正『一流役員が実践している仕事の哲学』
の詳細、amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/WAIoKc



★安田正『英語はインド式で学べ』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1XhUDMT


◆安田正『年収3億の雑談力』、ご紹介。


https://icckame.com/lp/28186/949152/


★安田正、略歴


パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役。
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。



現在は英語の他、ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応コーチング、交渉などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍している。大手企業を中心に研修、コンサルティングを通して多くの役員との交流がある。東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。


また、オリジナルのコンテンツの書籍を出版、累計73万部を超える「超一流の雑談力」の他「英語はインド式で学べ!」「一流役員が実践している仕事の哲学」ベストセラー著者でもある。




◆フィリップ・リエス『カルロス・ゴーン:経営を語る』を読み解く



◆フィリップ・リエス『カルロス・ゴーン:経営を語る』を読み解く


※要旨


・ルノーから日産にやってきたコストカッター、カルロス・ゴーンは、
当初まだ若く、数ヶ国語に通じ、レバノン系でブラジル生まれ、
フランス式の教育を受け、欧州や北米、南米の各地で目覚しい活躍をしてきたという人物だった。


・もちろんビジネス上の伝説には事欠かない。
例えば、世界第一のタイヤメーカー、ミシュランに18年間籍を置き、
そこでスピード出世の記録を打ち立てた。
96年には北米ミシュランの最高経営責任者として全社売上の4割を占める大市場を掌握、
その実績から、ルイ・シュヴァイツァーに乞われてルノーに移った。


・フランスの教育システムは、競争と選抜と「知性の価値を重んじる」の発想に基づく。
チームワークやコミュニケーションはまったく軽視されていた。


・同期入社は社内ネットワーク作りの基礎。
ミシュランは、将来の幹部候補生が一日でも早く会社の一員になるように、
非常に効果的で、独特のシステムを採用していた。
インストラクターの指導のもとに、幹部候補生は3ヶ月間の研修を受け、寝食をともにする。
そして、この間に、生産、営業、販売、財務、海外業務などさまざまな分野に関して、
その部門を率いるトップの人々から講義を受ける。


・ミシュランの工場長時代、ゴーンは指導者として大切なことをたくさん学んだ。
「自分がまだ若い場合、赴任して最初にすべきことは人間関係を作り上げること。
部下の管理職の人たちと一緒に過ごすことによって、自分のことをわかってもらい、
交流を深め、その管理職たちが直面している問題と、それをどうやって解決しようとしているか、
そのやり方を知る必要がある。
そこでいちばん大切なのは『チームを作る』こと」


・多国籍企業の発展には、現代的な財務管理がそれ以前にもまして重要になる。
その発想とは、すなわち、「財務担当者」とは、そろばん勘定する人ではなく、
事業や資本市場への投資、銀行からの借り入れを常に最適化することを考える人のことだ。


・ミシュランは、同族企業で、長期目標に基づいた経営を行い、
何よりもまず製品とその品質、設備投資や企業戦略についてじっくりと考える会社だ。


・ルノーで「200億フラン削減計画」を実行に移すとき、
ゴーンはミシュランでのブラジルと北米で成功したやり方をルノーに持ち込んだ。
チームを作り、部門間の壁を崩し、数値目標を掲げ、日程を組み、それを遵守するというやり方である。


・「まず始めたのはごく単純なこと。
チームができあがると、私たちは毎月全員が集まり、すべての問題を一緒に検討した。
そうやってチーム精神を育てていきながら、削減計画について語り合った」


・数字の裏にあるものを見つけたい。
「私は日産の状況を数字で把握していたのか?
答えは、ノーだ。
もちろん、会計調査などのさまざまな報告書を見ることで、
数字的に日産がどのような状況にあるかは知っていた。
しかし、現実とは切り離されていた、資料だけで読んだ数字を、私は重視するということはなかった。
私はそういった数字の裏に隠されているものを、内側から発見したかった」


・日産が業績不振に陥った最大の原因のひとつが、「ビジョンがないこと、戦略のなさ」だった。
たとえば、「日産を5年後にどうしたいのか?」
「10年後にどうしたいのか?」
社員に尋ねてみても、答えは返ってこなかった。
「日産というブランドは何を意味しているのか?」と訊いても同じだった。
つまり、日産の人々にはビジョンというものが欠けていた。


・1999年、ゴーンは、日産リバイバル・プランを発表した。
自社の業績不振を発表する際、日本の企業で決まって繰り返させる陳謝の言葉や涙はない。
ただ淡々と数字を説明し、再建策を述べていくだけである。
それだけに、そのスタイルは信頼感を抱かせるものであった。
また日産の新しい経営陣の断固たる決意がひしひしと伝わってくるものであった。


・「日産リバイバル・プラン」を策定するとき、ゴーンが一番時間をかけて力を注いだのは、
現場に足を運んで社員の声を聞くことだった。
企業とは物ではない。
数字の総計でもない。
バランスシートを見ただけでは、社員の思っていることはわかりはしない。


・「現場に出かけていって、直接話をすることはとっても重要です。
そうすれば、社員達が自分たちの置かれた状況をどう捉えているのかわかる。
またそれを通して、状況そのものもはっきり見えてくる。
現状把握は経営の要」


・「全体の状況を把握し、対策の規模、期間、効果を見極めること、これが基本中の基本である」


・フットワークの軽さ。
ゴーンは社長室に閉じこもってしまうわけではない。
そのフットワークの軽さから、日々、現場を飛び回っている。
社長室で財務指標や受注動向に目を配っているだけでは、経営はできない。
経営とは「実践」であって「学問」ではないのだ。


※コメント
現場を回りながら、あらゆるデータと情報、知識を蓄えながら、決断する。
これこそ、理想の形だ。
たとえ社長じゃなくても、個人の仕事にもいかせる。


★フィリップ・リエス『カルロス・ゴーン:経営を語る』の詳細、amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/19EKFbb






◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。


★渡邉哲也『これからヤバイ、米中貿易戦争』、新刊本、ご紹介。


★渡邉哲也『これからヤバイ、米中貿易戦争』、新刊本、ご紹介。



https://amzn.to/2ss1fMG



★豪華著者特典がもらえる!
渡邉哲也著『これからヤバイ 米中貿易戦争』Amazonキャンペーン!

(こちらにアマゾン注文番号を入力してください)


http://tokuma-sp.moo.jp/US-China_trade_war/op



★ポイント


経済崩壊を食い止めるために習近平は独裁的権力を強化、
国営企業の増強で海外市場を荒らし、南シナ海侵略を本格化させている。



そのカラクリに気づいたアメリカは、
同国で買収攻勢を強めてきた海航集団や安邦を融資規制で破綻危機に追い込み、
ZTEとの取引禁止、中国への制裁関税強化など、
次々と対中規制を打ち出している。



米朝首脳会談中止を決めたトランプは、
北朝鮮の態度急変の裏に中国の存在を公言、
決定的となった米中激突のシナリオを描く!






◆船ヶ山哲『洞察のススメ』を読み解く







◆船ヶ山哲『洞察のススメ』を読み解く



※要旨


・「大富豪8人の資産額=貧困層36億人の資産額」
という衝撃の事実。


・あなたが一番長く続けてきたことが、ビジネスになる。
自分の才能の発見は、
「過去、長く続けてきたことを知ること」である。


・「長く続けてきたこと」×「需要」=ビジネス。


・ヒントは「競合他社」にある。


・あなたの中に眠るリソースの価値を知る。


・不安を脳から追い出せ。


・不安から脱却するためには、
「暇にしないこと」である。


・不安を消滅させるには、
ドーパミンを分泌させ、アクセルを強める。


・アクセルを強めることで
マイナス感情をプラスに持っていく。


・体を動かすことでドーパミンを分泌させる。


・掃除をすることで脳が整理させる。


・「どうしたら解決できるか」を口癖にする。


・長期的にポジティブを叶えるには、
「どうしたら解決できるのか」
と呪文のように自問自答することだ。


・「自信がない」を完全克服する秘策。
ポイントは2つ。
「小さな成功体験」と「数」である。



・自信が増えると、勇気に変わる。





※コメント
人の資産の大きさは、様々だ。
どうしたら稼げるか、方法はたくさんある。
学び続けたい。



★船ヶ山哲『洞察のススメ』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2k4tSvI









◆メンターコンサルタント、船ヶ山メソッド。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/206tDVbQ-qDhKaq53/




★船ヶ山哲(ふながやま・てつ)、略歴。



心理を活用したマーケティングを得意とし、
人脈なし、コネなし、実績なしの状態から、
起業後、これまでに世界に1000社以上のクライアントを獲得。


そのクライアントは、上場企業から町の小さな商店まで幅広く、
北は北海道から南は沖縄まで、
さらに遠くはギリシャやコロンビアまでサポートをおこなう。


プライベートでは、子どもの教育を最優先に考え、
マレーシアのジョホールバルに在住。


その卓越したマーケティング手法は、数々の雑誌やメディアに取り上げられ、
テレビ番組のメインキャストを務めるほか、
ラジオ番組でのパーソナリティーとしても活躍中の起業家。


著書に、『稼ぎたければ、捨てなさい。』『超・起業思考』(きずな出版)、
『売り込まずにお客が殺到するネット集客法』(セルバ出版)、
『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』(アイバス出版)がある。





★船ヶ山哲『超・起業思考』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2wObuk0



★船ヶ山哲『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2k4tnBI







今回のキャンペーンは、

TV・雑誌・ラジオ・書籍等で話題沸騰中の

たった一人で年商1億円を突破する
『メンターコンサルタント』
船ヶ山哲さんの成功の秘密を

半年ぶりに公開する
無料プログラムとなります。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。



◆船ヶ山哲『超・起業思考』を読み解く





◆船ヶ山哲『超・起業思考』を読み解く





※要旨


・今の会社を活用し、実験台にする。


・あなたのビジネスのお宝は過去に埋まっている。


・合言葉は「もっともっと」。


・キャッシュを意識する。


・株式や不動産投資よりも
起業のほうがチャンスは大きい。


・投資は大胆に、消費は徹底的にケチる。


・PDCAをとにかく数多くこなす。


・成功したモデルを素直に受け入れる。


・競合他社は敵ではなく仲間である。


・どんな障害も乗り越える魔法の一言。

「どうしたらこの障害を乗り超えられるか?」


・軌道に乗るまでは1日15時間働く。


・習慣化のために、約3週間は何があっても続ける。


・下手でもいいから最初はすべての流れを通して経験する。





※コメント
会社に縛られずにいかに生きて、稼いでいくか。
とことん考えていきたい。
多くの人に必要なメソッドだ。



★船ヶ山哲『超・起業思考』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2wObuk0







◆メンターコンサルタント、船ヶ山メソッド。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/206tDVbQ-qDhKaq53/




★船ヶ山哲(ふながやま・てつ)、略歴。



心理を活用したマーケティングを得意とし、
人脈なし、コネなし、実績なしの状態から、
起業後、これまでに世界に1000社以上のクライアントを獲得。


そのクライアントは、上場企業から町の小さな商店まで幅広く、
北は北海道から南は沖縄まで、
さらに遠くはギリシャやコロンビアまでサポートをおこなう。


プライベートでは、子どもの教育を最優先に考え、
マレーシアのジョホールバルに在住。


その卓越したマーケティング手法は、数々の雑誌やメディアに取り上げられ、
テレビ番組のメインキャストを務めるほか、
ラジオ番組でのパーソナリティーとしても活躍中の起業家。


著書に、『稼ぎたければ、捨てなさい。』『超・起業思考』(きずな出版)、
『売り込まずにお客が殺到するネット集客法』(セルバ出版)、
『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』(アイバス出版)がある。




★船ヶ山哲『売り込まずにお客が殺到するネット集客法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2KAn4Bg



★船ヶ山哲『稼ぎたければ、捨てなさい』
の詳細,amazon購入はこちら↓

https://amzn.to/2Io1uDc





今回のキャンペーンは、

TV・雑誌・ラジオ・書籍等で話題沸騰中の

たった一人で年商1億円を突破する
『メンターコンサルタント』
船ヶ山哲さんの成功の秘密を

半年ぶりに公開する
無料プログラムとなります。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。








◆船ヶ山哲『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』を読み解く




◆船ヶ山哲『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』を読み解く





※要旨


・ビジネスは足し算ではなく、掛け算で考える。


・嘘をつかず、
しかし、自分を信頼させる状況を上手く作る。


・同業者はライバルではなく、仲間と思うようにする。


・キャッシュは事業の血液であり、
心の安定と豊かな発想の基となる。


・コンセプト次第で何でも売れる。


・経営の安定のために
継続課金システムも作っておく。


・響く強い言葉は見込み客の中にある。


・顧客の障害価値をデータで割り出し、
生涯に渡ってお客様をいい未来に導いて、
もっと高い価値を提供することを考える。


・ビジネスの成功は学び続けることにある。


・実績を作ることでビジネスは加速度的に大きくなる。






※コメント
ビジネスの作り方をシンプルに教えてくれる。
時代の変化の中、
多くのヒントが詰まっている。


★船ヶ山哲『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2k4tnBI







◆メンターコンサルタント、船ヶ山メソッド。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/206tDVbQ-qDhKaq53/




★船ヶ山哲(ふながやま・てつ)、略歴。



心理を活用したマーケティングを得意とし、
人脈なし、コネなし、実績なしの状態から、
起業後、これまでに世界に1000社以上のクライアントを獲得。


そのクライアントは、上場企業から町の小さな商店まで幅広く、
北は北海道から南は沖縄まで、
さらに遠くはギリシャやコロンビアまでサポートをおこなう。


プライベートでは、子どもの教育を最優先に考え、
マレーシアのジョホールバルに在住。


その卓越したマーケティング手法は、数々の雑誌やメディアに取り上げられ、
テレビ番組のメインキャストを務めるほか、
ラジオ番組でのパーソナリティーとしても活躍中の起業家。


著書に、『稼ぎたければ、捨てなさい。』『超・起業思考』(きずな出版)、
『売り込まずにお客が殺到するネット集客法』(セルバ出版)、
『大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え』(アイバス出版)がある。




★船ヶ山哲『売り込まずにお客が殺到するネット集客法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2KAn4Bg



★船ヶ山哲『稼ぎたければ、捨てなさい』
の詳細,amazon購入はこちら↓

https://amzn.to/2Io1uDc





今回のキャンペーンは、

TV・雑誌・ラジオ・書籍等で話題沸騰中の

たった一人で年商1億円を突破する
『メンターコンサルタント』
船ヶ山哲さんの成功の秘密を

半年ぶりに公開する
無料プログラムとなります。








◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。



http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。







◆中野剛志『真説・企業論:ビジネススクールが教えない経営学』を読み解く





◆中野剛志『真説・企業論:ビジネススクールが教えない経営学』を読み解く



※要旨


・アメリカのハイテクベンチャー企業を育てたのは、
もっぱら政府の強力な軍事産業育成政策である。


・シリコンバレーは、軍事産業の集積地である。


・アメリカ政府は、軍事産業育成の一環として、
ハイテクベンチャーに対して
公的な資金の供給を行ってきた。


・ITは、インターネットをはじめとして、
軍事産業から生まれたものである。


・ベンチャーキャピタルという
ビジネスモデルは、軍に由来する。


・イノベーションは、共同体的な組織や
長期的に持続する人間関係から生まれる。


・個人を活かすのは、
共同体的な組織や長期的に持続する人間関係である。


・イノベーションの推進力となるのは、
営利目的を超えた組織固有の価値観である。


・イノベーションを推進する最大最強の組織は、「国家」である。


・老舗を目標に会社を経営すれば、
目先の利益に安易にとらわれることなく、
長期的な視点に立って、従業員を大切にし、
顧客との信頼関係を大事にするようになり、
ひいては、イノベーションを起こすことにも成功する。


・アイデアや技術といった情報というものは、
その背後に膨大なつながりをもった情報群が控えている。


・付加価値の高い、目に見えないノウハウを生み出し、
保持し、そして移転するといった作業には、
人間と人間の関係、あるいは組織による
長い時間をかけた濃密なコミットメントが必要。


・ノウハウというものは、
顔と顔を突き合わせて、じっくり教え、
実際にやって見せて、あるいはやらせてみて、
それでやっと伝授できるのだ。


・そのような目に見えないノウハウまで
含んだアイデアを取り入れようとする
人間関係や組織は、おのずと
クローズドなものになっていく。


・アメリカ最強の投資銀行である
ゴールドマンサックスは、
長期の人材育成を重視しており、
2000年代前までは、上級幹部は
社内の生え抜きに限定する慣行があった。


・ゴールドマンサックスは、外部との長期の関係も重視する。
取引先にどのような人材がいるか、
あるいは一緒に仕事をする弁護士事務所や会計事務所に
どんな人材がいるのか。
その目利きをするためには、
長期的に関係を継続しなければならない。


・シリコンバレーでも、
歴史的に形成された濃密な人的ネットワークが
張り巡らされている。
また起業家、資本家、大企業、
そして政府はコネや人脈で強く結びついている。


・ITベンチャーが集積し、ITのイノベーションが
起きる場所がシリコンバレーという
特定の地域に限定されているのは、
シリコンバレーの人的ネットワークが
ある程度クローズドだからだ。



※コメント
経済と経営に関する、
さまざまな見方を教えてくれる。
おもしろい世界だ。




★中野剛志『真説・企業論:ビジネススクールが教えない経営学』
の詳細,amazon購入はこちら↓


https://amzn.to/2wJcqG2




★中野剛志『日本思想史新論、プラグマティズムからナショナリズムへ』
の詳細,amazon購入はこちら↓

https://amzn.to/2IFOzfr







★中野剛志氏、プロフィールと動画『グローバリズム後の世界』




http://directlink.jp/tracking/af/693532/yhbvtMq8/




政治評論家・国際政治アナリスト


1971年神奈川県生まれ。

1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、旧通商産業省に入省。

2000年より、スコットランドのエディンバラ大学大学院に留学し、
政治思想を専攻。2001年に同大学院より優等修士号、2005年には博士号を取得した。

山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』、
『TPP亡国論』、『富国と強兵-地政経済学序説-』、
『真説・企業論』等著書多数。専門は政治経済思想。元京都大学大学院准教授。
「異能の官僚」の異名を持つ。











◆ロリー・バーデン『時間投資思考:時間を増やせば、人生が変わる』を読み解く



◆ロリー・バーデン『時間投資思考:時間を増やせば、人生が変わる』を読み解く


※要旨


・5つの許しが、あなたの時間を増殖させる。


・あなたは、これまでタイムマネジメントに取り組んできたにもかかわらず、
生産性があがるどころか今まで以上に忙しくなっていると感じてはいないだろか?


・あなたに必要なのは、パラダイムの転換だ。


・カレンダーやチェックリスト等々を使った
従来のタイムマネジメントは、もう辞めにしよう。


・本書は、そのかわりに「5つの許し」を自らに与え、
仕事を成し遂げるための大胆で新しいアプローチを提示する。


本書を読むことで、あなたは以下のことを身につけられるだろう。

◎仕事やプライベートにおいて最優先事項を明らかにする方法

◎仕事を犠牲にせずに好きなことをする時間を作る方法

◎重要でないことにノーを良い、重要なことにイエスを言う方法

◎今日より明日に多くの時間を生み出すシステムの実行方法

◎「マルチプライヤーの考え方」を取り入れて、
自分をコントロールし、心を穏やかに保つ方法


・本書で、時間についての常識を覆し、
働き方や生き方を変える機会をつかんでほしい。



★ロリー・バーデン
『時間投資思考:時間を増やせば、人生が変わる』
の詳細、購入はこちら↓



http://directlink.jp/tracking/af/253378/TxNEzJ66/











◆ジェイ・エイブラハム『改訂版:クラッシュ・マーケティング』を読み解く




◆ジェイ・エイブラハム『改訂版:クラッシュ・マーケティング』を読み解く


※コメント
どんな人でも、
マーケティングを学んでおいて、損はない。
これからの時代、
すべての人がマーケッターであるべきだ。


※要旨


・私は不況が大好きだ。
不況は、受ける痛手も大きいが、
景気のいいときよりも悪いときのほうが、
成長分野が豊富にあることに気づかせてくれる。


・不況においてこそ、
ライバル企業の何周も先を走ることができる。
要はこの苦境をバネにすることができれば、
独り勝ちできるのだ。


・景気のいいときには
誰にも気づかなかったビジネスチャンスや、
市場、取引、発想に気付ける。
その方法を教えようというのがこの本だ。


・あなた自身を市場で卓越した存在にする作戦。
それは、
自分の業績や価値を躊躇なく自画自賛する。
ただし、それがクライアントにとって
利益があるように話すこと。
練習を重ねる。
謙遜と人情を忘れず、
尊大でなく品よく心をこめて。


・成功のカギは「長期的な戦略」に尽きる。


・誰かに任せることで計り知れない価値が生まれる。


・人に仕事を任せるもっともよい方法は、
あなたが仕事だと思っていることを
「遊び」だと思う人にそれをやらせることだ。


・事業をやるために欠かせないポイント。

1.あなたの事業に潜在する資産を探し続ける。


2.あなたの事業から毎月、大量のキャッシュフローを
稼ぐ方法を探る。


3.複数の収益源を基盤に事業を築き、
一つの収入源に依存しない。


・異業種に学び、ファンネルビジョンを養おう。
ある業界では野暮なアプローチも、
別の業界では効果的に働くことがある。


・一番楽にできる調査マーケティングの方法は、
クライアントのビジネスの話を聞くことだ。


・あなた自身の創世神話を語る。


・「人は言葉で考え、物語でつながる」
卓越した経営者には、
物語、歴史、市場での実績がある。




★ジェイ・エイブラハム『改訂版:クラッシュ・マーケティング』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1lVDcjy







◆ジェイのマーケティング戦略講義、教材プレゼント。



http://directlink.jp/tracking/af/237165/Qv6lMfIl-AFGkZStr/




ジェイ・エイブラハムの戦略講義に加えて、

・ジェイの新刊PDF(1章分)
・実践マーケティング学習プログラム
・これから起業で生き残るための秘策動画

・タイトル
アンダーグラウンドマーケティング
マネールールズ
マネー・コネクション


http://directlink.jp/tracking/af/237165/WPJqZoby-AFGkZStr/





QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ