『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

◆千田琢哉

◆千田琢哉『君は奇跡を起こす準備ができているか』を読み解く



◆千田琢哉『君は奇跡を起こす準備ができているか』を読み解く


※要旨


・もしあなたが成功し続けたいなら、生涯勉強から逃げられない。
少なくともバカではお金持ちであり続けられない。
簿記3級合格と永遠の読書は、お金持ちであり続けるためには必須。


・運を良くしたければ、
自分が本当に欲しいものを即答する練習をしておくこと。


・成功する前から、お金の力を予習しておく。


・人生は口癖で決まる。
お金持ちになる呪文。
「なるほど」


・今、隣にいる人を笑わせよう。
運はいつも人が運んでくる。
運気を上げたかったら、普段から応援されやすい人になることだ。
応援されやすい人になるになるコツは簡単だ。
いま、目の前の人を幸せにすることだ。


・チャンスは、顔で決まる。
目上の人は、人相のいい人を選んでチャンスを与えている。
お客様は、人相のいい人から買いたくなる。


・奇跡を起こすなら、男女ともにお洒落は権利ではなく義務になった。


・世界中の大富豪たちが喉から手が出るほど欲しいものは、ダントツで時間。


・何か1つでもトップになれば、他は誰かが手伝ってくれる。


・すました顔して膨大な量をこなせるのが、天才。
生涯10万点以上の作品を遺したピカソは、まるで呼吸のように創作し続けた。


・下っ端のうちは、スピードと行動力がすべて。
返事は相手を驚かせるほど速くしよう。
仕事はすべてフライングスタートで取り掛かること。
同じ実力でも、あなたの評価はガラりと変わる。


・成功者は「今すぐ」がお好き。
目上の人から複数のスケジュールを提示されたら、
間髪をいれず直近を選ぶこと。
目上の人はあなたの都合なんて聞いていない。
あなたの本気度を確認しているだけなのだ。


・ギブ&ギブなんて当たり前の話だ。


・人生で一番欲しい時間は、君と見つめあう時間。


・休日ではなく、平日に遊ぶ。


・憎たらしいことを言われても、相手を幼児だと思ってぐっと堪えてみよう。


・悪口は言うものではなく、言わせるものだ。


・負けん気は、剥き出しにするより静かに燃やす。
負けん気を剥き出しにする人は最後に干される。
周囲を疲れさせ応援してくれる人が誰もいなくなるからだ。
反対に負けん気剥き出しの人があなたの前に現れたら、
徹底的に褒めちぎってやれ。
そのうち勝手に自滅してくれてライバルが減る。


・もしその企画が本物であるなら、あなたの上司には到底理解できない。


・恩返しは上ではなく、下に循環させていく。


・感じのいい店員さんは、プライベートでも感じがいい。


・出世は能力ではなく、決定権者の好き嫌い。


・あえてバカっぽさを残しておく。


・たまには、「ごめんね」と言ってみる。
一度でいいから自分から謝ってみると、人生が一変する。


・講演の先生なら誰でも記憶に残る人が1人いる。
質疑応答タイムで最初に挙手してくれる人だ。
はっきり言って、質問の内容なんてどうでもいい。
あなたがシュパッと挙手して上げモードに切り替えるのだ。


・企画力のある人より、企画を通した人が偉い。


・美人は、天才がお好き。


※コメント
千田氏は多作であるが、毎回新しい発見がある。
彼の新作は必ずチェックしたい。
大きなインスピレーションをもらえる。


★千田琢哉『君は奇跡を起こす準備ができているか』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1Bffaq2


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。

◆千田琢哉『筋トレをする人は、なぜ仕事で結果を出せるのか』を読み解く




◆千田琢哉『筋トレをする人は、なぜ仕事で結果を出せるのか』を読み解く


※要旨


・簡単にいえば、原始人の底力とは裸の力のことだ。


・一対一の対面で真っ先に見るのは、相手のオーラだ。
オーラとは、どれだけ自信があるように見えるかで決まる。


・体を鍛えると、キャンキャン吠えなくなる。
ビジネスの現場で殺意を抱かれるほどにムカつかれるのは、
ヘナチョコでキャンキャン吠える人間だ。


・体を鍛えるのは、自分に自信を持つためだ。
体を鍛えるのは、戦わずして勝つためだ。
自分に自信を持つために、体を鍛えよう。


・胸板の厚さと説得力は比例する。


・欧米のエリートたちがどうして体を鍛えまくっているかといえば、
リーダーになりたいからだ。


・とりあえず、深くゆっくりとした腕立て伏せを日課にすることだ。
丁寧で美しい腕立て伏せが30回もできるようになれば、
もうヘナチョコではない。


・スポーツを打ち込んだ経験のある人なら分かると思うが、
体を鍛えるとなれば勉強することから逃れられない。
筋肉を発達させるのと仕事で結果を出すのは酷似している。


・体を鍛えることには、仕事で結果を出すためのヒントが詰まっている。


・頼もしいというのは、具体的に筋肉が発達しているということだ。
選ばれる人間になるためには、選ばれる人間の真似をして学ばなければならない。
筋肉をつけると、チャンスが巡ってくる。


・筋肉量を増やすと、脂肪が減っていく。


・筋トレをしている人は、ストレスに強い。
肉体がストレスに強いということは、
精神もそれだけストレスに強いということになる。


・これは、いざとなったら自分は負けない、
と本心から自信が漲って来るからである。
空手の達人がその辺のチンピラに街で絡まれても、
平気でぺこりと頭を下げて謝ることができるのは、
自分に圧倒的な自信があるからだ。


・ベンチプレスをフリーウエイトで100キロできるようになると、
その辺のチンピラ相手にいちいち興奮しなくなる。
筋トレは肉体を鍛えるフリをして、実は精神を鍛えているのだ。


・筋トレをすると、メンタルが強くなる。


・筋トレをしている人は、継続力がある。
筋トレほど地味な作業はない。
体も顔も逞しいということはそれだけ継続力があるということだ。
つまり体も顔も逞しい人は、信頼できるということに他ならない。


・筋肉を発達させたければ、筋トレ、食事、睡眠の三位一体が不可欠なのだ。
休息も大事なトレーニングである。


・体を鍛えておくと、勝手に話しかけてもらえる。
体を鍛えておくだけで、人もお金も集まってくるきっかけになるのだ。
鍛えた人の周りには、人が集まってくる。


・腕力を鍛えると、なめられない。


・カリスマが体を鍛えるのは、
本物の自信を獲得したいから。


・将来出世する囚人は、日々の筋トレを欠かさない。
そしてひたすら六法全書を読む。


・腕の太さは、スーツでごまかせない。


・人は無意識のうちに首の太さで相手の生命力を判断している。


・肉体を鍛えることと、知力を鍛えることは同じなのだ。
そして肉体を鍛えると必然的に知力を鍛えたくなるものなのだ。


・学力、スポーツ、リーダーシップの三拍子が揃って、
はじめてエリートの扉の前に立つことが許されるのが欧米の教育のベースだ。


・体と頭脳を鍛えると、人は元気になってくる。
文武両道が、エリートのスタートだ。


・本物の読書家は、とにかくよく動く。
本を読み、1ミリでも行動に移せば、それだけで十分に元は取れたことになる。


・何かを始めようと思ったら、人生で一番早いのは今、まさにこの瞬間だ。
始めるのに、遅いことなってない。


・読書に疲れたら運動し、運動に疲れたら読書する。
読書と運動を交互に繰り返すことによって、頭と体を同時に鍛えられる。
その結果、人は心身ともに成長し続けられていくことができる。


・大切なのは、運動よりストレッチだ。


・筋トレ後、呼吸が整い次第、すぐに食事をとろう。


・通勤電車内は、ふくらはぎの格好のトレーニングの場だ。
ふくらはぎを鍛えているかどうかで、大きな差が生まれる。


・優しくなるために、体を鍛えよう。


※コメント
体を鍛えることの大切さを確信した。
なぜ運動をしている人がよく出世するのか、理解できた。
毎日、体を動かそう。


★千田琢哉『筋トレをする人は、なぜ仕事で結果を出せるのか』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1ErVAYO


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。

◆千田琢哉『仕事は好かれた分だけ、お金になる』を読み解く



◆千田琢哉『仕事は好かれた分だけ、お金になる』を読み解く


※要旨


・「できる人」より、「好きな人」に仕事は殺到する。


・あなたの周囲にも「優秀なのに」パッとしない人生を送っている人がいるだろう。
理由は簡単だ。
その人が嫌われているからだ。


・「デキル人」より「好きな人」に仕事は殺到する。
エグゼクティブたちは「できる人」より「好きな人」を出世させようとする。
これが厳然たる事実だ。


・運のいい人は、何だかんだ言って好かれている人。


・お金は、本音の人気投票券。


・もしお金持ちになりたかったら、勉強して魅力的な人間になることだ。
魅力的な人には、長蛇の列を作って人がお金を運んでくれるようになる。


・口臭でしくじったら、永久追放。


・腕時計は、ワイシャツの袖の中に。


・同じ話を何度も聞ける人が、信頼される。


・お客様も、他の分野では何かのプロであると、気づいているか。


・別れ際のお辞儀が美しい人は、別れた後に「感じのよさ」を残すことができる。


・どれだけ事前準備をしてきたかは、手に取るようによくわかる。


・私はサラリーマン時代、インタビューすることを仕事にしていた。
経営コンサルタントとしてプロジェクトの成否を決める最も重要な仕事に、
「現場で働く人たちやエグゼクティブから本音情報をかき集める」
というものがあったからだ。


・ここでどれだけ本音情報を収集できるかが、プロジェクトの成否を決めた。
だから特に、新米のうちはインタビューのコツを徹底的に叩き込まれた。
その中で私が今でも死守しているものに、
「捨てる」というスキルがある。
100の準備をしておいて上澄みの一だけを残し、残りの99をあっさり捨てるということだ。


・捨てた99は、無駄にはならない。
それどころか捨てた分だけ相手に、
「コイツは相当準備をしてきたな」と伝わる。
「これだけ準備をしてきたのなら、極秘情報を教えてやろう」と応援される。


・敬意を払うということは、すべてにおいて遅れないということだ。
なぜなら時間とは誰にとっても命の断片だからである。


・髪と靴に艶があると、安心感を与える。


・心の中で見下していると、ふとした瞬間に必ずばれる。


・イヤな仕事をイヤイヤ引き受けると、窓際直行。


・入社間もない頃は、社内の雑用をやらされることが多い。
朝から晩まで雑用の嵐だ。
これは誰もが経験する通過儀礼だと考えていい。


・雑用から抜け出してクリエイティブな仕事をさせてもらえるか否かは、
与えられた雑用を仕上げるスピードと質で判断されているのだ。
雑用を引き受ける際にイヤイヤ引き受けると、ますます雑用の嵐になる。


・嬉々として雑用を引き受けて周囲の倍速で美しく仕上げると、
まもなく雑用を取り上げられる。


・若手社員の躾・マナーは、その会社の格式を露呈する。


※コメント
マネーとマナーは、かなりの部分でつながるようだ。
両方とも強い関係性がある。
同時に強化していきたい。


★千田琢哉『仕事は好かれた分だけ、お金になる』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1ok1zDf



★関正生『世界一わかりやすい英語の発音の授業』の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1sQ6O40

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。

◆千田琢哉『20代で使ってはいけない100の言葉』を読み解く



◆千田琢哉『20代で使ってはいけない100の言葉』を読み解く


※要旨


・今から言い訳をやめよう。
それが、あなたのサクセスストーリーの始まりだ。


・大器晩成の人たちというのは、
それまでの毎日が必死だったことを知ろう。


・本番で100の力を出すためには、
普段から200の力をつけておくことだ。
結局、本番で失敗するのは準備不足以外の理由はあり得ないことに気づかされるのだ。


・緊張対策には、周囲が呆れ返るほどの圧倒的な準備をしておこう。


・面白い挨拶はいつも短い。
つまらない挨拶はいつも長い。


・イケている人になれば、
イケている人が磁石のように吸い寄せられる。


・本物のリーダーになりたかったら、
とことん人に使われておこう。


・忙しさは下っ端の証だ。
さらにそれを自ら口にしてしまうということは、
生涯忙しいままでいるように自らを洗脳しているようなものだ。


・貴族になりきって「いつでもどうぞ」と言えるようになろう。


・30秒以内に結論と理由だけ伝えて、時間泥棒をやめよう。


・「近いうちに食事でも」と声をかけられたら、
目の前でペンと手帳を取り出してその場で決めてしまうことだ。
言行一致させていくと、口数が少なくなって行動力がついていく。


・「コーヒーでいい」ではなく、
「コーヒーがいいです」というと、
美味しいコーヒーを入れてもらえる。


・コミュニケーションで、返事や相槌は命だ。
すべてのコミュニケーションにおいて、返事は1回以外にあり得ない。
「はい」は早く短く言って、応援されやすくなろう。


・自己紹介は常に突然のご指名だと考えて、毎日準備しておこう。


・「師匠の言ったことは、とりあえずいったんすべて飲み込んでやろう」
という姿勢の人は伸びる。


・プロフェッショナルの基準とは何だろう。
それは逃げないことだ。
責任とは逃げないことであり、逃げないメンバーは誰だったのかを、
確認するためのプロジェクトは存在するのだ。


・せめて話している時間は、
目の前の人を世界一大切な人として扱おう。


・成功者達の常識では、
モタモタしたらNO!ということを知っておこう。


・仕事の能力は、名刺交換の瞬間に、すべて露呈されると考えておこう。


・自分の足で1次情報を獲得し、収入とポジションをゲットしよう。


・人生で最高の幸せは、
自分は天才だと思い込んだまま死んでいくことだ。


・うまくいっている人は、例外なく言葉に敏感である。
さあ、たった今から使う言葉を変えよう。


※コメント
ひとつひとつの言葉と習慣が人生を変えるようだ。
言葉使いに注意したい。


★千田琢哉『20代で使ってはいけない100の言葉』の詳細,amaozn購入はこちら↓

http://amzn.to/1qOJfrj



★原田武夫・新刊本『世界史を動かす日本::これからの5年を迎えるために本当に知るべきこと』の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1ozI2SI



◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。

◆千田琢哉『年収1,000万円に届く人、届かない人、超える人』を読み解く



◆千田琢哉『年収1,000万円に届く人、届かない人、超える人』を読み解く


※要旨


・本書には3人の登場人物がいる。
年収400万、年収1,000万、年収3,000万だ。
幸か不幸か私自身も2社のサラリーマン経験と、
独立後フリーランサーとしてそれらすべての年収を通過した。
膨大な1次情報を通じて断言できることがある。
年収3000万円には、いかにも年収3000万らしい世界観があった。


※以下に記す内容は、年収3000万の人の世界観だ。


・自分の思い込みを模範解答にする。


・年収3000万クラスになると、そこにはハーバード院卒もいれば、
中卒もいるから本当に学歴は関係ないと心底理解できる。


・年収3000万クラスになると、仕事と趣味の境界が消える。
仕事が趣味になっているか、趣味が仕事になっているからだ。
趣味と仕事を一致させることができたら、人生の成功者なのだ。


・彼らは、年金は名前を変えた税金と割り切っている。


・夢を叶え続けるののが夢。


・あなたが独立すれば一瞬で理解できることだが、
会社には社会保険料、事務所代、光熱費、旅費交通費、コピー代、
その他諸々経費をすべて支払っている。


・成功者にとって「来週」は、そんな先のことはわからない未知の世界なのだ。
スケジュールという概念がない。


・彼らは、ただ存在するだけでお金をもらえる。


・やることなすことすべてが、儲けに繋がっている。


・彼らは、請求書一枚から相手のすべてを見抜く。


・お金のことなんて忘れて心底リラックスできる。


・年収3000万は商品の価値をサッと見抜いた上で、店員の人間性を見極める。
目の前の店員の売上に、貢献してあげる価値があるか否かをじっくり判断する。


・周囲を見渡すと一瞬でわかることがある。
貧乏人はいつも群がっており、お金持ちはいつも単独行動していることだ。
世界中で起こっているストライキは、すべて貧乏人や弱者の専売特許だ。


・いつも好きな人だけに囲まれている。


・そもそも嫉妬という感情を忘れている。


・去る者を数多く見送り続けてすっかり慣れてしまったこともあるが、
去るのはいつも自分自身であることが圧倒的に多い。


・変幻自在に相手と会話のレベルを合わせる。


・休日はオシャレな自室でリラックスしている。


・年収3000万の休日はお洒落な自宅で過ごすことが多い。
わざわざお洒落スポットに出向くでもなく、自宅が最高にお洒落なのだ。


・携帯は家で充電しっぱなし。


・年収3000万になると携帯を携帯していないことが多い。
会社の社長なら仕事の電話は秘書が勝手に繋いでくれるし、
成功者なら執事に携帯を持たせてある。
私の周囲には携帯を家で充電しっぱなしという人が一番多い。
携帯もパソコンも、人が支配されるのではなく、人が支配するのだ。


・仕入れた知識を即興で知恵に昇華して絶句させる。


・一点突破で超一流品を身につける。


・自分と過ごす。


・年収3000万にとって一人の時間は命なのだ。
この一人の時間こそが無限の富を生み出す源泉なのだ。


・家庭を感じさせない。


・年収3000万は家庭の臭いすら感じさせない。
まるで大学生のまま成功者になったように若々しい。
家庭を感じさせないから、ますます神秘的で多くの人を魅了するのだ。


・最高の娯楽は、あなたの頭の中にある。


・ランチの風景を観察するとおもしろいことがわかる。
ランチの予算は、年収の1万分の1になるように設定してあるのだ。
ファーストフード店の最廉価商品のセットを見てみよう。
たいてい400円以内になるよう価格設定してあるはずだ。
それは年収400万をターゲットに絞っているからだ。


・年収3000万になるとランチは食べたい者を食べる。
出前で寿司を注文したり、予約が必要なレストランの個室で食事をしたりする。


・生涯をかけて、giftedを磨き続ける。


・年収3000万はgiftedを生涯かけてひたすら磨き続ける。
giftedとは、天から授かったあなただけの才能で、
「自分が好きなこと」
「継続が苦にならないこと」
「周囲が評価してくれること」
の3つが重なった部分だ。
人生は、あっちへうろうろ、こっちへうろうろしながらgiftedを見つけるための冒険なのだ。


※コメント
それぞれの年収の世界観があることはおもしろい。
なりたい年収の世界観をイメージしながら日々過ごしたいと思った次第だ。


★千田琢哉『年収1,000万円に届く人、届かない人、超える人』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1m7MrZW



★原田武夫『世界通貨戦争後の支配者たち』の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1ngEfKI

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。
ご登録はこちらです↓

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ