『国際インテリジェンス最新事情』

国内外でのインテリジェンスに関する最新情報、分析をお届けします。 スパイ、謀略、国際政治、ビジネス情報戦、情報史、など盛り沢山の内容となっております。

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。 ご登録はこちらです→ http://www.mag2.com/m/0000258752.html 世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします これを読めば貴方も一流のスパイになれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、国際ビジネス、歴史、外交、 軍事、危機管理、政治に関する第一級の情報になっています。

★小冊子PDF

◆PDF小冊子『インテリジェンス政治の極意』のご案内。




◆PDF小冊子『インテリジェンス政治の極意』のご案内。



★金額
5,000円(PDF版のみ)



※お申し込みはこちらです↓


https://ws.formzu.net/fgen/S8401769/




★小冊子『インテリジェンス政治の極意』目次と内容★




◆特別コラム「政治家と記憶力の不思議な関係」
◆「大物政治家の情報力と勉強力」
◆特別コラム
『なぜ幕末維新の志士たちは20代で大軍を指揮できたのか?』


◆岡崎守恭『自民党秘史、過ぎ去りし政治家の面影』
◆安藤俊裕『三木武吉:政客列伝』
◆『安倍晋三は、なぜ復活できたのか:舞台裏』
◆山崎拓『YKK秘録』
◆松本正『雄弁家・チャーチル』
◆『中村喜四郎という生き方』

◆高橋洋一『勇敢な日本経済論』
◆早坂茂三『政治家は悪党に限る』
◆早坂茂三『田中角栄、頂点をきわめた男の物語』
◆鈴木哲夫『汚れ役:側近・飯島勲』
◆鈴木宗男『政治の修羅場』
◆飯島勲『リーダーの掟』
◆板垣英憲『政治家の交渉術』
◆日下公人『安倍晋三が日本を復活させる』
◆太田尚樹『満州と岸信介』

◆竹中平蔵『400年の流れがつかめる教養、日本経済史』を読み解く
◆田崎史郎『政治家失格』
◆田村耕太郎『頭に来てもアホとは戦うな!』
◆小泉純一郎『決断のとき』
◆鈴村進『交渉人・勝海舟:駆け引きの名手』
◆ウォルフ『炎と怒り、トランプ政権の内幕』
◆安藤俊裕『保利茂、いぶし銀の調整役:政客列伝』

◆星浩『官房長官:側近の政治学』
◆中村直子『白洲次郎という生き方』
◆中澤雄大『角栄の遺言、田中軍団最後の秘書・朝賀昭』
◆鈴木哲夫『汚れ役:浜渦武生の悪役の美学』
◆佐々淳行『私を通りすぎた政治家たち』
◆菅義偉『政治家の覚悟:官僚を動かせ』
◆飯島勲『政治の急所』
◆ボリス・ジョンソン『チャーチル・ファクター』
◆塩田潮『昭和の怪物・岸信介の真実』

◆橋本五郎『総理の器量、政治記者が見たリーダー秘話』
◆小口日出彦『情報参謀:自民党、政権奪還の深層』
◆松田賢弥『菅義偉・内閣官房長官、影の権力者』

◆水木楊『三木武吉の生涯:誠心誠意、嘘をつく』
◆菅沼光弘『スパイからの遺言:この国を守るために何が必要なのか』
◆青柳恵介『風の男・白洲次郎』
◆大下英治『永田町知謀戦:二階俊博と田中角栄』






以上です。




※ページ数
A4サイズ・135ページ


★申し込みはこちらです↓


https://ws.formzu.net/fgen/S8401769/










◆PDF小冊子『インテリジェンス秘録』のご案内。




◆PDF小冊子『インテリジェンス秘録』のご案内。



★金額
5,000円(PDF版のみ)



※お申し込みはこちらです↓


https://ws.formzu.net/fgen/S62335142/



★小冊子『インテリジェンス秘録』目次と内容★



◆手嶋龍一『汝の名はスパイ、裏切者、あるいは詐欺師』
◆徳安茂『インテリジェンス大国バチカンの政治力』
◆完倉壽郎『関東軍参謀部』
◆是本信義『経済大国カルタゴ滅亡史』
◆綾部恒雄『クラブが創った国・アメリカ:結社の世界史』
◆ニコラス・ベスト『秘密結社テンプル騎士団』
◆真田幸光『世界の富の99%を動かす英国王室』
◆斎藤充功『諜報員たちの戦後:陸軍中野学校の真実』
◆宝島『日本の黒幕、組織と団体』

◆林景一『イギリスは明日も、したたか』
◆スケイヒル『世界最強の傭兵企業:ブラックウォーター』
◆ファイナル『戦場の掟』
◆柏原竜一『陰謀と虐殺:情報戦から読み解く悪の中東論』
◆ダン・モーガン『巨大穀物商社』

◆塩原俊彦『ネオKGB帝国:ロシアに迫る』
◆大塚将司『スクープ、記者と企業の攻防戦』
◆中田整一『ドクター・ハック:日本の運命を2度にぎった男』
◆飯柴智亮『日米同盟崩壊』
◆スティーヴンソラ『米国エリートの黒い履歴書』
◆菅沼光弘『サバイバル・インテリジェンス』
◆新谷学『週刊文春・編集長の仕事術』
◆鈴木哲夫『汚れ役:側近・飯島勲』
◆山崎拓『YKK秘録』
◆梶原英之『三井物産上海支店長「山本条太郎」一代記』

◆佐野眞一『阿片王・里見甫を振り返って:上海の夜と霧』
◆クレピネヴィッチ『帝国の参謀:アンドリュー・マーシャル』
◆宮家邦彦『日本の敵:よみがえる民族主義に備えよ』
◆ダニエル・シュルツマン『コーク一族:アメリカの真の支配者』
◆佐々淳行『私を通りすぎたスパイたち』
◆手嶋龍一『インテリジェンス最強のテキスト』






以上。




※ページ数
A4サイズ・110ページ


★申し込みはこちらです↓

https://ws.formzu.net/fgen/S62335142/








◆小冊子PDF『陸軍中野学校・全研究』のご案内。





◆小冊子PDF『陸軍中野学校・全研究』のご案内。






※お申込みフォーム
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P11066090



●小冊子『陸軍中野学校・全研究』目次と内容

◆陸軍中野学校の成り立ちと情報教育の成功要因
◆現代に生きる陸軍中野学校のDNA
◆中野学校の歴史的意義
◆陸軍中野学校の教材『諜報宣伝勤務指針』を読み解く
◆陸軍中野学校の教育内容・具体例
◆中野学校の哲学と人生観
◆中野校友会『陸軍中野学校』を読み解く
◆吉野で学ぶ楠公精神
◆陸軍中野学校・教科書『破壊殺傷教程』の読み方
◆『国体の本義』を読み解く
◆『神皇正統記』から中野学校のインテリジェンス理念を読み解く
◆中野学校の手本「情報将校・明石元二郎」
◆中野学校創設者・秋草俊の『合理と情報』に学ぶ
◆吉原政巳『中野学校教育、一教官の回想』を読み解く



※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法(前払い)
銀行振込、カード決済(ペイパル)
(申込み後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします)



※ページ数
A4サイズ:57ページ




※お申込はこちらから↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P11066090






◆PDF小冊子『インテリジェンス災害対策&危機管理・集中講座』のご案内。




◆PDF小冊子『インテリジェンス災害対策&危機管理・集中講座』のご案内。






★申し込みはこちらです↓

http://ws.formzu.net/fgen/S43832011/



★小冊子PDF『インテリジェンス災害対策&危機管理・集中講座』目次と詳細


◆チャーチルに学ぶ危機管理、情報重視戦略
◆危機管理におけるリーダーシップ心得
◆佐々淳行『わが記者会見のノウハウ』を読み解く
◆SAS流・危機サバイバルの心理学
◆「キューバ危機のインテリジェンス」を読み解く
◆中西輝政『情報を読む技術』を読み解く
◆ラムズフェルドの情報力
◆後藤田正晴の危機管理ノウハウ
◆ド・ゴールの無情報学、危機管理リーダーの条件


◆震災の教訓集
◆東日本大震災に関する本質を分析する
◆子供たちに言い伝えたいこと
◆震度7を生き抜く、被災地医師が得た教訓
◆国土喪失。なぜ日本は領土を守れないのか
◆会社の緊急事態に対処する技術
◆列島強靭化論

◆情報サイクルを回せ
◆地名に隠された「東京津波」
◆死の淵を見た男、吉田昌郎と福島第一原発
◆富士山噴火、ハザードマップで読み解くXデー
◆決断する力
◆原発事故、残留汚染の危険性
◆大胆な発想、周到な準備を断行できる「有事のリーダー」とは。

◆大災害におけるトップの決断と行動ノウハウ
◆災害対策における危機管理の鉄則
◆ケーススタディ・東日本大震災における国家がとるべき初動対応
◆ケーススタディ・東日本大震災における迅速なる被災者支援対応(提言)
◆トップが考えるべき防災コミュニティ作りのポイント



以上。


★金額
5,000円(PDF版のみ)


※ページ数
A4サイズ・ 93ページ



★申し込みはこちらです↓

http://ws.formzu.net/fgen/S43832011/




◆PDF小冊子『ハイパワー・インテリジェンス講座』ご案内。



◆PDF小冊子『ハイパワー・インテリジェンス講座』ご案内。





※お申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609





★金額

5,000円(PDF版のみ)



※ページ数

A4サイズ・230ページ




★小冊子『ハイパワー・インテリジェンス講座』目次と内容★

堀栄三『大本営参謀の情報戦記』を読み解く
アレン・ダレス『諜報の技術』を読み解く
CIAに学ぶ情報機関の作り方
レイ・クライン『CIAの栄光と屈辱』を分析する
モスクワの情報活動について学ぶ
CIA秘密訓練所「ザ・ファーム」の真実
CIA東京支局の状況分析
大森義夫「米インテリジェンス機構が直面する問題点」に学ぶ
アメリカ在日陸軍の情報部隊について概況
『陸軍中野学校・極秘計画』を分析する
インテリジェンスと政策の関係:英米政府に学ぶ
伝説の情報機関「F機関」・藤原岩市氏に学ぶ
野田敬生『諜報機関に騙されるな』を分析する
宮崎正弘『ウキリークスでここまで分かった世界の裏情勢』を読み解く
世界経済体制における今後の予測
アフガニスタン駐留米軍の補給ライン情勢
陸軍中野学校の成り立ちと情報教育の成功要因
現代に生きる陸軍中野学校のDNA
『不敗の宰相、大久保利通』を読み解く
防諜に関するノウハウ
指揮官の決断:特務機関長・樋口季一郎に学ぶ
イラク・アフガン作戦における民間軍事会社の動向
ウイリアム・スティーブンソンに学ぶ情報組織の作り方

公安警察の情報収集ノウハウ
仮野忠男『亡国のインテリジェンス』を読み解く
満鉄調査部に学べること
モスクワ対策マニュアル「モスクワの法則」
国家運営のインテリジェンス
中国スパイネットワークの活動状況
スパイから会社の機密情報を守る方法
英国の「戦略的欺瞞工作」
明石元二郎に学ぶ謀略将校の条件
岩中祥史『アナログ主義の情報術』を読み解く
刑事の「マル秘」情報収集法:裏を見通す技術
手嶋龍一『インテリジェンスの賢者たち』を読み解く
中西輝政『情報亡国の危機:インテリジェンス・リテラシーのすすめ』を読む
手嶋龍一氏・講演録『インテリジェンスの賢者たちの対話』
太田文雄『日本人は戦略・情報に疎いのか』を読み解く
ウォルフガング・ロッツ『スパイのためのハンドブック』を読み解く
三宅正樹『スターリンの対日情報工作』を読み解く
ティム・ワーナー著『CIA秘録』から読み解く諜報活動とは
国内外の新聞をくまなく読み、スクラップする効用
本物のインテリジェンスの英雄はシャーロック・ホームズであって、ジェームス・ボンドではない
小谷賢『モサド〜暗躍と抗争の六十年史〜』を読み解く
『伊藤博文の情報戦略』を読み解く
佐藤優『野蛮人のテーブルマナー〜「諜報的生活」の技術〜』

谷光太郎『情報敗戦〜太平洋戦史に見る組織と情報戦略〜』の要旨
徳本栄一郎『1945日本占領:フリーメイスン機密文書が明かす対日戦略』を読み解く
長谷川幸洋『官邸敗北』を読み解く
佐藤優の情報ノウハウ、外務省とウィキリークス
小林吉弥『田中角栄の知恵を盗め』を読み解く
飯島勲『小泉官邸秘録』を読み解く
伊藤惇夫『政治アナリストが教える情報を見抜く思考法』を読み解く
チャーチル式インテリジェンス
中西輝政『情報を読む技術』を読み解く
芳地隆之『満州の情報基地・ハルビン学院』を読み解く
手嶋龍一「2012年問題、新グレート・ゲーム、そしてインテリジェンス・ウォーについて」
岡崎久彦『明治の外交力:陸奥宗光の「蹇蹇録」に学ぶ』

童門冬二『徳川三代諜報戦』を読み解く
諜報IT専門のCIA型民間軍事会社を読み解く
『諜報の天才・杉原千畝』を読み解く
小谷賢『日本軍のインテリジェンス』を読み解く
佐藤優「外務省に学ぶ仕事法」を読み解く
菅原出『ウィキリークスの衝撃』を読み解く
瀬島龍三の情報力
高橋洋一『官愚の国:なぜ日本では、政治家が官僚に屈するのか』を分析する
竹中平蔵の情報収集術・勉強法
黒岩祐治『情報から真実をすくい取る力』を読み解く
キーパーソンに情報で食い込む
阿尾博政『自衛隊秘密諜報機関〜青銅の戦士と呼ばれて〜』を読み解く
徳川家康の戦略思考と情報戦略に学ぶ
明治時代のメディア・情報戦略
奥田泰広『国家戦略とインテリジェンス:いま日本がイギリスから学ぶべきこと』を読み解く
情報の世界は「人で始まり、人で終わる」
ドゴール将軍が作り上げた情報組織
元総理秘書官・飯島勲氏が明かす人生「裏ワザ」手帖
悪徳官僚に学ぶ「戦略的ゴマすり力」
幕末維新の情報戦を読み解く
インテリジェンスと地政学の関係
『策謀家チェイニー:副大統領が創ったブッシュのアメリカ』を読み解く
佐々淳行氏の「情報管理と危機管理」
佐々淳行『決断するペシミスト、後藤田正晴』を読み解く
佐々淳行『危機管理宰相論』を考察する
陸軍中野学校の哲学と人生観
陸軍中野学校の歴史的意義
『秘匿捜査〜警視庁公安部スパイハンターの344日〜』を読み解く
本田直之『レバレッジ人脈術』の注目すべきポイント
田中角栄と『政治家の器量』を読み解く
『戦争広告代理店』を読む
新聞記者に学ぶ「情報のさばき方」


以上。




★申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609








◆PDF小冊子『ハイパワー教養・集中講座』のご案内。


◆PDF小冊子『ハイパワー教養・集中講座』のご案内。






※お申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95005779



★金額

5,000円(PDF版のみ)



※ページ数
A4サイズ・167ページ




★小冊子『ハイパワー教養・集中講座』目次と内容★


◆『葉隠』に学ぶ強い生き方
◆火坂雅志『武士の一言:逆境を打ち破った男たちの名言』を読み解く
◆津本陽 『戦国武将に学ぶ処世術』を読み解く
◆岡崎久彦『明治の外交力:陸奥宗光の「けんけん録」に学ぶ』
◆磯田道史『殿様の通信簿』を読み解く
◆乃木希典大将の統率力を学ぶ
◆『古事記』神話の謎を解く
◆古事記のポイントを掴む
◆『古事記』に学ぶ「情報と戦略」
◆古事記を旅する
◆浅野良一『古事記を解読する、新しい文脈の発見』ポイント
◆古事記の神話入門
◆古事記とインテリジェンスの不思議な関係
◆千宗屋『茶:利休と今をつなぐ』を読み解く
◆『茶人・織田信長:茶の湯の歴史を変えた戦国武将』を読み解く
◆茶会の準備ポイント
◆茶道の動きに学ぶ和食の作法
◆一夜漬けの茶道入門ウンチク
◆千宗屋『もしも利休があなたを招いたら』を読み解く

◆一晩でわかる「ギリシャ神話」の基礎知識
◆ギリシャ神話・おもな登場者
◆佐藤優『聖書を語る』を読み解く
◆明日から使える聖書の基礎知識
◆聖書のオーソドックスな読み方
◆『新約聖書』の見方
◆聖書の論理と世界の動きとの関係
◆『新約聖書』のたとえを解く
◆中野好夫『シェイクスピアの面白さ』を読み解く
◆シェイクスピアの世界的影響力
◆河合祥一郎『謎ときシェイクスピア』を読み解く
◆河合隼雄『快読シェイクスピア』を読み解く
◆今西雅章『シェイクスピアを学ぶ人のために』を読み解く
◆気障に使えるシェイクスピア名言集

◆風水整理術入門
◆運がよくなる仕事風水
◆風水浄化術入門
◆驚きの開運効果、黒門風水
◆安斎流・秘伝風水

◆素早く作家のように書く方法
◆A4一枚で書類はまとめるべし
◆原稿用紙10枚を書く力
◆劇的ワンペーパーを作成する技術
◆10倍売る人の文章術
◆思いどおりに人を動かす文章術
◆シントピックリーディングを使った文章術
◆コラムの執筆が上手になる方法

◆池波正太郎『男の作法』を読み解く
◆小笠原敬承斎『男の一日一作法』を読み解く
◆国のあり方と奈良・吉野との関係
◆阿川弘之『大人の見識』を読み解く
◆葛西敬之『明日のリーダーのために』を読み解く
◆斉藤健『転落の歴史に何を見るか』を読み解く
◆伊集院静『大人の流儀』を読み解く
◆マキャベリ『君主論』を読み解く




以上。




★申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95005779




◆PDF小冊子『ウルトラ・インテリジェンス講座』のご案内。。




◆PDF小冊子『ウルトラ・インテリジェンス講座』のご案内。。




※お申し込みはこちらです↓
http://ws.formzu.net/fgen/S43522253/


★金額
5,000円(PDF版のみ)


★小冊子『ウルトラ・インテリジェンス講座:特別版』目次と内容★


◆『世界の諜報機関:組織と手口を明らかにする』
◆佐々淳行『インテリジェンスのない国家は亡びる』
◆エフライム・ハレヴィ『モサド前長官の証言:暗闇に身をおいて』
◆テリー・クラウディ『スパイの歴史』
◆菅原出『秘密戦争の司令官オバマ、CIAと特殊部隊の隠された戦争』
◆山内康一『日本型「スパイ機関」のつくり方』
◆湯浅博『辰巳栄一:吉田茂の軍事顧問、歴史に消えた参謀』
◆阿羅健一『秘録・日本国防軍クーデター計画』
◆芳地隆之『満州の情報基地・ハルビン学院』

◆『ロッキード・マーティン、巨大軍需企業の内幕』
◆ダフ・マクドナルド『マッキンゼー:世界の経済・政治・軍事を動かす巨大コンサルティング・ファームの秘密』
◆レイトン・マッカートニー『ベクテルの秘密ファイル:CIA・原子力・ホワイトハウス』
◆『イギリスの情報外交、インテリジェンスとは何か』
◆マイケル・バー・ゾウハー『モサド・ファイル:イスラエル最強スパイ列伝』
◆ゲイル・リバース『ザ・スペシャリスト、ある秘密工作員の告白』
◆ジョビー・ウォリック『三重スパイ。CIAを震撼させたアルカイダのモグラ』

◆関根伸一郎『ドイツの秘密情報機関』

◆岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電、情報士官・小野寺信の孤独な戦い』
◆加治将一『石の扉、フリーメイソンで読み解く世界』
◆兼原信克『戦略外交原論』
◆佐藤優『読書の技法、誰でも本物の知識が身につく』
◆真田幸光『世界の富の99%はパプスブルク家と英国王室が握っている』
◆大野直樹『冷戦下CIAのインテリジェンス』
◆副島隆彦『ロスチャイルド、200年の栄光と挫折』
◆佐藤優『帝国の時代をどう生きるか』
◆国家のために尽くすということ

◆中国の指導部と情報機関の関係
◆レアメタルハンター中村繁夫『山師の兵法』
◆ホイチョイ『戦略おべっか』
◆吉田則昭『緒方竹虎とCIA』
◆国枝昌樹『シリア、アサド政権の40年史』
◆手嶋龍一『スギハラ・サバイバル』
◆西村繁樹『防衛戦略とは何か』
◆田久保忠衛『戦略家ニクソン』
◆アジア太平洋における海上安全保障の考察
◆世界史を変えた暗号の謎


以上。




★申し込みはこちらです↓
http://ws.formzu.net/fgen/S43522253/




◆小冊子PDF『最強のインテリジェンス人生論:特別版』のご案内。




◆小冊子PDF『最強のインテリジェンス人生論:特別版』のご案内。








※お申し込みはこちらです↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P43315826



★金額
5,000円(PDF版のみ)
→銀行振込または、カード決済。



※ページ数
A4サイズ:196ページ



★小冊子『最強のインテリジェンス人生論:特別版』目次と内容★


伊集院静『大人の流儀』
福田和也『人間の器量』
ジェームス・スキナーのシークレットセミナー講演録

すぐに実行できる、奥さんからの好感度アップ作戦
うまく奥さんの尻にしかれて、奥さんから尊敬される方法
奥さんの気分をよくさせてあげる方法
結婚生活を思い通りに運営できる戦略
奥さんの機嫌をとる、ちょっとした方法
結婚前にしておくこと
情報マンがよく使う、奥さんの心をつかむ方法

『マーク・ザッカーバーク史上最速の仕事術』
ジェームス・スキナー講演録『新しい時代のビジネス成功の法則』
マーク・ビクター・ハンセン『お金持ちになれる1分間の魔法』
阿川弘之『大人の見識』
安田雪『人脈づくりの科学』
加瀬英明『ユダヤの訓え「大物」になる勉強法』
火坂雅志『武士の一言:逆境を打ち破った男たちの名言』
火坂雅志『名将の品格』
葛西敬之『明日のリーダーのために』
近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』
高井伸夫『朝10時までに仕事は片づける』
佐藤優『功利主義者の読書術』
佐藤優『人たらしの流儀』
指南役『考え方の考え方・すぐれた企画は30秒で伝わる』
小笠原敬承斎『男の一日一作法』
神田昌典『2022−これから10年、活躍できる人の条件』
石原慎太郎『真の指導者とは』
千田琢哉『20代のうちに知っておきたい、お金のルール38』
竹中平蔵『竹中式イノベーション仕事術』
中谷彰宏『入社3年目までに勝負がつく77の法則』
中嶋嶺雄『世界に通用する子供の育て方』

猪瀬直樹『決断する力』
長谷部誠『心を整える。』
田村耕太郎『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか?』
苫米地英人『君は1万円札を破れるか?お金の洗脳を解くと収入が倍増する』
苫米地英人『超光速コミュニケーション術』
内藤誼人『最初の1分で先手を打つ無敵の心理術』
内藤誼人『使えるマキャベリ:のし上がるための心理術』
白洲信哉『白洲家の流儀』
本田直之『ノマドライフ、自由に働くために』


本田直之『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』
櫻井よしこ『明治人の姿』
堀紘一『一流の人は空気を読まない』
大前研一『遊ぶ奴ほどよくデキる』
童門冬二『坂本龍馬の人間学』
苫米地英人『圧倒的な価値を創る技術、ゲシュタルトメーカー』
浜口直太『稼ぐ力、50のルール』
黒木亮『リスクは金なり、国際基準の仕事術、交渉術』
秋元康『趣味力』
菅下清廣『ウォールストリート式・年収1億円の条件』
アンソニー・ロビンス『一瞬で自分を変える法』
ジェームス・スキナー『コミュニケーション・スキル』
ダニエル・ピンク『ハイ・コンセプト』


『宋名臣言行録』に学ぶ
『葉隠』に学ぶ強い生き方
禅の教え、あれこれ
「打撃の神様」川上哲治と禅
山岡鉄舟と禅の関係
松岡正剛の「禅」特別講義
スティーブ・ジョブスと禅
茶道と禅の不思議な関係
禅の精神が生んだ精進料理。
宮本武蔵と禅
禅と聖将・上杉謙信
『禅の名言100』を読む




以上。




★申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P43315826




















◆PDF小冊子『インテリジェンス上級講座』ご案内。






◆PDF小冊子『インテリジェンス上級講座』ご案内。





※お申込みフォーム↓

https://ws.formzu.net/fgen/S32670371/



★小冊子PDF『インテリジェンス上級講座』の目次と詳細。




◆春日井邦夫『情報と謀略』
◆山崎啓明『インテリジェンス1941―日米開戦への道、知られざる国際情報戦』
◆太田文雄『日本の存亡は「孫子」にあり』
◆小谷賢『インテリジェンス、国家・組織は情報をいかに扱うべきか』
◆手嶋龍一『ライオンと蜘蛛の巣:インテリジェンスの賢者たち』
◆ボブ・ウッドワード『オバマの戦争』
◆手嶋龍一『1991年・日本の敗北』
◆岡崎久彦『国際情勢判断・半世紀』
◆キース・ジェフリー『MI6秘録:英国秘密情報部1909−1949』
◆前坂俊之『明石元二郎大佐、天才情報参謀』
◆レッカ『フリーメイソンの秘密』
◆佐野眞一『甘粕正彦、乱心の曠野』
◆佐野眞一『阿片王、里見甫:満州の夜と霧』

◆佐藤優『プラハの憂鬱』
◆佐藤優『国家の罠:外務省のラスプーチンと呼ばれて』
◆菅沼光弘『スパイからの遺言:この国を守るために何が必要なのか』
◆菅沼光弘『この世界でいま本当に起きていること』
◆ボブ・ウッドワード『ブッシュのホワイトハウス』
◆菅義偉『政治家の覚悟:官僚を動かせ』
◆星浩『官房長官:側近の政治学』
◆佐野眞一『渋沢家三代』
◆佐野眞一『凡宰伝:小渕恵三』
◆河谷史夫『記者風伝』
◆宮本雅史『報道されない沖縄:沈黙する「国防の島」』
◆池田潤『古事記のコード(暗号):太陽のラインと隠された古代地図』
◆田中均『プロフェッショナルの交渉力』

◆佐野眞一『だから、僕は書く』
◆佐野眞一『私の体験的ノンフィクション術』
◆山内昌之『幕末維新に学ぶ現在』
◆武藤富男『私と満州国』
◆佐野眞一『旅する巨人:宮本常一と渋沢敬三』
◆ウィリアム・アーキン『トップシークレット・アメリカ。最高機密に覆われる国家』
◆中西輝政『日本がもっと賢い国になるために』
◆田崎史郎『安倍官邸の正体』
◆菊池正史『官房長官を見れば政権の実力がわかる』
◆北康利『レジェンド・伝説の男、白洲次郎』
◆竹田恒泰『日本人の原点がわかる「国体」の授業』

◆恵隆之介『いま沖縄で起きている大変なこと』
◆山田豪一『満鉄調査部、栄光と挫折の四十年』
◆太田尚樹『満州裏史:甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』
◆佐藤優『インテリジェンス勉強法、新・帝国主義時代を生き抜く』
◆野々村一雄『回想・満鉄調査部』
◆立花隆『田中角栄研究・全記録』
◆戸塚隆将『世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか:実践編』
◆飯島勲『秘密ノート:交渉、スキャンダル消し、橋下対策』
◆太田文雄『同盟国としての米国』
◆高木徹『国際メディア情報戦。グローバルな世論を味方につけろ』
◆小谷賢・編著『世界のインテリジェンス、21世紀の情報戦争を読む』
◆草柳大蔵『実録・満鉄調査部』
◆太田文雄『日本人は戦略・情報に疎いのか』


※価格
5,000円(PDF版のみ)


※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)


※ページ数
A4サイズ:166ページ



※お申込はこちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S32670371/



◆PDF冊子『インテリジェンス記憶術』、ご案内。





◆PDF冊子『インテリジェンス記憶術』、ご案内。






※お申込みフォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S98584317/



●小冊子『インテリジェンス記憶術』目次と内容

◆一晩で暗記力を鍛える方法
◆外国語の記憶術
◆落語家が明かす「1席30分もある噺の覚え方」
◆記憶力、成功をもたらす無限のパワー
◆出口汪『奇跡の記憶術』を読み解く
◆平凡な私が1年で全米記憶力チャンピョンになれた理由
◆苫米地英人『脳を鍛える「超」記憶法』を読み解く
◆七田眞『超スピード記憶術』ポイント
◆インテリジェンス・オフィサーの記憶力に学ぶ
◆吉永賢一『頭が良くなる記憶法』を読み解く
◆内藤誼人の『いままでの10倍ラクに記憶する方法』
◆小柳詳助の『悪魔の記憶術』
◆藤本憲幸の『超記憶力勉強法』


※価格

5,000円(PDF版のみ)
(申込み後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします)




※ページ数
A4サイズ:43ページ



※お申込はこちらから↓

http://ws.formzu.net/fgen/S98584317/




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ