『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆数学を学ぶ

◆藤原正彦『天才の栄光と挫折、数学者列伝』を読み解く


◆藤原正彦『天才の栄光と挫折、数学者列伝』を読み解く


※要旨


・数学者アラン・チューリングがとりかかったのは、
ナチスドイツが「絶対に解読不可能」と豪語していたエニグマ暗号だった。


・1939年に戦争が勃発するや、
アランをはじめとする一群の数学者がケンブリッジとオックスフォードから集められた。
再編されたばかりの政府暗号学校(ブレッチリー・パーク)で働くためである。
この奇妙な名称は世の注目をはぐらかすためで、仕事の内容は暗号解読であった。


・現在の解読機関はチェルトナムという町にあるが、「政府通信本部」という名称だ。


・英国には16世紀頃からほとんど常に情報局があり暗号解読など諜報活動で成果を挙げてきた。
解読者の多くは古典語学者や外国語に詳しい者、そしてなぜか神父などだった。
ところが、それまですばらしい成果を誇ってきた彼らが、
1936年にエニグマが導入されて以来、まったくドイツの暗号に歯が立たなくなってしまった。


・敵の情報を得られないまま戦争に入ってしまう、
などというのは世界の暗号大国イギリスにとって経験のないことだった。


・英国は戦場とならなかったが、多数の輸送船をUボートに沈められ、
食糧と石油の半分を輸入にたよる島国は苦悶の中にあった。


・数学者は奮闘した。
自分たちの解読が一日遅れるとそれだけ尊い人命が海で失われ、国民は飢餓に苦しむことになる。
一日でも早く解読しようと、3交代制で24時間働き続けた。


・暗号解読におけるアラン・チューリングの才能はずば抜けたものだった。
ブレッチリー・パークの司令塔のごとく、かれの卓抜なアイデアが全体をリードした。
チューリングが一国を救い、世界史を変えたと言ってよいほどのものだった。


・1939年、チェンバレン首相が対独宣戦布告をした翌日、
アランはブレッチリー・パークに召集されたのである。
断ることもできたが、パブリック・スクールというエリート養成学校で、
ノブレス・オブリージェ(高い地位にある者に伴う義務)を鼓吹されたアランにとって、
国家への献身は当然のことだった。


・高い地位にある者こそが一朝こそあらばまっさきに駆けつけ、
必要なら進んで国家に生命を捧げる、というのがノブレス・オブリージュの中核なのである。


・両世界大戦を通して、パブリックスクールやオクスブリッジ出身者の死傷率は著しく高かった。
彼らは率先して最も危険な前線を志願したのである。


※コメント
数学者はふだんあまり表に出てこない。
そのため、藤原氏の数学者話は面白い。
数学は、我々の生活、経済に密接につながっている。



★藤原正彦『天才の栄光と挫折、数学者列伝』の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/OdlIPO

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。

◆小室直樹『数学嫌いな人のための数学。数学原論』を読み解く




◆小室直樹『数学嫌いな人のための数学。数学原論』を読み解く


※要旨


・資源が少ない日本がどもかくも生きていくためには、
特に優秀な労働者、技術者、経営者を育成するしかない。
科学技術の根本が数学であることは勿論である。
が、労働者も経営者も、最新の技術に追いつき、
使いこなすためには、数学を自由自在にしておく必要がある。


・日本に数学を復活させるためにはどうしたらよいのか?
あなた自身がマセマティシャンになることである。
「マセマティシャン」とは、数学者という意味だけではない。
「数学好きの人」という意味もある。


・数学が好きになって、縦横無尽に使いこなせるようになればよい。


・数学の論理が分かれば、経済学の名人になって日本経済の指導ができる。


・数学の本質は論理である。
数学の基本で経済学の神髄が分かる。
数学に弱い日本人もこれだけは知っておこう。


・近代数学はギリシャに始まった。
ギリシャの優れた論理学と結びついたからである。
ギリシャの論理学は、アリストテレスの形式論理学に結実した。


・古代ギリシャで論理と数学が合体。
資本主義とともに発達を遂げることになる近代数学の神髄は論理と一体化したことにあった。


・われわれは、春秋戦国時代の論客の論旨がいかに雄大で、緻密で、絢爛豪華であるかに驚く。
巨大な芸術作品であるとさえ言えよう。
それであればこそ、太史公も、『史記』のなかに膨大な紙幅を割いてこれらを掲載しているのであろう。


・完全な帰納法は数学だけが持つ。


・社会科学の最重要概念。
必要条件と十分条件。
数学征服の鍵は、必要条件と十分条件の理解にあり。


・ちょっぴりの数学で理論経済学の極意がわかる。


・国民を理解すると経済がわかる。


・経済学の奥義が分かり数学が大好きに。
経済学のエッセンスが分かって数学が大好きになる。


※コメント
数学をもう一度やり直してみようと思う。
なにか数学には魅力がありそうだ。
公式や難しい数式から入るのではなく、
数学の物語や歴史、ストーリーから本を読み、
徐々に公式や数式を理解できるようになる作戦でいきたい。


★小室直樹『数学嫌いな人のための数学。数学原論』の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1mWPDpn

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ